新原歯科医院

院長ブログ

デンタルフロス

先日、ネットを見ていてたまたまあるアメリカのサイトに入りました。ある研究によると、「フロスの使用は虫歯や歯周病の予防にとても効果があるとわかっているにも拘らず、アメリカ人の32パーセントはフロスを使っていない。残りのうち37パーセントは使ってはいるが毎日ではない・・・、これは少し少なすぎるではないか・・・。」とアメリカ市民のフロス使用率の低さを嘆くような論調の記事でした。

 

その記事から読み取ると、「アメリカ人の31パーセントは毎日しっかりフロスを使っている。」「また37パーセントは毎日ではないが時々フロスを使っている。」「全く使わないのは31パーセントにしか過ぎない。」と、私なら思うところです。

 

日本人のフロス使用率を調べてみると、およそ20パーセント程・・・、と言われているようですが、私の感覚ではもっと(それもかなり)低いように感じます。糸ようじを含めてもそれほどは行かないと思えるのですが・・・。歯医者でもそんなに使っているのやら・・・?

 

患者さんと話していても、毎日フロスを使っている、と言う患者さんは数パーセントくらいです。それも正しく使えているか?と言うと少々あやしいところがあります。患者さんに実際に使い方を指導すると、殆どの方が「えぇ!そんなに何回もやるんですか?」と驚きます。ま、ちょっと歯間を通すだけでも何もしないよりはいいですけど・・・。

 

日本とアメリカ(スエーデンもかなり高い使用率、51パーセントとか・・)のこの意識の差は(決して驚きませんが)悲しい限りではないでしょうか?私たちの努力不足もかなり大きな要素であることは間違いありませんが、それだけではないですよね。

 

定期検診に必ず行く方々の率も恐らく日本はかなり低いと思われます。予防によって自分の歯を守ることが出来る、と言う事をもっともっと広めて行かなければいけないと強く感じますが、なによりも患者さん自身にも自分の歯、健康を守る意識を強く持ってほしいと思っています。

20160610_175056

 

口腔の健康に関しては、自分を守れるのは自分自身の力が大きい分野です。頑張って下さい!残念ながら私たちの力では大したことは出来ません。私たちにも誰にも悪くなった歯を元通りに戻すことは出来ないのですから・・・。

  カテゴリ:よもやま歯なし

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > デンタルフロス