新原歯科医院

院長ブログ

山口真文ライブ、御茶ノ水Naruにて、with 佐藤ハチ恭彦10/22

佐藤さんと片倉真由子さんが一緒に出るの、聴いたことなかったような気がして、行って来ました。火曜日のお茶Naruは、毎週山口真文さんのレギュラーライブです。

 

今日はリズム隊に、ベースの佐藤さん、ピアノに片倉さん、ドラムが本田珠也さんでした。

 

佐藤ハチさんも、片倉さんも、私の家の近くの小岩コチのレギュラーなので、別々には何度も聴いています。片倉さんはアメリカ留学時代に、大きなコンテストで賞をとって、日本に帰ってくるや、あっと言う間にメジャーになった感じですよね。

 

聴けばその理由が解るきがします。佐藤さん(ご主人)は正確無比、ウッドベースはどうしても時々少し音がはずれることもありますが、(あまり外すと、聴いてて気持ち悪いです)佐藤さんは心配なし。

 

彼はアルトサックスもやるし、ギターもうまいし、5弦のエレキベースも弾きますが、ほんとに音楽が好きなんでしょうね。それと、ウッドベースがちょっと変わってて、なんと言ったらいいのか、ふつうより上で押さえられるように調整出来るんですね。いいものなんだろうなぁ、きっと。

 

本田さんはここで何度か聴いたことがあります。ソロはかなり迫力ものでかっこよかったです。バックでもここぞと言うときに、ビシッと来ます。叩きすぎるそのちょい手前で止めてくれる感じ。

 

山口さん、日本の重鎮です。テナーとソプラノサックスを使います。いつ聴いても素晴らしい!1セット目に5曲くらいやってくれたんですが、知ってる曲は一曲目の「星影のステラ」だけです。あとは聴いたことあるような気がしますが、よくわかりません。

 

この程度しか知らない私ですから、えらそうな事言えないんですけど、3曲目くらいの(ストレイホーンの曲と言ってましたから、エリントン楽団がやってたんでしょうね)バラード、しびれたなぁ・・・。

 

歌でもインストでも早い曲、リズミカルなノリのいい曲はなんとなくうまく感じてしまったりしますが、スローなバラードは本当にうまくないと、良く聴こえません。音数が少ないと、音色も含めてちょっとしたフィーリングで伝わってくるものが違ってきます。

 

真文さんのバラード最高です!後ろのリズム隊のみなさんも本当に気持ちよさそうに弾いていましたね。ミュージシャンにだけ解るんでは、こっちはつまらないけど、この日のように私の背中がゾクゾクするときに、ああして楽しそうに演奏していると、ほんとうに嬉しくなるんです。

 

毎週火曜日のナルで、山口さんと共演する若手たちは、きっと毎回山口さんに勉強させてもらっているのではないかな?と思っています。

 

ひとつだけ、少し困るのは、たまに山口さんと目が合っちゃうときがあるんですが、なんか、目が怖くて・・・。別に他意はないのでしょうが、うるさいなぁ・・・とか思われているようで(小心者なもんですから)ちょっぴりびびります。今度は静かに聴こうかなぁ・・・。

  カテゴリ:音楽の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > 山口真文ライブ、御茶ノ水Naruにて、with 佐藤ハチ恭彦10/22