新原歯科医院

院長ブログ

パットイズマネー

先週の全英オープン最終日、録画していたものの、朝起きてニュースで結果を知ると、さほど見たいとも思わずほおっておいた。

 

消去する前にちょこっと見てみるか?と再生してみた。

 

やっぱりすごいや・・・。思わず「わぁぉ~~~!」と声が出てしまう世界一のゴルファー二人の大接戦だった。

 

話題になっていた練習場からのショットも見た。ルールを最大限に活用する。そして時間を使う事に躊躇せず、最高の結果を求める姿勢が見えた。まだ24歳とは思えぬ落ち着きぶりだ。日本人だとビビりそうな気がする。(松山選手なら大丈夫かな?)

 

スピース選手は14番からの4ホールでバーディー3、イーグル1。ロングパットをこともなげに決めて来る。「うわぁぉう~~~!」である。

 

 

スピースを追うクーチャー選手はこんなバンカーショットを強いられた。

 

 

最終ホール、この長いバーディーパットはあわや、入るか?と思わせる素晴らしいパットだった。さすがに外したが、ピタリとOKの距離に寄せて来た。

 

 

ほぼ優勝を確定してキャディーと笑顔で語り合うスピース選手。

 

 優勝が決まりキャディーと抱き合います。

 

 惜しくも2位となったクーチャーとハグ。

 

 

スコアカード提出所に向かう道筋には、ファウラー、トーマス、ジョンソン等が待ち受けていてスピースを祝福した。

 

 

凄い大観衆。この一週間で延べ25万人が観戦に訪れたとか・・・。日本の男子ツアーの一年間の総観客数は35万人ほどだとか。残念ながら差は広がる一方のようだ。

 

トッププレーヤーはショートゲームが素晴らしい。「Putt is money」と言う言葉は正しい、と実感させられた最終日最終組のプレーだった。

 

私もショットはそれほど悪くないんですが・・・(笑)。でもパットの練習は腰に悪いからなぁ・・・、と言い訳に走る私です。(笑)

  カテゴリ:スポーツの話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > パットイズマネー