新原歯科医院

院長ブログ

アーカイブ: 4月 2016

まさか・まさか・まさか!

「まさか!」の三乗くらいの驚きです。内山高志選手が落ちました。

 

無名の格下ボクサー、などと失礼な事を言ってしまったけど、暫定王者のコラレス選手の捨て身のロングフックを振り回して来る作戦に嵌ってしまいましたね。

 

1ラウンドでいいのを一発貰って少しダメージも残っていたんでしょうが、2ラウンドに強烈なスィングフックを顎に貰い、立とうとした膝が折れるほどのダメージを受けました。もう少しでそのラウンドを凌ぎ切れそうだったのだけど、本人も言っていましたが「ダメージも減って来たのでラウンドの最後に一発入れて終わろうと・・・」プライドが勝ったのでしょうか、セコンドは「クリンチ!」と叫んでいましたが、当てに行って返り打ちにあいました。あと一秒で2ラウンドが終わったのですが・・・。

 

これもボクシング、内山選手の負けを想像した人がどれだけいたでしょうか?勝ったコラレス陣営自身が信じられないような大番狂わせでした。

 

これでタイトルを失った内山選手が海外でのビッグマッチを戦うチャンスが遠のきました。もっと早くなんとかしてやれなかったもんだろうか?でもまだ衰えたわけではありません。これからの進展を見守って行きたいと思います。

 カテゴリ:スポーツの話

MIWO・ライブ・代ナル・2016/4/26

大学時代からの友人の斎藤さんが検診に来てくれました。彼は2月から3年間の予定でラオス駐在となり、事務所の立ち上げを終えて一時帰国したところです。日本企業の合弁プロジェクトで水力発電所を作る仕事のアドミニストレーターと言う役回りです。

 

この週末にはラオスに戻らなくてはいけないそうで、その前に歯のチェックとクリーニングをするために来てくれました。特に問題もなく、クリーニングをしながらラオスの現場の話を聞きました。

 

37度にもなるという何もない山奥で、現地のコックの料理が口に合わず、いろいろ大変な事ばかりのようです。彼は若い頃にもイラクに数年駐在したことがあるのですが、流石に私より2歳上の64歳の身体にはこの厳しい環境は応えるようです。3年かぁ・・・。

 

さてつかの間の里帰りですが、一度ライブも行きたいとの事でしたから、この日に予約を入れました。代々木ナルでMIWOさんのライブがあるからです。私はかなり高い評価をしている女性シンガーですが、チラッと小耳に挟んだところではOLさんなんだそうで(未確認情報ですが)、あまり頻繁には出演しません。仕事と両立するのは大変なんでしょうね。私も久しぶりに聴きます。

 

途中の電車の中で最近の映画の話等をしました。ウディー・アレンの新しい映画は面白かったなぁ・・・、と意見が一致。でも彼の映画は殆ど全部観て来たけど、あんなに面白いのに何故かエンディングがいまいちなのが多いよねぇ・・・、などと語り合える数少ない友人です。

 

映画や音楽では斎藤さんとは何というかツボがある程度合うようです。ジャズはあまり聴かない斎藤さんですが、興味は十分あるので歌の時には時々付き合って貰っていますが、これからはなかなか行けなくなるのが残念です。

 

さて仕事を早めに終わらせたのでいつもより余裕をもって代ナルに到着です。

20160426_185534

 

まだ時間が早いので席もまばらです。今日はたくさん入ってくれるんでしょうか?せっかくの機会なのでたまには写真を撮ろう、と言う事にしまして・・・。

20160426_185248

 

フラッシュを使わない設定にしてある私のスマホですが、上からのライトでやや不気味に映る二人でした(笑)。

 

20160426_185847

 

MIWOさんが挨拶に来てくれました。相変わらずツボにハマると笑いが止まらなくなる瞳ちゃんが、写真撮りましょうか?と言ってくれたので、MIWOさんに入って貰って記念写真です。

 

20160426_185918

 

美女を挟んで若干にやけた老人二人の図(笑)でした。さて演奏が始まります。まずは平岡遊一郎さんと6弦ベースの佐瀬正さんのインストで2曲です。斎藤さんの奥さんの旧姓が佐瀬さんなんだそうで、少し話をしていましたが、この佐瀬さん、「サゼ」と読むんだと言う事を初めて知りました。「いちいち訂正するのも面倒くさくって・・・、」と佐瀬さん笑いながら話してくれました。

 

20160426_190833

 

もう何年も前から聴いていた佐瀬さんですが、初めて正しい名前を知りました。さて、スタート!いつの間にほぼ満席になっていました。それも老若男女を問わずと言う聴衆です。いつもは割と偏ったお客さんの層であることが多い傾向ですが、MIWOさんのファンは幅が広いねぇ。これはとても素晴らしい事だと思います。

 

いつもながら鮮やかな、また美しいフレーズを奏でる平岡さんのガットギター、そしてこれも聴かせる佐瀬さんのデュオでステージは盛り上がって行きます。

 

そしてMIWOさん登場です。1曲目は「You turn the tables on me」と言う歌でした。初めて聴く知らない曲でしたが、メロディーも歌詞もなかなか良いではないですか・・・。

 

前に彼女を聴いた時にも私の知らない歌を歌ってくれましたが、MIWO さんはよくいい歌を持ってくるなぁ・・・。私は歌に関しては結構知っている方かと思っていましたが、いやぁ・・・、まだまだ私の知らないいい歌がいっぱいありそうですね。

 

2曲目も聞いたことが無い歌です。これもいい!「雨に歌えば」を作曲した方の作だそうです。ちょっと曲名を忘れました。勿論歌が上手いからこそいい歌が良く聴こえる事もあるのだと思います。

 

MIWOさんは数年前の浅草ジャズコンテストで(グランプリだったか準グランプリだったか忘れましたが)活躍なさったと聞いていますが、いやぁ、上手いです。

 

殆どフェイクは入れず(2コーラス目にちょっと入れるくらいでしょうか?)ストレートに歌い切ります。情家さんもそうですが、また違う個性がありますね。とてもクリアな歌いぶりです。発音もいい!伝わって来るものがあります。

 

こういう歌い方はまさに王道だと思うのですが、もしかすると一番難しい歌い方なのかもしれませんね。いろいろあちらこちらにそれたり、またアドリブを利かせたりする歌い方は、ある意味ごまかしが効くところもあります。

 

でもこのように真っ直ぐ歌うことは技術的な事、またそれを越えた何かが必要だと思うのですが、どういうことなのか上手く言えませんがそういう事がはっきりとした違いになって現れてしまうような気がするのです。(なんか偉そうな事言ってるかな(笑))

 

スキャットやフェイクを多用しても、下手なスキャットは聴くに堪えないこともありますし、ストレートに歌うときでも、発音も含めてちょっと聴けない、と言うか、ただ素人がカラオケで歌っているように聴こえてしまったこともたまにはありました。もう一度聴きたい!と思わせて頂きたいね。お金を払ってでも聴きたいと思う歌を歌ってほしいです。

 

MIWOさんはわたしにとってはそういう歌手の一人です。斎藤さんはやはり寝占友梨絵さんの方が好きみたいだなんですが、私はどちらの個性も好きですからランクはつけられないなぁ・・・。

 

等と話しながらこの夜もファーストセットを聴いて帰途につきました。斎藤さんは今日は映画も観てきたようで(短い滞日期間にいろいろ楽しんだようです)疲れ気味かな?家も横浜で遠いしね、私はいつものことで次の日の仕事の為に早く休まねばなりません。

 

また日本に戻るまでしばしのお別れですが、楽しんでくれていたら幸いです。

 

私もゴールデンウイークに突入ですね。ブログもお休みになるかも知れません。皆さまお身体にはお気を付けになり、ゆっくりお休みください。

 カテゴリ:音楽の話

ある週末

CDプレーヤーがダウンしました。トレーが開きません。モーターがいかれたのかなぁ・・・。

20160424_165415

diskと言う表示が出るだけで、どこを押しても表示替れど動かず・・・。

 

中に入っているのは私が自分で作ったCDです。いろんなCDをPCに落として、お好みの曲を20曲ほど、インストにヴォーカルに、邦楽、洋楽、ジャズ、ポップスいろんな曲を組み合わせて作ったお気に入りのCDが取り出せなくなったことが大ショックです。

 

古いPCが壊れてしまい、いっぱい入れたいろんなCDのデータも消えてしまいました。結構時間かかったんですけど・・・、全て消えてしまいました。もうめんどくさくって同じ事をしようとは思っていませんから、このCDはとても貴重だったんですが、なんとか取り出せないかなぁ・・・。

 

今朝有楽町のビックカメラに行ってCDプレーヤーを見てきました。なんか昔より安いのがあるなぁ。ハイレゾも聴けて(範囲は上級機種程広くないけれど)2万円を切るものがありました。ちょっと考えよう。

 

ハイレゾのCD自体持ってませんけど、きっとこれからはそういう時代になるのでしょう。やはり上級機種はかなり値段が張りますね、とても手が届かない。ま、私には必要もありませんけど・・・。

 

今テレビを見ながらこれを書いています。ローマン・ゴンザレスが圧勝しましたが、KO出来ませんでした。10連続KOを続けていたんですが、連続KOがストップしました。それよりも彼の頭の右後ろに円形脱毛症のような10円ハゲがあったのが気になりました。何かあったんでしょうか?

20160424_161402これなんですけど・・・。前からあった?

 

さぁ、これからゴロフキンの試合です。リングアナのマイケル・バファーが「Let`s get ready to rumble~~~!」という有名な彼の決まり文句を叫びました。さて試合を見よう!

20160424_163056ゴロフキン入場。

 

これまた圧勝です。2ラウンドKO、なんと16連続KO防衛です!18戦全勝、IBF世界3位のドミニク・ウエイドに何もさせませんでした。凄い!

20160424_1644141ラウンドのこのテンプルへのパンチでダウン。

 

20160424_1648062ラウンドで仕留めました。

 

村田選手にも、なんとか彼にチャレンジ出来るところまで登って行って欲しいですね。

 

27日には日本最強ボクサーの内山高志選手の試合があります。残念ながら今回も無名の格下選手との試合になりましたが、終わって見なければ何があるかわかりません。取りこぼすことがないことを願っています。そして早く世界の大舞台に立たせて欲しい!彼ももう36歳です。ピークはそう長くはない筈ですからね、なんとかいいマッチメークが出来るといいなぁ・・・。

 

さて、閑話休題、昨夜は小岩コチの行ってきました。晩酌をしているうちに締めにたこ焼きを食べたくなったからです。

 

出演は松島啓二、鈴木央紹、原大力、小林航太朗の豪華メンバーでした。最高でした。やっぱり松島さんは凄い!あの音色と皆を(隣に立つ鈴木さんも「イイェーイ!と小さな声を出していました)「オオォ~~!」と唸らせるフレーズは唯一無二です。

 

コチマスターがいつも絶賛している鈴木さんのテナーもよく鳴ります。大力さんのクリアな音の、激しい、あるいは繊細なドラムも最高!若い小林君、香川さんのように唸りながらソロを弾きます。いいフレーズでお客さんの笑顔を引き出しました。

 

超満員(と言っても20人くらい)のお客さんたちもみんな笑顔。私の仕事と同じですが、あらゆる仕事の大きな目的んじょ一つはお客さんを幸せにすることにある、と私は思っています。このミュージシャンたちはいい仕事をしましたね。「ブラーヴォー!」です。

 

そしていつものようにファーストが終わって家路につきます。(最近コチに行った後の恒例になっていますが)小岩駅前のたこ焼き屋さんでたこ焼き6個入りを買って総武線に乗り込みます。このたこ焼きが食べたくなったから・・・、と言うわけで、この日はコチに行って来ました(笑)。

 

また、話は変わります。今朝起きてテレビをつけると「オクラホマ」と言う古いミュージカル映画をやっていました。聴いたことがある歌を歌っています。そう、「People say we are in love」です。私のもっているステーシー・ケントのアルバムに入っている歌ですが、このミュージカルに使った歌だったんですね。

20160424_082614

 

観ていたら、ロッド・スタイガーが出ていました。懐かしいなぁ・・。

 

そう、ジャズのスタンダードと言われる歌はこのようにミュージカルの為に作られた歌が多いみたいです。コール・ポーターも、この歌を作ったロジャース&ハマースタインもミュージカル作家だったらしいです。ガーシュインもそうだったのでしょう。ミュージカルの中ではオペラのような歌い方ですね。

 

ま、ミュージカルとは言ってみれば「モダンオペラ」のようなものなんでしょうか?昔はみんなこんな歌い方をしていたのでしょう。それがジャズミュージシャンによって多彩な芸術になって行ったと言っていいのでしょうか?

 

さてそろそろ錦糸町のサウナに行こうかな?いつもながら首肩が痛いほどこっています。(まさに首がまわらない(笑))それに加えて背中もガチガチ。と言うのも昨日(土曜日)ゴルフの練習場でドライバーを(普段は7~8発のところ)20発以上打ってしまったからです。

 

私は慢性の腰痛もあり、体力も落ちていますから、普段はせいぜい60個くらい打つだけで終わります。数発ドライバーを軽く打って身体をほぐし、3、6、9くらいのアイアンと3、または5のウッドを数発ずつ計20個くらいのボールを打ちます。そのあと30個くらいアプローチ(ここ数年イップスで苦労しています)の練習をして終わり。それ以上打ったら腰痛が出ます。何百発も打つ人がいるそうですが、その体力と故障のない身体が羨ましい限りです。

 

私の行くメトログリーン東陽町で、その日たまたまPINGと言うメーカーのクラブ試打会をやっていたもんで、ちょっと新作ドライバーを打たせてもらいました。これがなかなかよくって、ついつい多く打ってしまいました。それで疲れてフォームがバラバラになり、そのあとは練習になりませんでした。そして残ったのはガチガチに張った背中、腰です。歳を考えて行動しなくてはいけませんね(笑)。サウナに入ってマッサージを受けてほぐして貰わなければ少々辛い状況です。

 

さて行って来ましょうか、帰ったら真田丸と録画したゴルフ中継をサカナに晩酌して来週の仕事に備えましょう。

 

あと4日でゴールデンウイークです。皆さまお疲れの事と思います。つつがなくお過ごしください・・・。

 カテゴリ:日々のこと

あれ?

あれっ?車の左リアのタイヤのホイールキャップがなくなっていました。

20160423_133016

 

外れて落ちたのなら、音とかで分かるものなんですけど、記憶にありません。

 

こんな古いホイールキャップ一個だけ盗まれることもないだろうしなぁ・・・。

 

なんか間の抜けた感じになっちゃったなぁ・・・。

 

もう十何年も乗っている古い車ですから、カッコがどうこうと言うもんでもないんですけど・・・。

 

ま、いいか。

 カテゴリ:日々のこと

連休の診療・5月2日休診とさせて頂きます。

ゴールデンウイーク中の診療のお知らせです。5月2日(月)は休診とさせて頂きます。他はカレンダー通りに診療致します。宜しくご了承ください。

 

 

 カテゴリ:お知らせ

お花畑

桜が終わるころ、総武線市ヶ谷駅から四ツ谷駅の間の線路沿いにプチお花畑が出現します。

 

雙葉高校のあたりから市ヶ谷にかけての線路沿いの土手です。毎年この時期には朝の電車の左側の窓から一瞬で通り過ぎるこの風景を楽しんでいます。

20160415_142545

 

電車から見ると綺麗に見えるんですけど、上からだとうまく写りませんね。スマホのカメラでは色も綺麗に映らないなぁ・・・。雑草なんでしょうけど、(名前をしらべようとも思いませんが)ラベンダー色って言うんでしょうかね?公園や観光地にあるような綺麗なお花畑とは比べられませんが、野性味のある美しい色です。

 

20160417_124113

 

電車が走り抜ける一瞬しか見られないからじっくり見ている時間もありません。それで余計綺麗に見える気がするのかも知れません。

 

20160415_115532

 

中央線のホーム沿いにも小さなお花畑があります。同じ花ですね。

 

写真を撮ろうと線路沿いの遊歩道を歩いていたら、雙葉の前辺りにこんな花が咲いていました。あの桜並木の遊歩道です。美しいものはあちらこちらにあるものですね。

 

20160415_142439

 

数年前、北の空が大きな悲しみに包まれました。その深い傷がいまだ癒えぬ今、南の大地が苦難に襲われています。言葉がありません・・・。

 

身近なことから離れると、世界中のどこかで常に悲しい出来事が起きているのでしょう。

 

自然の営みは時として理不尽な苦しみを与える事があります。でもこうした名もない草花が私たちの疲れた心を癒してくれることもあります。その中で私たちは生活を全うするのみなのでしょう。

 

だから私はハッピーエンドの映画が好きだし、メジャーコードの歌が好きです。辛くて苦しい事、悲しい事は現実にあるものだけで十分だと思っているのです。

 

20160415_142353

 

 

 カテゴリ:日々のこと, 未分類

松島啓二&岡崎好朗&中村恵介at TUC

4月9日の土曜日、久々に錦糸町楽天地のサウナでのんびりし、マッサージを受け「相変わらず固いねぇ・・」と言われながらほぐしてもらったあと、駅前の日高屋で軽く「ちょい飲み」してから秋葉原へと向かいました。

 

東京TUCのバトルシリーズ、トランペットバトルで一度聴きたかった松島啓二さんと中村恵介くんの共演があったからです。ドラマーの大坂昌彦さんがディレクターのこのシリーズ、今回は上記の二人に加え、岡崎好朗さんとヴァレリー・ポノマレフさんの4人の実力者の豪華共演です。

 

バックのリズム隊にはずっと日本で活動しているパット・グリン(b)、ジョナサン・カッツ(pf)、そして大坂昌彦さん(dr)のお馴染のメンバーでした。

20160409_172808

 

前回のギターバトルに比べると少し淋しい客席でしたが、それでも演奏がスタートしてから徐々に埋まって行きましたね。今回は補助席でなかったのでビールをテーブルにおいて心置きなく拍手することが出来ました(笑)。

 

まずは三人の日本人トランペッターの共演から始まります。大坂さんのMCによると、大坂さん以外は皆カッツさんのビッグバンドのメンバーだそうで、勿論他でもよく共演している筈ですが、気心の知れた、またお互いを尊敬し合う仲間のようです。でもこういう複数のトランペッターを主役にしたライブはなかなか興味が湧くところです。

 

三人そろってやってから一人ひとりのソロ、バトルなどと続いて行きました。いやぁ・・・、やっぱり松島さんのトランペットは最高だわい・・・。一日の長があると言うか(そんなもんではないかな(笑))なんというか・・・。ほんとにカッコよく、美しい音楽を奏でる人ですねぇ。相変わらず素晴らしい!の一言です。

matusima松島さんはいつもキャップです。

 

中村くんは初めはちょっとノリきれない感じでスタートしましたが、少しづつ彼のパワフルな迫力あふれるフレーズが出始めました。ソロのステラバイスターライトでは大きな拍手を受けました。

naka

 

岡崎好朗さん、実は先日ゴルフの練習の帰りに明治通りと葛西橋通りの交差点あたりで彼が自転車で信号待ちしているのを見かけました。(彼は江東区出身だそうですが、今も地元在住なんでしょうか?)お子さんと一緒だったかな?ただのオジサンでしたが(笑)、こうしてスーツを着て素晴らしい演奏をしている姿にはオーラがありますね。

oka

 

ベテラン、若手を代表する二人と共演するいつも落ち着いた雰囲気の岡崎さんの演奏は今までよりも気合が入っているように感じます(私の思い込みかもしれませんが・・・)。三者三様とはよく言ったもので、まさに三人の違う個性が感じられる素晴らしいバトルだったんじゃぁないでしょうか?

 

三人のリズム隊もそれぞれソロをとりますが、決してフロント(主役)の邪魔をせず短いソロで締めます。しかしその短いソロに素晴らしいグルーヴ感を盛り込み、それがまたお客さんと一緒にこのステージを盛り上げましたね。そう、ピアノもリズム隊です。

osaka jona pat

 

どんどん盛り上がって行くうちにファーストステージ最後の曲になりました。ここで大坂さんがゲストのポノマレフさんを紹介し、呼び込みます。

 

本当にジャズに詳しくない私はこの人の事をなったく知りませんでした。なんでもアートブレーキーのバンド(ジャズメッセンジャーズ)のレギュラートランぺッターとして活躍されていた超有名なトランぺッターなんだそうです。小さな小父さんでした。

vareもうちょっと歳をとっていました(笑)。

 

小さな体ですが、美しく、強い音で三人の若手と強烈なハーモニーを奏でました。三人の演奏を聴いてうずうずしていたんじゃないかな?ちょっとマイクのヴォリュームを気にしていましたが、さすがのソロも聴かせてくれました。

 

素晴らしいステージに、ビール一本で済まそうと思っていたのに・・・、ついついマッカランのロックをダブルで頼んでしましました。明日は日曜なのですが・・・、これ以上いると飲み過ぎてしまいます。きっとセカンドはもっと盛り上がったんだろうなぁ・・・(泣)。凄いバトルになったかも・・・。

 

いいライブでした。

 カテゴリ:音楽の話

季節は巡って

またマスターズの季節になりました。

 

今年は今までにない強風にスコアを崩す選手が多く、三日目を終えてアンダーパーが4人しかいないと言う、まるでUSオープンのようなロースコアの勝負になっています。

 

そしてその上位4名の中に日本の松山選手が入っています。また58才のベルンハルト・ランガー選手が3位タイで松山に並ぶと言う面白い展開です。明日の最終日、楽しみです。

 

土曜(昨日)の朝、早く目が覚めてしまい、生中継でマスターズを見ていました。今年でマスターズから引退するトム・ワトソンが映っていました。

20160409_063144

 

65歳くらいだったかな?(調べたら66歳でした。私より三つくらい上かなと思っていたのですが)最終ホールの465ヤードのパー4のセカンドショットをクリーク(5番ウッド)でグリーンに乗せて来ました。他の若いプレーヤーたちはこのホールのセカンドを7番とか8番アイアンで打って来ます。その違いが彼に引退の決意をさせたようです。

 

数年前に引退したゲーリー・プレーヤーはウッドでもセカンドが届かなくなるまで頑張ってマスターズから身を引きました。

20160409_062847 (1)

18番のグリーンに向かうワトソンを大観衆がスタンディングオベーションで迎えます。

 

思えば今回初めてアーノルド・パーマーがオナラリースターターを辞退しました。往年のビッグスリー、パーマー、ニクラウス、プレーヤーがマスターズ初日のオナラリースターターを務めて来ましたがパーマーはもうゴルフクラブを振ることも難しくなったようです。こうして時代は変わって行きますね。

20160409_063018 (1)

ワトソンを迎えようとジェントル・ベンとして知られるハーヴィー・ペニックの秘蔵っ子、ベン・クレンショーがマスタ-ズウイナーの証であるグリーンジャケットを着て待っていました。

 

20160409_063118 (1)

グリーン上でも大拍手で迎えられます。

 

20160409_063139そして最後のパットのボールを拾い上げます。

 

たった今ワトソンのマスターズ挑戦が終わりました。

20160409_062937

 

若き日のワトソン

tomu

 

今日父母の墓に行って来ました。桜が葉桜に変わりつつある中、

20160410_111417

 

藤のつぼみが成長しています。

20160410_111442

 

こうしてまた季節が巡って行きますね・・・。

 

20160410_111453

 

季節が巡り、時代が変わって行きます・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと

続・お花見

日曜日、野暮用があり四ツ谷に来ました。帰りに靖国通りを通ると・・・。

 

20160403_133147

 

曇り空の下・・・

 

サクラ、サクラ

 

20160403_133221

 

靖国神社から千鳥ヶ淵にかけて人の波・・・、写真を撮っている人も多々・・・。

今年も無事桜をめでる事が出来ました。今週末には神田川は桜川かな・・・?

 

20160403_133418

 

来年も無事に桜の季節を迎えられることを祈っています。

 カテゴリ:日々のこと

お花見・2016

4月2日の土曜日、3人の友人と花見に出かけました。

まずは御覧あれ。

20160402_121256

 

20160402_102437

八分咲きくらい?

20160402_133048

うす曇りで残念でしたが・・・。

20160402_124815

桜の前の砂場になぜかオレンジ色のボールが・・・。

20160402_124844あれ?ゴルフしてる人がいるぞ・・・。

 

20160402_091330ここにもいた・・・。

 

20160402_091352

可愛い女性を引き連れているじゃぁないか・・・。

20160402_122852

Os君がこの花の名前を教えてくれたけど、もう忘れてしまった(笑)。

20160402_121326ここにもゴルファーが・・・。

 

20160402_083305

「桜の下のチャンド」

20160402_115017

 

あ、チャンドプロがいる!もしやここは船橋カントリー倶楽部?

 

20160402_081116

(この人はチャンドプロではありません。)

と言う訳で船橋カントリー倶楽部でのお花見ゴルフでした。

20160402_080630今日のキャディは研修生の布川さんでした。

我々が曲げまくったボールを左右に全力疾走で探してくれました。とてもかわいい素敵な女性です。プロテストを控えている彼女にトレーニングさせてしまった私たちです。多分これから始まるプロテストを受けるんだろうと勝手に思っているのですが、必ず受かることを祈っています。長い辛いプロテストですが・・・、頑張れ!

20160402_083231

この桜のように花開け・・・!かな?

 カテゴリ:日々のこと

新原歯科医院TOP > 院長ブログ