新原歯科医院

院長ブログ

船カン・2/21/2015

ノーザントラスト・オープン、松山選手、惜しかったですねぇ。すごい追い上げでしたが、1打届かずでした。あのリヴィエラ・カントリークラブには学生時代に何度か試合を観に行ったことがありまして、思い出のゴルフ場です。当時はロサンジェルス・オープン(L.A. Open)と言っていましたが・・・。

 

トム・ワトソン、ジョニー・ミラー、ジャック・ニクラウス、リー・トレヴィノ・・・・、キラ星のように輝くスター選手を目の前で見て感動しました。

 

全く次元の違うゴルファーの私たちは、いつものメンバーで一か月ぶりに船橋カントリー倶楽部へ行って参りました。まさに、「参りました」と言うゴルフでありました。

20150221_095728今日のキャディー、クラハシさん(蔵か鞍か?分かりません、クラハシさんゴメンね!)

 

微風、好天に恵まれたゴルフ日和でしたが、相変わらずショットは曲がります。今はクラブもボールも進化して、距離が出て曲がらない筈なのですが、なぜか私たちのボールは曲がります。

 

インから回った私たちですが、私はパーをひとつも取れませんでした。ショットは前回より良い感じでしたが、時折ドライバーが曲がりすぎ、また毎ホールのようにバンカーに捕まってしまいます。

 

前回に引き続き好調なパターのおかげでひどい大たたきはせずにすみ、なんとか53、私にしてはまぁまぁかな?

 

G君はこの日もドライバーが絶不調です。それでも相変わらず上手いアプローチで大崩れはしませんね、彼にとっては不満でしょうが52回でハーフを終えました。

 

Hさんはショットは本当に良くなっているのですが、噛みあわないねぇ・・・。あるホールでバンカーからの脱出に5回かかったり、OB2連発したりで二つのホールで11、12と大たたき、これであっと言う間にスコアを崩してしまいました。Hさんの名誉のために数字は書きませんが、久々の大台突入の納得の行かない前半になりました。

 

ハーフを終えてクラブハウスに戻ると、にこやかに「お疲れ様です!」とキャディーマスター室の前に立ち、声をかけてくれた人がいました。おぉ!この船橋カントリー倶楽部所属のディネッシュ・チャンドプロではありませんか。

20150221_100503赤いセーター(私の左です)がチャンドさんです。

 

フィジー出身で、今週のノーザントラスト・オープンで大活躍したヴィジェイ・シンの後輩ですね。ヴィジェイと組んでフィジー代表として世界大会にも出た事もあるそうですが、とてもきさくな方でした。キャディーのクラハシさんによると、暫く故郷のフィジーに戻っていて、久しぶり帰って来ているとの事でした。

 

偶々G君の知り合いがやっている浅草橋の居酒屋(?)さんとチャンドさん、親しいらしくて、よくそのお店にいらっしゃるとの事で、G君と話がはずんでいました。日本語ペラペラで、「島国だから悪い事したらすぐわかっちゃうね・・・」とか冗談言っていました。写真お願いしましたら、気持ちよく応えてくれました。(3/14/204、訂正です。G君の良く知っている洋食器屋さんとチャンドさんが親しい、と言うのが正しいのですが、洋食器屋と洋食屋さんを聞き違えていました。G君から指摘されましてお詫びして訂正いたします。)

 

日本のツァーで3勝くらいしているそうですが、故障もあったのでしょうか?最近は出場機会に恵まれないようです。応援したいものですね。

 

さてアウトスタートの後半です。Hさん、いきなり2オンに成功!しかし3パットのボギーです。いい滑り出しかと思いましたが、次のパー4でOB連発の9、ジェットコースターのようなラウンドでした。ボギーと大たたきが交互に来て中間(ダボ、トリ)がありません。こんな日もあります。62回。

20150221_120941午前中はすんなりでしたが、午後は少し前がつまりました。

 

G君はドライバーを替えて(2本入ってます)調子が出て来ました。初めの3ホールで3オーバー、なかなかの出だしです。池越えの4番パー5にやって来ました。最近のテレビ番組でこのホールが使われ、芹沢プロが軽くアイアンで2-オンしていたとかG君が話していたホールです。

 

G君、池の前に刻んでのショット、なんと池ポチャ3連発!なんと12回かかってしまいました。かなり気落ちしたはずですが、そのあとの3ホールで、パー、パー、ボギーと素晴らしいショットを見せました。

 

最終ホールで少し崩れましたが、なんといってもあの12が無ければ・・・、の53でした。

 

私は最後にやっとパーを一つ取ることが出来ました。ドライバーが曲り、真っ直ぐグリーンを狙えないホールが多く、スライスやフックをかけたつもりのセカンドショットがことごとく真っ直ぐ行ってしまう、という(出来ない事やるな!ってことですね)一日でした。

 

でもパットに助けられ、ショットはまぁまぁ当たっていましたので、気持ち良く終われました。アプローチイップスは相変わらずでしたが、幸運が続き、大けがをせずにすみまして、53回。まぁ、こんなもんでしょう。

 

スコアの良し悪しにかかわらず楽しく終われるのがいい事なのか悪い事なのか分かりませんが、せっかくの休日ですから、楽しく過ごせるのは幸せな事です。

 

帰りにO君をピックアップして19番ホールはいつもの千葉そごうの10階です。この日もお好み焼き屋さんになりました。やっぱり粉ものは旨い!と意見が一致しました。

 

O君はまた少し体重も増えて元気そうでした。かなり数字は良くなって来ているようですが、まだゴルフの許可が出ないことを残念がっていました。

 

まだまだ免疫が弱いそうで、土の中にはさまざまな微生物やバクテリアが存在するので、感染症を防ぐために、まだ避けた方が安全であるという事なんですね。でもここまで良くなりましたから焦ることはないですね。もう一息です。

 

さて再来週は七高グリーン会のコンペです。佐倉カントリーはドライバーが曲がると隣のホールに行ってしまいます。そこからのリカヴァリーは至難の業ですから、今の私では太刀打ち出来ません。ちと練習せんといかんなぁ・・・。

  カテゴリ:日々のこと

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > 船カン・2/21/2015