新原歯科医院

院長ブログ

冷たいものにしみる・知覚過敏

冷たいものにしみるとき、いくつか原因があります。虫歯以外の原因もいくつかあります。そのひとつが知覚過敏です。

 

冷たいものに歯が触れると、強いしみるような痛みを感じます。多くの場合、歯ブラシで軽く触っただけで、あたかも神経にふれるような強い痛みを感じます。(軽症の場合はこれがありません)

 

歯ぐきが退縮して、根が露出しているときの歯根が非常に敏感になっている為に起こります。

 

詳しいメカニズムは証明されてはいません。いちばん一般的に信じられている仮説は、象牙細管を通して、歯髄が痛みを感じる、と言うものです。

知覚過敏

 

エナメル質の下にある象牙質には、象牙細管と言う目には見えない細い管が歯髄までつながっています。

象牙細管1

 

その中に液状のものがあり、それを通じて感覚が伝わると言われています。虫歯の治療で、エナメルは削っても痛みを感じません。(敏感な人は、振動が象牙質に伝わって痛く思う人もいますが)

 

象牙質を削ると、あたかも神経に触っているような強い痛みを感じます。ですから麻酔が必要になります。

 

歯ぐきが見えてきたから必ず知覚過敏になる訳ではありません。歯肉が退縮するまでに、表面の象牙細管がなんらかの作用でふさがれるのでしょう。

 

それが、何かの刺激で表れると、知覚過敏になります。虫歯ではありませんからあまり大ごとになる心配はありません。

 

治療としては一般的なものは、硝酸カリウムが配合された液をしみる部分に塗ります。多くの場合、すぐにしみる痛みを感じなくなります。カリウムイオンが象牙細管をふさぐと考えられています。

 

よく宣伝されている薬用歯磨きはだいたいこの成分が配合されていて、非常に効果があります。実は私も知覚過敏になったことがあり、シュミテクトで治しました。

 

昔はサンプルをくれたので、患者さんにあげていたのですが、それで治っちゃうもんで、買ってもらえないと考えたのでしょうか?最近はメーカーがサンプルをくれません。

 

知覚過敏になる原因はいろいろあるのでしょうが、固すぎる歯ブラシで研磨剤が多く入った練り歯磨きを多く使って、自分で自分の歯を削ってしまっている事があります。歯もすり減っていきますから、これには気を付けて下さい。

  カテゴリ:歯の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > 冷たいものにしみる・知覚過敏