新原歯科医院

院長ブログ

塩田哲嗣セッション・御茶ノ水ナル・3/4/2017

塩田さんんもセッションを聴きに御茶ノ水に行って来ました。着いたのは8時20分ころ、もう1セット目半分近く終わっていたかな?ほぼ満員の客席でしたが、相席で入れてもらいました。

 

 

もうすでに盛り上がっていました。私もすぐに騒ぎ始めます(笑)。ベースの塩田さんとドラムの大槻カルタ英宣くんをバックにアルトサックスの纐纈歩美さん、バイオリンの牧山純子さんがフロント、そしてピアノは栗林すみれさん、と言う、いわば美女と野獣セッション(失礼!(笑))。

 

 

塩田さんは後ろから声もかけながらどんどん盛り上げていきます。時々太い音ですが、お茶目なフレーズも繰り出し、また盛り上がります。彼のセッションはいつも楽しくって好きだなぁ。

 

栗林さんは最近人気急上昇、と言っていいんでしょうね。若いけど、自分のスタイル、というか、そういうものを感じさせる、良くスィングする素晴らしいピアニストですね。リーダーライブではないこの夜は、バックではリズム隊に徹しながらもいいフレーズで味付けします。

 

ソロでは栗林節(若い彼女にもっといい言葉があるだろうに(笑))がさく裂します。

 

 

牧山さんはここに出るのは初めて見ましたが、情熱的な激しいソロで盛り上げました。大歓声に包まれて、笑顔でお辞儀をして応えました。塩田さんも大喜び、お客さんも大満足です。

 

 

纐纈さんは小岩コチで何度か聴いたことがありますが、椎名さんとよく出ていましたが、今はレギュラーでいろんな人とコラボしてますね。1セット目は今一乗り切れていないように感じましたが、お客さんは大きな拍手で称えていました。

 

 

大槻くんはリズム隊に徹して支えていた1セット目でしたね。きっと2セット目には彼の激しいドラムソロが聴けたんだろうな・・・、纐纈さんもノッテ来たんじゃないかな?等と思いましたが、私はいつも通り「ファーストの男」で御座います(笑)。還暦を越えてから、年毎に体力の衰えを感じる今日この頃、肉体労働の私は夜は早寝しないと身体が持ちませんのです(泣)。

 

リタイアしたら、思う存分最後まで聴いて行こうと今から考えておりますよ(笑)。大拍手のに包まれてステージを降りるミュージシャンたちを横目にチェックアウト。いつものようにスタッフのマスダ君の「有難うございます!」と言う元気良い挨拶を背に感謝の思いを心に秘めて階段を昇るわたくしでした。こちらこそ「ありがとう!」おやすみなさい・・・・・。

  カテゴリ:音楽の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > 塩田哲嗣セッション・御茶ノ水ナル・3/4/2017