新原歯科医院

院長ブログ

アルバレス vs メイウェザー

先週の日曜日、ボクシングファンにとってはドリームマッチと言える好カードがありました。天才メイウェザーにメキシコの無敗の22歳、サウル・アルバレスが挑みました。

 

アルバレスのこれまでのファイトを見てきたファンの多くは、彼が何かやってくれるんじゃないか?と期待していたはずです。

 

しかし!終わってみれば、メイウェザーのスピードとテクニックの素晴らしさを改めて思い知らされました。

 

ひとりのジャッジはドロー判定をつけましたが、アルバレスの表情が完敗を認めていましたね。

 

こんなに強いんだから、パッキャオとやってくれたらよかったのに。もうパッキャオは残念ながらピークを過ぎてしまった感がありますから。

 

アルバレスはまだ22歳、これからもっと強くなるでしょうけど、そのころにはメイウェザーは引退しているかも。

 

ボクシングに興味のない方にはまったくつまらない話でしょうが、実は私はボクシング大好き人間なのです。

 

私の学生時代は中量級の黄金時代でした。私が好きだったのは、「デトロイトのヒットマン」と言われたトーマス・ハーンズ、そして、メキシコの英雄フリオ・セザール・チャベスですね。

 

マービン・ハグラー、ブンブン・マンシーニ、アレクシス・アルグェロ、ロベルト・デュラン、そしてあのシュガー・レイ・レナード、・・・・・等々。

 

きらめくスターたちがいっぱいでした。今WOWOWで解説している浜田さんもジュニア・ウェルターだったかな・・・、世界チャンピォンでした。

 

音楽の話とも繋がりますが、レナードとデュランの2戦目でリングサイドでアメリカ国家の代わりにアメリカ・ザ・ビューティフルを歌ったレイ・チャールズには本当にしびれました。

 

もう一度聴きたいけど、あの映像は見つからないのだよなぁ・・・。

  カテゴリ:スポーツの話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > アルバレス vs メイウェザー