新原歯科医院

院長ブログ

アーカイブ: 8月 2015

夏の終わりに

急に涼しくなってきました。夏の終わりが近づいた29日の土曜日、久々に船橋カントリー倶楽部へ行って来ました。いつものGtくん、Osくん、Hwさんと私のフォーサムです。

 

直前までの残暑に今回も短パンかな?と思っていましたが、朝5時過ぎに外に出て見ると半袖では肌寒いくらいの気温です。6月以来のニッカーボッカーズをバッグに入れました。

 

6時過ぎにピックアップしてもらい、船カンへ。霧雨の中、この天気だとOsは来れるかなぁ?とみんなちょっと心配しながら到着しました。

 

少し遅れてOsくんも到着、やはりゴルフの楽しさには不安もかき消されるようです。マスクをして完全防備で霧雨の中アウトからスタートしました。

 

私は初めの二つのパー4で、10、9、と崩れ早くも11オーバーです。他の3人もやや乱れましたが、3番ホールから徐々に落ち着いて来ました。

 

霧雨がミストシャワーのようで心地よく、早くも少しづつ色づき始めた木々を眺めながら、スコアは悪くとも気持ちよく歩いて行きます。

 

この涼しい気候を待っていたかのようにこの日は47組とほぼ満杯のゴルファーが予約していたそうですが、その割にスムーズに進み殆ど休む間もなくプレーしていましたから写真を撮るヒマがありませんでした。

 

私は結構調子よく、多少方向性に難はあるものの自分なりにはいいショットが打てた前半でした。ここ数ラウンド全く自身を失っていたドライバーも幾つかいい当たりがあり、パーを三つとって56回でアウトを終えました。

 

4人ともまぁまぁの前半でした。Gtくんは自分で「大たたきの予感がする」と言った7番パー5で9回打ったのと始まりの1ホールを除けば、ほぼボギーペースの50、

 

Osくんは大分体力、気力が回復しているのが伺える表情で55でホールアウト、Hwさんは多分船カンでは彼のベストハーフだと思われる53、トリがワーストと言う堅実なほぼダボペースの53でした。

 

終わってみれば、私が最下位です。相変わらずアプローチには悩まされましたが、それも最近ではミスが少ないほうでしたから、それにホッとしていて最下位でも満足してしまいます。(だから上手くならないのかも知れないね(笑))

 

一時間程の休憩時間があると、つい飲んでしまうGtくんと私ですが、後半の初め数ホール、飲んでいないOsくんとHwさんが崩れます。Hwさんは私同様ティーショットが乱れ始めました。

 

Osくんはやはり後半になると疲れが出てくるのかも知れません。それでもゴルフを再開したばかりの今年春に比べると、かなり元気になっています。もう一息ですね。

 

私は前半良かったドライバーが乱れた上に、濡れたグリーンの速さにどうにも合いません。でもショットは悪くなく前半と打って変わっての平均した数字が並びます。殆どダブルボギーで55回、自分では納得の行く数字で終了しました。

 

Gtくんは途中ロストボールがあり2打損しましたが、(ラフも長く、コースの端には枯葉が積みあがっている場所があったりで、ちょっと見つけづらかったなぁ。)ショットはさえ、パットも好調。チップインパーを打ったりと、47回で上がりました。あのロストが無ければなぁ・・・。

 

残暑を心配しましたが、もう秋が来たかのような涼しい陽気に恵まれて、気持ちよく楽しく過ごすことが出来た8月の最終土曜日になりました。

 

あっと言う間に秋が近づいて来ました。また季節が変わりますね・・・。

20150831_120209

 

 カテゴリ:日々のこと

寝占友梨絵ライブat代々木ナル・8/14/2015

お盆休みの14日の金曜日、代々木ナルは遠藤征志(Pf)、曽根一馬(G)、寝占友梨絵(Vo)のライブでした。遅ればせながらレポートします。

20150814_191109

 

小岩コチ、平河町Pacoで聴いて以来の寝占さん、今回は代々木ナルではお馴染の遠藤くんと曽根くんをバックに歌います。聴き逃すわけには行きません。

 

遠藤征志くんと曽根くんはよくデュオでライブをやっている気ごころ知れた二人です。美しい音色とテクニックには定評のあるこの二人と寝占さんの歌がどう化学反応を起こすのか・・・?楽しみにしていました。

20150814_192916曽根さんと寝占さん

 

Pacoで聞いたのですが、なんかスーパーヴォーカリストだという評判がミュージシャンの中で高まっていると言う事でした。こういう人はもっともっと多くの人に聴いてもらいたいと思っています。

 

相変わらずの素晴らしいスキャットと歌は、遠藤くんと曽根くんの演奏と見事に融和してぶっちぎりのライブになりました。

20150814_192927遠藤さんの後ろ姿

 

ヴォーカルのバックの演奏は、時に目立たぬように歌手を引き立てる黒子のような伴奏で気持ちよく歌わせることもありますが、こういう丁々発止の演奏は好きだなぁ・・・。Jazzを感じます。

 

また遠藤くんや曽根くんのような素晴らしいミュージシャンの演奏に引けを取らない歌をうたえる歌手もそう多くはいないかもしれませんね。寝占さんは間違いなくそういうヴォーカリストです。

 

スキャットだけでなく普通に歌ってもいいフィーリングで伝わってくるものがあります。澄んだ声に加え時には太い声色(ライナーノートによると「ネジメ野獣化唱法」?)で迫力を感じさせますね。

 

英語に関しては、畑路子さんが98点だとすれば、寝占さんは90点くらいかな?ただ、たまに怪しいところがあるんですけれど、それが全く耳ざわりが悪くないのが不思議です。

 

ま、私もあまり偉そうな事を言える立場では御座いませんが・・・、いやな感じをさせない、限りなく近くて優しい音が聞こえる・・・・?と言ったらいいのかな?うまく言えませんがこういう歌手も珍しいと思います。

 

次の日も仕事はお休みですから、2セット目も聴いて行きました。お客さんの中に最近結婚なさったご夫婦がいらっしゃって、(遠藤くんのファンのかたのようですが)リクエストでその方々の結婚式に遠藤くんが弾いたと言う彼のオリジナル曲をやってくれました。よかったです。(写真を撮っちゃいましたが、やはりプライベートの事ですからアップしては失礼かな・・・?と)

 

遠藤くんと曽根くんのデュオではオリジナル中心にやるそうですが、彼らはとってもいいメロディーメイカーです。ジャズという名に拘らない美しい曲を沢山持っているようです。実はこの日、曽根くんのミニアルバムを購入いたしまして、聴いてみましたが、いやぁ・・・、ロマンチストだねぇ・・・。

 

オリジナルをやる人は多いですが、インストの方のオリジナル曲には、時としてテーマ・・・、と言うかメインのメロディーがよく判らないことがあります。歌にならないような曲ですね。私はどうもそういうのが苦手なのですが、この二人には歌心がたっぷりあるのでしょう。とてもきれいな曲を持っています。このデュオもまた聴いてみたいですね。

 

ピアノの椎名豊さんのオリジナル曲も本当に美しいメロディーの曲が多くありますね。こういう美しい曲が世界で聴いてもらえるようになるといいのだけど・・・。

 

さて、寝占さんのCDを購入し、サインして頂いて帰路へつきました。帰宅して早速聴いて見ました。CDでも素晴らしいなぁ。ピアノとのデュオなのですが、兼松衆くんと言うこのピアニストもいい味出てますね。あまり詳しくない私は知らない人だったんですが、3年前から作曲等の活動をメインにしていてライブを殆どしていないとか・・・?国音ピアノ科首席卒業でライブでも大活躍されていたようです。

20150817_223943

 

デュオですが、とても拡がりのあるいい演奏です。私はめったにライナーノーツを読まないのですが、こういういい演奏の時は見る事もあります。なんと大御所ピアニストの山下洋輔さんがライナーノーツを書いていました。

 

国立音大で師弟関係にあったそうですが、この二人の事を絶賛しています。こういう歌い方もまた好みの別れるところかもしれません。昔のジャズ喫茶で名盤と言われる古いレコードの演奏を目をつぶってじっと聴いて来られた方にはどうなんだろう?受けないかなぁ・・・?

 

エラとかアニタもスキャットを駆使していたんですが、しっとりと歌う方が古くからのジャズファンには馴染みがいいのかも知れないなぁ・・・。

 

ちなみに山下洋輔さんは、昔、会話禁止のジャズ喫茶で大声で騒いで、よくつまみ出されたそうです。昔は会話禁止、目をつぶって下を向いて必死にレコードの音を聴いていなければいけないジャズ喫茶が多かったそうです。だから今でもライブなのに目をつぶって聴いている人がいますが、その癖が残っているのでしょうか?

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、その山下さんが「我々はもう完全に圧倒されつつ、喜んで「いぇ~い!」と叫ばざるを得ない。」と言っています。私もこの夜のライブで何度も奇声を発しましたが、山下さんも同じなんだ・・・、と知り、安心した次第です。

 

ピアノの兼松衆さんの寝占評も「・・・・、演奏のときにこんなにミュージシャンとしての駆け引きが出来るヴォーカリストもいない・・・・・・」等と絶賛しています。この音源を聴くと、彼にもライブに復帰して寝占さんとの演奏を生で聴かせて貰いたくなります。

 

さて、この素晴らしいヴォーカリストはどこまで羽ばたいて行くのか・・・?高く、美しく羽ばたいて行ってほしいと期待します。

20150817_223746

 カテゴリ:音楽の話

タイガー復活ならず、服部真夕復活!8/23/2015

アメリカPGAツアー最終戦(プレーオフ以外の)、ウインダム選手権最終日、2位でスタートしたタイガーウッズは11番でまさかのトリプルボギー、復活優勝はなりませんでした。

 

日本のLPGAツアー、キャットレディースでは服部真夕が3年ぶりの優勝を果たしました。

 

ずっとアプローチイップスに悩まされ、ここのところショットも乱れ今年は予選落ちが続いていた服部選手でしたが、ちょっとしたきっかけでショットの調子を取り戻し、ここ数試合は復活を思わせる好成績でしたが、ついに優勝しました。

hattori2

 

アプローチに関しては、いつ治るかわからないから、これからもお付き合いしていきます、と語り、アプローチイップスを抱えながらも勝てる事を証明しました。

 

タイガーはアプローチイップスとは自分では言いません。そうでないのかも知れませんが。丸山茂樹プロによると、タイガーはドライバーのイップスなんじゃないか?と感じているそうです。

 

ただ、以前のタイガーはトラブルに陥っても、信じられないようなアプローチでチップインしたり、寄せて来ていたのを見ています。パットもしかりですね。そのタイガーが11番で見せたミスはイップスの疑いを感じさせました。(実は今朝、朝の準備をしながら、録画したホヤホヤの映像を見ていました。)昔のタイガーにはこのようなミスはあり得ないことでしたから・・・。

 

何でもないライからのアプローチをトップしてグリーンオーバー、次を軽くダフって乗らず、パターで乗せるも大きくオーバー、パットも入らずでグリーン周りから5回かかってカップに入れました。

 

まるで私のようなゴルフです。私は4~5年前からアプローチイップスに悩まされ、同じような事を続けていますから、タイガーのあのようなプレーから彼も軽いイップスになっていると確信しています。

ipus

 

今年初めタイガーのアプローチが変調をきたしたときに、周りの友人たちがいろいろなアドバイスをタイガーに送っていた練習場の風景です。

 

それから暫く試合から遠ざかり、練習に打ち込んで来たタイガーでしたが、「戦う準備が出来た。」と言って復帰して来て初めは予選落ちもありましたが徐々に調子を上げて来ていました。いよいよ復活優勝か?と期待された最終日にアプローチのミスで勝利を逃しました。

 

私は数年アプローチに苦労しています。同伴の友人からは、「こうすれば・・・、ああすれば・・・いいよ。」とアドバイスされます。「そうか、練習してみようか・・・」と答えたりもしますが、実はほとんどの事は試してきています。

 

はじめは技術的なことから始まったことが、メンタルに大きな影響を及ぼします。はじめは練習場でもシャンク、ダフり、トップ、なんでもござれの惨憺たる状況でしたが、機械的なスィングを心がけ、今は練習場ではそこそこ打てるのです。

 

しかし、心の中に巣食った不安、恐怖感(ミスショットへの)が、コースに来ると頭をもたげはじめます。そうすると身体が自分のものではなくなっていく感覚がしてきます。これは、なった人でないと解らない感覚です。そして、この感覚は自分ではコントロール出来ないのです。

 

例えば、(比較するにはそぐわない例かもしれないけど)腰痛にしても歯の痛みにしても経験していない人にはどんなものなのか伝わらない感覚だと思いますが、似たようなものでしょうか?

 

今は、(もちろん練習もしますが)服部真夕選手がコメントしていたように、イップスと上手く付き合って行くように心がけてプレーしています。上手く行けば好スコアにも繋がります(しばらく縁がありませんが・・・(笑))。

taiga今年前半、シャンクっぽいですね、シャフト近くに当てています。

 

タイガーウッズは常人とは比較できないスーパーゴルファーですから、必ず復活してくるのでしょう。ただ、もしも本当に(軽くとも)イップスの症状があるのなら、昔のような絶対的な強さは見る事は出来なくなるかもしれません。

 

この稀代のスーパースターには是非私の予想を裏切って、完全復活して貰いたいものです。

 

ちなみに、この試合を勝ったのはなんと51歳のデイヴィス・ラヴ3世でした。6~7年ぶりの優勝だそうです。

 

そして石川遼選手も31位でフィニッシュして、ギリギリセーフ、シード権とプレーオフ進出の権利を得ました。かれにも早くかつての輝きを取り戻してほしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ:スポーツの話

ボルト選手・8/23/2015

いやぁ・・・、すごかったですねぇ・・・・・・・。語る術なし!

 カテゴリ:スポーツの話

暑気払い

昨日21日の土曜日、四谷嘉賓で七G会恒例の暑気払いがありました。世話役Eu君はじめ久々参加のHm君を含め20人近くの同期生が集まりました。

 

Gt君と集合時間の20分前から一番乗り、先にビールを頂きつつ三々五々集まってあちらこちらで乾杯が始まりました。

 

いやいやこの暑さで元気ないかと思いきや、みんな楽しく大声で会話しながら飲むこと飲む事・・・。他のお客さんにはかなりご迷惑をおかけしたかと思います。皆に代わりここでお詫びです。

 

近況報告や最近のゴルフの調子、昔の思い出・・・、話が尽きませんね。

 

次回のコンペ(9月のシルバーウイークに予定されています)の組み合わせ(仮)なども配られて、また盛り上がります。ここの所飲み会のみ参加の各氏にも参加してほしいなぁ・・・。

 

厚木から遠路、Hr夫妻も駆けつけてくれました。H夫人、今回は新鮮な野菜を数種(ニガウリ、モロヘイヤ、バジル…他)お土産に持って来てくれました。前回コンペの時にはお米を頂きました。

 

夫人曰く「こないだのコンペの時に、新原君がとりたての野菜食べたいって言ってたから、持ってきたのよ!」とのこと。あれ俺そんな事言ったっけ?「言ったわよぉ!」

 

でもどうやって分ける?ま、適当に分けて配ろうよ。前にいたNw君はじめ数人でHrさんが持ってきてくれたポリ袋に仕分けして、全員には行きわたりませんが、配って回りました。みんな手際がいいなぁ・・・、と感心至極でありました。

 

配りながら「そうだった!」と思い出しました。Hr夫妻が趣味で農園をしていることを聞いて、昔北海道で野菜狩りに行って新鮮な野菜の甘さ、美味しさにびっくりした話をして、「とりたての野菜食べたいよねぇ、」と言う話をしたんだったなぁ・・・。Hrさん、ありがとね!

 

いやぁ、有難いことだぜい!と思いつつ、皆に配り終わって席に戻ると、自分の為に袋詰めして席に置いておいた野菜がない!誰かが配っちゃったようです・・・。

 

これとこれは何にして・・・、とか料理のプランが頭の中にあったんですが・・・、なんと間抜けなワタクシでありましょうか。(笑)

 

そうこうしているうちに時間が早く過ぎて行きました。次回コンペ幹事長の浅野君の音頭で三本締め、お開きとなりました。

 

If君はじめ懲りない数人は2次会へ行くようでした。次の日は休みだしいつもなら私も参加してしまうのですが、元々この日は有楽町スィングへライブを聴きに行く予定だったのです。暑気払いが入り、こちらを優先したのですが、丁度ライブの2セット目が聴ける時間でしたので、失礼して有楽町に向かいました。

 

たなか・りかさんと言うヴォーカリストのライブでしたが、なかなか聴く機会がない人なので聴いてみたかったわけです。なかなか良かったです。ただ、その前に少し飲みすぎていたかな?

 

ちょっと疲れていた私もみんなに元気をもらいました。8月もあと一週間、早いですねぇ。また来週から仕事頑張りましょう!しかし・・・、さすがに今朝は久しぶりに11時くらいまで寝てしまいました。貴重な一日が少し短くなりましたが、楽しい時間を過ごさせてもらいましたからね、たまにはいいでしょう・・・か?

 カテゴリ:日々のこと

8月31日(月)は6時30分で診療を終わらせて頂きます。

8月31日(月)は所要により6時30分で診療を終わらせて頂きます。

宜しくお願い致します。

 カテゴリ:お知らせ

ある夜、某所にて

仕事帰り、ちょっと寄って行くか・・・。

20150818_200246

 

テーブルを見ると・・・、ウ~~ン、いい絵じゃん・・・。

20150818_200306

 

やっぱ、真文さん、サイコーだぜぃ・・・!とか思いつつ・・・。

20150818_200859

 

10分後にはこうなっていました。

 

 

 カテゴリ:日々のこと

お盆休みat代々木ナル 

もうお盆休みも終わりです。みなさんは有効に時間を使われたでしょうか?

 

私は代々木ナルに通いずめのお休みでした。たまたま聴きたいライブが続きまして、休み前の11日は畑路子さん、休み初日の12日はケイコ&ルーリー、14日は寝占友梨絵さんでした。

20150812_195943

 

11日はお盆休み前のせいか、少し忙しくバタバタしまして、1セット目は間に合わず2セット目から行きました。に

 

畑さん、久しぶりに聴かせてもらいました。ピアノには最近大活躍、東京Tucにも頻繁にブッキングされている八木隆幸さん。ベースにはベースを持った吟遊詩人、佐藤有介さんでした。

 

美しい音色をバックに歌う畑さんは相変わらず落ち着いたそつのない、そして心を伝える歌いぶりです。安心して聴けますね。音程も安定しているし、英語は兎に角上手い!

 

ただ、(良い悪いではなく全く私の個人的な好みの問題なのですが、)ビブラートを強調した歌は私は少し苦手です。演る方も聴くほうも、好みの分かれる所だと思いますが・・・。(サラ・ボーンも強くビブラートかけますが、あの人のはまた違った味があるかなぁ・・・。)

 

3曲目(くらいだったかな?)にワンノートサンバを歌ってくれましたが、(私の大好きな歌のひとつです)早口の歌詞なのでビブラートつけてるヒマがなく、逆に私には心地よく聴けました。

 

そのあとの曲は(意識してなのか解りませんが)何故かビブラートがやや抑えられて私には丁度よい感じに歌ってくれました。不思議なもんだなぁ・・・。

 

そして彼女は英語の発音がとても綺麗なのでそれも安心して聴ける一つの理由ですね。これだけ上手な英語で歌える人は結構少ないんです。歌が好きで耳がいいことがわかります。

20150812_195931休み初日はこれでした。

 

足利まで親友の墓参りに行って来ました。そのあと錦糸町のサウナでのんびり、マッサージにかかり、ビールと日本酒を少々頂いてから代々木に向かいましたが、のんびりしすぎてライブはスタートしておりました。

 

この店で育ったと言ってもいいのでしょうか?瑠璃子さんはまだここで働いていますが、圭子さんは久しぶり。成長した姿を見せてくれましたね。

 

次の日は仕事がありませんから、久しぶりに富田シェフの料理で夕食をいただき、姉妹店のヴァッソニールで休み時間を過ごし2セット目も聴いて行きました。

20150812_200248ヴァッソニール、中にはユキヨさん。

 

圭子ちゃんは貫禄(?)が出て来ましたかな?前は緊張感が見られたものでしたが、余裕が出て来たんでしょうか、声がしっかりしてきました。私の大好きな「They can`t take that away」を歌ってくれたのには感激でした。

20150812_205058 (1)ちょっと影になっちゃった。

 

そしてルーリーです。船橋の星、瑠璃子さん自作の「My lovely town・・船橋の歌」が馴染んできた・・・と言うか歌いこなれて来たというか、心に沁みこんで来ました。

20150812_210824 (1)瑠璃子さん

 

勿論それだけではありません。アイルランド(だったかな?)系の歌だったり彼女のシルクヴォイスは心を安らかにさせてくれますね。またご存じのお客様も多いのでしょうが、うまく盛り上げてくれてとっても楽しいライブになりました。私も一役買ったかも・・・(笑)。

 

バックにはご存じギターの平岡遊一郎さん。変わらぬ堅実なバッキングに素晴らしい技術のソロで聴かせてくれました。

20150812_204115 (1)

 

ピアノは若手有望株リン・ヘイテツ君、お茶目な、またカッコいいフレーズテンコ盛りの素晴らしいピアノで盛り上げてくれます。

20150812_204131 (1)

 

そしてこの夜の彼のソックスがあまりにも可愛かったので・・・。

20150812_205045 (1)ピンクの水玉模様でした。

 

さて最後に14日の寝占さんですが、本当にサイコーのライブでした。

20150814_192916友梨絵さんとギターの曽根くん

 

ちょっと長ブログになってしまったので、このライブの事はまた次のチャンスに・・・。

 

取り敢えず、彼女のCDのライナーノートの中の山下洋輔さんの言葉をご紹介しておきましょう。

「スキャッツによる自己表現は僕の知るどのプロ歌手よりも魅力的だ。完全に圧倒され「イイェーイ!」と叫ばざるを得ない。寝占友梨絵のスキャッツと兼松衆のピアノの上手さは1曲目を聴いただけでわかる。独自の世界を持つ、二人の才能ある若者のやりたいこと、よいところを丁寧に記録したこのCDはとても貴重だ。」

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

残暑お見舞い申し上げます

記録的な暑さも峠を越したようですね。32℃がこんなに涼しいとは思いませんでした。

 

蝉さえも暑さを避けて夜暗くなってからや、夜明け頃鳴いていて、明るい昼間の時間にはあまり声が聞こえませんでした。やっと明るい時間に蝉が声を出すようになりました。

20150812_112141

 

マンションの自転車置き場の裏の親水公園では天使たちが大騒ぎしていました。

20150812_112145

 

私同様に今日からお盆休みの方も多いかと思います。まだまだ夏は終わりません、残暑の中お身体にはお気を付けください・・・。

 カテゴリ:日々のこと

お暑う御座います。

ここのところずうっと「お暑うございます。」と言う言葉が、患者さんとのご挨拶になっています。

 

根本先生の患者さんの中にはご高齢の方も多く、「申し訳ないけれど、あまりに暑いので・・・」とキャンセルなさる方もいらっしゃいます。

 

この暑さの中遠くからいらっしゃるのは大変です。無理して体調を崩されてもいけませんから、涼しくなってからいらっしゃって下さればよいと思っています。

 

今朝、駅に向かって歩いていましたら、額に汗をにじませて高校生(だと思います)が声をかけて来ました。「すみません、城東高校はどちらでしょうか?」と道を聞かれました。

 

城東はねぇ、ここを真っ直ぐ行って信号渡ったらすぐ左にあるよ。と教えると、「有難うございます」とホッとした表情で早足で歩いて行きました。

 

電車に乗って、冷房の下で思い返して見ましたら、「あんな教え方じゃぁ、迷っちまったかも知れんぞ・・・」と気が付きました。そう、城東高校の手前には短い間に歩行者用など三つ信号があったのに・・・。

 

暑さのせいにしてはいけませんね。もう少し考えて教えるべきだったなぁ・・・。と電車の中でくよくよ後悔しっぱなしです。「可哀想な事しちゃったかも・・・、この暑さの中で道に迷わせてしまったかなぁ・・・。」

 

先ほど読んだニュースでは、今日6日が暑さのピークになる、と書いてありました。そうであってほしいですね。

 

この猛暑の中、体に気を付けて、またぼーっとしすぎて間違いをすることがないようにしたいものです。皆さまもお気を付け下さい。

hurinn

 カテゴリ:日々のこと

新原歯科医院TOP > 院長ブログ