新原歯科医院

院長ブログ

松島啓二&岡崎好朗&中村恵介at TUC

4月9日の土曜日、久々に錦糸町楽天地のサウナでのんびりし、マッサージを受け「相変わらず固いねぇ・・」と言われながらほぐしてもらったあと、駅前の日高屋で軽く「ちょい飲み」してから秋葉原へと向かいました。

 

東京TUCのバトルシリーズ、トランペットバトルで一度聴きたかった松島啓二さんと中村恵介くんの共演があったからです。ドラマーの大坂昌彦さんがディレクターのこのシリーズ、今回は上記の二人に加え、岡崎好朗さんとヴァレリー・ポノマレフさんの4人の実力者の豪華共演です。

 

バックのリズム隊にはずっと日本で活動しているパット・グリン(b)、ジョナサン・カッツ(pf)、そして大坂昌彦さん(dr)のお馴染のメンバーでした。

20160409_172808

 

前回のギターバトルに比べると少し淋しい客席でしたが、それでも演奏がスタートしてから徐々に埋まって行きましたね。今回は補助席でなかったのでビールをテーブルにおいて心置きなく拍手することが出来ました(笑)。

 

まずは三人の日本人トランペッターの共演から始まります。大坂さんのMCによると、大坂さん以外は皆カッツさんのビッグバンドのメンバーだそうで、勿論他でもよく共演している筈ですが、気心の知れた、またお互いを尊敬し合う仲間のようです。でもこういう複数のトランペッターを主役にしたライブはなかなか興味が湧くところです。

 

三人そろってやってから一人ひとりのソロ、バトルなどと続いて行きました。いやぁ・・・、やっぱり松島さんのトランペットは最高だわい・・・。一日の長があると言うか(そんなもんではないかな(笑))なんというか・・・。ほんとにカッコよく、美しい音楽を奏でる人ですねぇ。相変わらず素晴らしい!の一言です。

matusima松島さんはいつもキャップです。

 

中村くんは初めはちょっとノリきれない感じでスタートしましたが、少しづつ彼のパワフルな迫力あふれるフレーズが出始めました。ソロのステラバイスターライトでは大きな拍手を受けました。

naka

 

岡崎好朗さん、実は先日ゴルフの練習の帰りに明治通りと葛西橋通りの交差点あたりで彼が自転車で信号待ちしているのを見かけました。(彼は江東区出身だそうですが、今も地元在住なんでしょうか?)お子さんと一緒だったかな?ただのオジサンでしたが(笑)、こうしてスーツを着て素晴らしい演奏をしている姿にはオーラがありますね。

oka

 

ベテラン、若手を代表する二人と共演するいつも落ち着いた雰囲気の岡崎さんの演奏は今までよりも気合が入っているように感じます(私の思い込みかもしれませんが・・・)。三者三様とはよく言ったもので、まさに三人の違う個性が感じられる素晴らしいバトルだったんじゃぁないでしょうか?

 

三人のリズム隊もそれぞれソロをとりますが、決してフロント(主役)の邪魔をせず短いソロで締めます。しかしその短いソロに素晴らしいグルーヴ感を盛り込み、それがまたお客さんと一緒にこのステージを盛り上げましたね。そう、ピアノもリズム隊です。

osaka jona pat

 

どんどん盛り上がって行くうちにファーストステージ最後の曲になりました。ここで大坂さんがゲストのポノマレフさんを紹介し、呼び込みます。

 

本当にジャズに詳しくない私はこの人の事をなったく知りませんでした。なんでもアートブレーキーのバンド(ジャズメッセンジャーズ)のレギュラートランぺッターとして活躍されていた超有名なトランぺッターなんだそうです。小さな小父さんでした。

vareもうちょっと歳をとっていました(笑)。

 

小さな体ですが、美しく、強い音で三人の若手と強烈なハーモニーを奏でました。三人の演奏を聴いてうずうずしていたんじゃないかな?ちょっとマイクのヴォリュームを気にしていましたが、さすがのソロも聴かせてくれました。

 

素晴らしいステージに、ビール一本で済まそうと思っていたのに・・・、ついついマッカランのロックをダブルで頼んでしましました。明日は日曜なのですが・・・、これ以上いると飲み過ぎてしまいます。きっとセカンドはもっと盛り上がったんだろうなぁ・・・(泣)。凄いバトルになったかも・・・。

 

いいライブでした。

  カテゴリ:音楽の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > 松島啓二&岡崎好朗&中村恵介at TUC