新原歯科医院

院長ブログ

アーカイブ: 10月 2014

御茶ノ水ナル45周年記念ライブ月間・山口真文with古野光昭・辛島文雄

10月28日(火)、私の娘二人とナルへ行って来ました。45周年だそうで、普段あまり聴けないスペシャルライブをやっています。渡辺香津美さんや山下洋輔さん、アメリカ在住の海野雅威君とか出ています。

 

そういうライブはかなり前から予約いっぱいのようですが、この日もほぼ満席でした。火曜日の御茶ノ水Naruは真文さん(山口さん)の日ですが、28日はスペシャルゲストにベースの古野さん、ピアノの辛島さんを招いてのライブでした。

 

大御所と言うか、重鎮と言えばいいのか、日本を代表する名手たちです。こんなおいしいライブはなかなか聴けるもんじゃぁ御座いませんから、ずっと前から予約して楽しみにしていました。

 

ドラムにはもはや中堅どころと言える小松伸之君ですが、この3人のバックでは超若手ですね。でも彼もきっとこの日を楽しみにしていたに違いありません。

 

銀座にスィングシティーがまだあった頃、辛島さん、古野さん、大坂さんのトリオを何回かやりました。あれも最高だったけど、真文さんのサックスが入ると、また違ったケミストリーですね。いやぁ、素晴らしいライブになりました。

 

あちこちからお客さんのイェイーーー!と言う声がかかります。古野さんは久々に聴きましたが、やはりすごいです。拍手がいっぱいです。

 

ソロのフレーズもかっこいいけど、バックでリズムをとっていても気持ちよいフレーズを奏でてくれます。よく、ベースに関しては、「ビートが効いてる」といった言い回しをしますが、それだけでなく、彼の音は丸い・・・、と言うか、とてもなめらかな綺麗な音に聴こえます。(私の全く個人的な見解です)

 

辛島さんのダイナミックな演奏、そしてもはや語る術なしの真文さん、若いパワフルな小松君、他ではなかなか聴けない演奏です。少し酒が進み過ぎたかも知れません。若い白人男性のグループがカウンターにいて、はじめは話しに夢中のようでしたが、徐々に静かに聴き入って行きましたね。伝わるものがあったんでしょうね。

 

相変わらず軟弱な私はまたも1セットのみで帰宅しましたが、(次の日の仕事に堪えますから)娘たちも楽しんでくれたようで、こうして付き合ってもらって有難いことです。

 

関係ないんですが、辛島さんってゴルフがすごく上手らしいんです。昔ゴルフ雑誌の特集に出ていた事がありまして、なんでもエルビン・ジョーンズ(ds)のバンドで世界を廻っていた頃、(6年間くらいですか?)ツアーの合間の休みが結構長くて、暇なので毎日近くのゴルフ練習場に行ってたら、上手くなっちゃったんだそうです。

 

キャロウェイ(ゴルフ用品のブランドです)かなんかのハンチングを逆にかぶって演奏しているイメージがありましたが、この日はハットでした。珍しい!

 

来月は同じ45周年の企画で若手の新進のミュージシャンをフィーチャーしてのスペシャルライブがたくさん組まれています。これも楽しみですが、そんなに沢山は行けませんしねぇ・・・。うぅーーーん!

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

11月12日(水)は午後2時で診療を終わらせて頂きます。

11月12日(水)は所要の為午後は休診とさせていただき、午後2時までの診療となります。

 カテゴリ:お知らせ

11月10日(月)は午前中休診、3時からの診療です。

11月10(月)は所要の為、午前中は休診とさせて頂き、3時からの診療となります。

 カテゴリ:お知らせ

中牟礼貞則・宮野弘紀・田辺充邦at大塚Greco・10/27/2014

今、大塚グレコさんで、GRECO String Festival なるものをやっていまして、ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ等の弦楽器中心のライブを続けています。

 

昨夜は3Guitarsと銘打った、3人のギタリストによるライブでした。大御所(なんと82歳だそうです)の中牟礼さん、ヴェテランの宮野さん、中堅どころの田辺君の3人で素晴らしい演奏を聴かせてもらいました。

20141027_204104

アコースティックギターの第一人者の宮野さん(私と同い年みたいです)、そして田辺君も中牟礼さんと並ぶと、若手のように見えます。宮野さんのオベーションのガットギターかっこいいですね。

10734210_573904386044175_3582839145782052664_n私の撮った写真がへたくそなもんでグレコのFBから使わせて頂きました。美好さん、ゴメンナサイ!

 

中牟礼さんが一番お元気だったかもしれませんね。3者3様のスタイルですが、うまく絡み合って美しい音楽が生まれました。

 

相変わらず軟弱体質の私は1セット終わって帰りましたが、中牟礼さんに「もう帰っちゃうの?これからみんなバリバリ弾くのに・・・。」とお叱りを受けてしまいました。スミマセン・・・。

 

きっと2セット目はもっともっと盛り上がったに違いありません。またこういう企画をやってほしいなぁ・・・。

20141027_210411

私の席の隣に、田辺君の美しい美しい奥様の平山織絵さんが御嬢さんのハロちゃんとご一緒で応援していました。(このときにはハロちゃんはもう織絵さんの膝まくらでオネンネでしたが)

 

おしどり夫婦で、ご主人のギターと奥様のチェロで「田辺商店」と言うユニット、またご自身の、女性ストリングスのユニットでも活躍されていますね。私はこの人たちの大ファンなのです。

 

この日もとても癒された夜でした。さて来月は二人の日本酒の蔵元が来て、それぞれの蔵の、さまざまな新酒を頂きながらジャズを聴く、という恒例の催しがここであるのですが・・・・、うぅぅぅーーん、どうしよう?

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

山中vsソールンビサイ・10/22/2014

山中慎介選手、残念ながらKOはなりませんでしたが、タイトル防衛に成功しました。ただ、うまくスリヤン選手の術中にはまってしまい、苦しい試合でした。

 

6連続KO防衛の記録がかかっていたために、かなりプレッシャーもあったのでしょう。後半何度もダウンを奪いましたが、挑戦者の驚異的なタフさとガッツに苦しめられ、いいパンチを幾つか貰ってしまいました。ちょっと効いたシーンもありました。

 

スリヤン・ソールンビサイ選手にもう少しパンチ力があったら危なかったかもしれません。記録がかかっていたために、KO狙いでリスクを冒しました。

 

私としては、判定でいいから安全に行ってくれたほうが安心して見ていられたのですが・・・、確かに二度とないチャンスであろう事ですから、仕方ないでしょうか。でも、勝ってよかったです。

 

ヒヤヒヤしましたが、試合としては面白い、お客さんを唸らせるファイトになりました。これぞボクシング、と言う感じですね。

 

これからは統一戦に向かって行くようですが、その前にいい経験をさせてもらったんではないでしょうか?この試合でもいままでになかった引き出しを見せてくれましたが(右とか、左アッパーとか・・)、もう連続KOのプレッシャーもなくなりましたし、もっと強いチャンピォンになってくれることを期待しています。

 

それにしても、アナウンサーの方、「6連続KO防衛の日本記録・・・、」と何回叫んだことか・・・?確かに大記録に挑んでいたわけですが、ちょっと気にしすぎ、いい加減にして欲しかったです。他にしゃべることなかったのかなぁ・・・。

 カテゴリ:スポーツの話

勇太が来た・日本オープンゴルフ・2014

池田選手と片山選手、そして小平選手の争いになりましたが、池田勇太選手が日本オープンゴルフ選手権を勝ち取りました。

 

今年のナショナルオープンは、例年に比べ、ラフが少し短めだったでしょうか?10アンダーとは日本オープンらしからぬロースコアでしたね。最後に池田選手がもしや自滅か?と波乱を感じさせる展開になりましたが、池田選手持ちこたえました。

 

片山晋呉選手、池田勇太選手と言ったプレーヤーはやはり花がありますねぇ。最近男子ゴルフ中継をあまり観なくなっていたのですが、久しぶりに面白い試合を見せてもらったような感じです。

 

他にもいい選手が多いのはわかっているのですが、少し迫力不足なのかなぁ?韓国選手にもなかなか勝てなくなっている状況であることは確かです。若い選手たちに頑張ってもらいたいものです。

 

選手会長で苦労している池田選手や、腰痛等、満身創痍の片山選手がこれだけ頑張っているのですから・・・。

 

同日。私は先輩のMさんに誘われて、Hさんと3人で東松山カントリー倶楽部をまわっていました。

 

Mさんはドライバーがなかなか調子良く、いいドローボールで240~250ヤード先のフェアウェイに持って行きます。千葉カンで11と言うオフィシャルハンデを持つMさんのティーショットが安定すると、いいスコアが出ます。83でしたか?すごいですねぇ。

 

Hさんも前半5ホールくらいは絶好調(ボギーペースでした)、その後ドライバーが乱れ始め、「暴れ馬・ハセ」は健在でしたが、Mさんの希望で黒ティーからまわって前半54は立派です。もはや私のライバルと言っていいでしょう。

 

私は、と言うと、今年最悪の126、ショットもいいところなく、最近仲良くしていたアプローチイップスが最悪の症状を見せました。空振り連発、ドライバーも乱れOB連発。これも実力です、Hさんに10打以上の差をつけられ完敗でした。実は後半お腹の調子が悪くなり、トイレに駆け込み、1ホール、スキップしています。そこをまわってたら130超えてたかも・・・。情けありませんねぇ・・・。

 

もうHさんにライバルとも思って貰えないかもしれません。親戚の法事があることをすっかり忘れてこの日に予約を取ってもらい、自分は来れなかったG君がいたら大笑いされていたことでしょう。(G君、もの忘れ多すぎ!人の事は言えませんが・・)

 

年末の同期会コンペにむけて、少し練習が必要だな。コンペでのライバルO君にもこれでは大差をつけられそうですから・・・。鎌ヶ谷もグリーン周りが難しいらしいですからね、困ったなぁ・・・。

 カテゴリ:スポーツの話

日本・0ー4・ネイマール

やられましたねぇ。ネイマールがいなければ、0-0・・・、と言うわけにも行かなかったでしょうが、そう考えたくもなってしまいます。

 

それにしても、ネイマールをフリーにしすぎですよね。アルゼンチン戦では、外しまくっていたらしいですが、日本相手で余裕があったんでしょうか?

 

確かに技術にしても、ボールを受けて一瞬で前を向いてドリブルに入るスピードといい、すごい選手です。

 

そのすごいネイマールをゴール前で完全にフリーにしてしまい、よせる選手がいませんでした。ミスもあり、解説の金田さんの言う通り、ボールウォッチャーになっていましたね。

 

ネイマールにマンマークつけてれば、後の2点は防げたかな?親善試合でお互いに駒落ち?新しい代表にはいい経験ですが、変にレベルの違いを感じすぎてもこれから困ります。勝てるはずがない、とか思ってほしくはありません。それでは、また昔の日本代表に戻ってしまいます。

 

今の日本のサッカー選手たちのボールコントロール技術は、世界でもトップクラスのテクニックを持っていると思っています。ブラジルはちょっと別格ですが、他の国々には引けを取らないと感じます。スペインやイタリアと比べてもです。

 

ジーコはそれを少し勘違いして、世界を驚かせるつもりでいたのですが、ワールドカップでは惨敗しました。

 

Jリーグの試合のスピード、判断の速さ、等々のレベルが低く、世界レベルのスピードとそれを伴った正確さについて行けない。海外のリーグで活躍している選手が経験して身に着けているものがJでは経験出来ないという事でしょう。

 

ボールを受けて、パスを出すのか、持って行くのか?即座に次のプレーに行かなくてはいけません。少しもたつけばすぐに寄せられてしまいます。甘いパスはすぐに拾われます。

 

それに驚いて、ブラジルには勝てない、と思うのではなく、武藤選手がインタビューで話したように、それをJでも意識して練習して試合で出来るようにしたい、と思って頑張っていってほしいですね。

 

長友選手、香川選手がいたらどうだったか?でもやはりディフェンスは課題ですね。それにしてもブラジルの選手のボールコントロール技術はさすがだと感じます。卓球の試合を見ると、多くの国の代表に中国からの帰化選手が入っていますが、同じように、サッカーではブラジルからの帰化選手がいろんな国にいますし、各リーグに大勢のブラジル人がプレーしていますものね。

 

まだ日本にもそういう選手が必要なのかも知れませんね。まだ新代表チームはじまったばかりです。これからを期待しましょうか?

 

 

 カテゴリ:スポーツの話

10月20日(月)は午前中休診とさせて頂きます。

10月20日(月)は所要のため午前中休診、午後3時からの診療となります。

 カテゴリ:お知らせ

船橋カントリー倶楽部・10/11/20141

月例の船カンゴルフに行って来ました。いい季節になりました。少しづつ芝は薄くなってきていますが、絶好のコンディションと言えるでしょう。

 

絶好の条件の中、好条件を全く生かせない私たち、相変わらずのゴルフでした。

 

G君は相変わらずドライバーに苦労しますが、大きく林に入ることは少ないので、そこから上手くまとめて来ます。もちろん本人は納得してはいませんが、きっちり100回にまとめました。一等賞です。

 

Hさん、「前週の練習場でドライバーのコツをつかみました!」とメールがあったので、期待していたのですが、見事に期待を裏切ってくれまして、ティーショットが大荒れ、「暴れ馬ハセ」は健在でした。それでも、そこそこスコアは落ち着かせていましたから、これからも要注意です。

 

私はこの日はアイアン、FWの方向が定まらず、左に引っ掛けっぱなし、ダフリも多く苦しいゴルフになりました。(毎度の事ですが・・・。)

 

いつもはショットはまぁまぁなのに、アプローチで叩いてしまうのですが、この日はこわごわながら、アプローチに大きなミスはなく、少しづつイップスと仲良く出来るようになってきたかなぁ・・・。

 

しかし、一つ良くなれば、二つ三つ悪くなります。フルショットの乱れに加え、「林から(ダフリダフリで)出せない症候群」、前回からの「バンカーが怖い症候群」、いやはや参りました。

 

結局110回、まぁ実力通りでしょうか?いつもは一つか二つはパー3でワンオンするんだけど、この日はゼロです。

 

いつも通り楽しいゴルフでしたが、あるホールで3人のティーショットが200ヤード先で1メートル以内に集まると言う、(私たちにとっては)珍しい事がありました。なにしろ、いつも右に左に打ち別れていますから、こんなに近くにボールが止まる事はありません。記念に写真をとっておきました。

 

このブログにアップしようとしたのですが、このソフトの容量制限を超えているとかで、入れられません。成程、PCで画像を見ると、芝生の葉、一枚々々見えるかのように良く映っています。今の携帯はすごいですねぇ・・。

 

上手く編集して入れる方法はあるのでしょうが、元理系と言うのが恥ずかしい程のPC音痴、ニューテクノロジーに全くついて行けない私です。いやはや・・・。

 

プレー後はいつもの千葉そごう10階の中華屋さん、またOクンも来てくれました。スコアカードを見たO君、「別に俺が復活するまで待っててくれなくったっていいのに、、、。」別に待っててあげてる訳ではないんですけどね、「ま、友情は大事だからな、ははは・・・、」と空しい返事です。

 

しかし、上手くなりませんねぇ・・・、それでもやっぱりゴルフは面白いです。

 カテゴリ:日々のこと

国貞雅子・情家みえライブatグレコ・10/9/2014

久々に大塚のグレコにお邪魔しました。私の大好きなヴォーカリストの国貞さんと情家さんがデュエットするとあって楽しみにしていました。

 

共演はヴァイオリンの三井大生さん、この日はギターも弾いてくれました。

 

「今日はジャズじゃないよ!」とか言っていたので、どんなライブになるんだろう?と興味深々でした。でもやっぱり、ジャズだなぁ・・・。日本語の歌でも、英語のポップスでもこの二人が歌うとジャズになっちゃうんですね。スィングし、インプロヴァイズしていましたから・・、素敵なジャズでした。

 

1セット目は、国貞さんがピアノを弾き、時々ハモりを入れ、三井さんはギターかヴァイオリンでバッキング、いい合いの手を入れてくれます。ソロのアドリブも素晴らしい!さすがです。そして情家さんの歌う歌は・・・。

 

「オリビアを聴きながら」、「You don’t know me」、「なごり雪」、「順子」・・・等7曲(かな?)。

 

国貞さんはソウルフルでパワフル、情家さんは正統派(と言ったらいいのかな?)。でも二人とも、ひとつひとつの言葉に思いを込めて、とっても情熱的に歌います。ですから伝わってくるものがあります。

 

時々飲みながら話すことがありますが、ヴォーカルの方で、ジャズのスタンダードと言われている曲をやることがジャズなんだ、と勘違いしている方がいます。そういうものではないんだと私は思っています。話し始めると長くなってしまいますが・・・。また、ジャズが一番だ、と言うつもりもないのですが・・・。

20141009_204134

国貞さんと三井さんの顔が見えます。情家さんは演奏中、背中しか見えなかったので、終わってからちょっと声かけて、こっち向いてもらって撮ったら、美好さんに叱られてしまいました。

 

そっかぁ・・・、そういうのNGだったんですね。どうも今一つ常識のない私です。美好さん、ゴメンナサイ!でも結局あまりのピンボケで使えませんでした、そのうち正面から情家さんの素敵な笑顔をお届けしたいと思います。

 

二人で一緒に歌うのか?と思っていたら、セットごとに代わる構成だったのですね。セカンドセットに国貞さんがフィーチャーされていたのですが、そこまでいると次の朝がつらいもので、(軟弱な身体です)雅子さんの歌、聴きたかったんだけど、泣く泣く帰りました。また次の機会にね!

 

 

 カテゴリ:未分類, 音楽の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ