新原歯科医院

院長ブログ

アーカイブ: 10月 2017

ブルームーンカルテットat浅草ハブ

先週の台風上陸直前の19日の木曜日、久しぶりに浅草HUBに寄って来ました。ブルームーンカルテットのライブです。雨風が強くなりそうな夜、あまり混まないだろうな?と思っていたら・・・、スタート時間近くになると、どんどんお客さんが詰めかけて来ました。演奏が始まってもまだ入って来ます。ほぼ満席に近い状態です。いやいや、大したもんだわい。

 

 

トランペット、コルネット奏者の黄啓傑さんがリーダーなのかな?素晴らしいトランペッターです。よく中村恵介くんとも共演してるみたいですが、このバンドでの富永寛之さんのウクレレとのコラボは最高です。

 

HUBらしく、客席では聴きながら、飲みながら、食べながら、話しながら、と言った感じで、いつものようにややざわついていましたが、4人の素晴らしい演奏にいつの間にか皆さん聴き入り始めました。このお店ではちょっと珍しいかも・・・。それだけ熱の入った演奏に私もついつい声が出てしまいます。

 

いつもの、会話などの喧騒感はなく、演奏への声援拍手があちこちから湧き上がっていました。そうなるとミュージシャンたちもノッテ来ます。いつも笑顔の富永さんの素晴らしいウクレレソロに客席が湧き、他のミュージシャンも笑顔で声をかけます。

 

 

ドラムの木村純士さんが歌を披露します。ちょっとユーモラスな(ま、違った意味でお上手なボーカルでした(笑))歌いぶりに、拍手、歓声、そしてお客さんたちの笑顔を呼びました。

 

ベースの工藤精さんもカッコいいソロを聴かせてくれました。彼はいろんなメンバーとライブしてますね。他でも何度かストレートなジャズを聴いたことがあります。

 

何と言っても黄さんだな。静かに始まりましたが、ノッテ来るにつれてパワフル、いいフィーリングのフレーズでお客さんを沸かせました。

 

 

最後には立ち上がって・・・。

 

 

あまりニューオリンズジャズの事は知らない私ですが、最後の「懐かしのニューオリンズ」と「スィートジョージァブラウン」は大好きな歌です。カッコよく決めてくれて、大満足!歓声に包まれた1セット目が終わると、席を立ちます。

 

と、隣のテーブルにいたお客さんが「もう帰っちゃうんですかぁ・・?」と話しかけてくれました。その方も私の後ろで声を出して声援を送られていましたから、盛り上げ隊仲間が帰るのが名残惜しかったのかな(笑)?

 

でも、本当に体が弱って来た私です。早く寝ないと次の日が辛い!(泣)「身体弱いんで・・・、スミマセン」と声をかけておいとましました。またきっと聴きたいコルネットとウクレレでした。

 

 カテゴリ:音楽の話

七G幹事会・10/23/2017

先月の七G会優勝のAn幹事長他幹事団プラスアルファが両国に参集しました。Ed世話役御用達、いつもの「美うら」さんです。

 

Gtくんと四ツ谷で待ち合わせ、「美うら」さんに6時半頃到着、既に全員到着していました。

 

 

着いてビールを頼む間もなくEd世話役が「はい、じゃぁこれで幹事会終了します、これからは懇親会です!」と声を掛けました。丁度いいタイミング(?)で入ったぜぃ(笑)。私もGtくんも感じではありません。ただ飲み会に参加するために来ました(笑)。

 

料理も運ばれて来ます。トビウオと鯵の干物が絶品でありました。このサイズの小さな鯵は「ジンタ」と言いますが、釣りたてのジンタを一夜干しにしたものを軽くあぶって頂きますと、もう頭から丸かじりで本当にに美味い!

 

手前はトビウオ、この小さいサイズは何て呼ぶんだろう?美味かったです。

 

ゴルフを再開する前は私はGtくん、Osくん、Hwさん、Otくん、今は亡き清水くんらと毎月船釣りに行っていた釣り人でした。

 

 

 

 若々しいGtくん。

 

あの頃、保田の東丸や、他の釣り船でアジ釣りをした後に、自分で捌いて一夜干しにして食べた小鯵の干物は美味かったなぁ。思い出しました。

 

 

相変わらず素敵な若女将、この夜もIf君のタッチ攻撃に会っていました。いつも申し訳ありません。料理の素材もさることながら、この笑顔のおもてなし、楽しい同期の仲間との空間が味を引き立て、酒を美味くしてくれるんです。

 

 

今日も元気な音楽部長、この日は新加入のKs夫人(旧姓Ydさん)を前に、いつにもまして元気でした(笑)。見えませんが彼のポン友、ハンディキャップ委員長は渋い顔。次回の二次会会場は貸し切りでないため、他のお客さんにご迷惑をかけないようにしたいのですが、音楽部長はじめ、どうしても歌いたい連中が押し切りそうな雰囲気だからです。Om君の気持ちもわかるから、微妙に同情してしまいます(笑)。

 

 

次回コンペには新たにKiさんも加わります。また楽しい会になる事でしょう。私同様幹事ではないGt君が今回の幹事会に参加しました。今年は日程が合わず一度しかコンペに出れませんでした。せめて飲み会に・・・、そして来年3月の七G会には絶対参加すべく、早くも次々回の日程を決めてもらうためでしょう。彼に合わせて次々回の日程も決定してしまいました。みんな忙しいから大変です。

 

 

この日もうまく仕切ってくれた世話役です。この会のほかにも幾つもこういったコンペの世話役をして大忙しのEd君いつもお世話になります。彼のお蔭で皆楽しい時間を過ごすことが出来ます。また宜しくお願いしたいものです。

 カテゴリ:日々のこと

How deep is the ocean

アーヴィング・バーリン(Irvine Berlin)が1932年に作った曲だそうです。この歌を作った当時、バーリンは公私ともに辛い状況にあったそうですが、この歌と「Say it isn`t so」が大ヒットしてトップシーンに戻ったと言う事がウイキペディアに書いてありました。

 

もう20年以上前、銀座の山野楽器でCDを眺めていた時に店内でかかっていた曲が気に入って買ったデューク・ジョーダンの「Flight to Denmark」と言うアルバムに入っていました。

 

 

ジャズを聴くようになったきっかけの一つのアルバムでした。勿論インストのみでしたから、この「Ho deep is the Ocean」もインストの曲だとず~っと思い込んでいました。歌だったんですね(笑)。

 

大ヒットしたそうですが、有名な人はみな歌っているみたいです。インストでもチャーリー・パーカーやマイルス・デイヴィスなんかもレコーディングしているそうですね。

 

元々の歌詞は・・・シナトラもサラも、ダイアナ・クラールも(マーヴィン・ゲイやエリック・クラプトンさえも)歌っていますが、

 

How much do I love you・・・♪ I tell you no lie・・・♪

How deep is the ocean・・・♪ How high is the sky・・・♪

と、続きますが、ペギー・リーはこの2行を逆に歌っています。これも中々いい味だと思う私です。

 

ペギー・リーのバージョンです。

 

How deep is the ocean?・・♪・・・How high is the sky?・・♪

海はどれだけ深いんだろう?  空はどれだけ高いんだろう?

How much do I love you?・・♪・・・I tell you no lie・・・♪

私はどれだけ貴方を愛しているんだろう?  貴方に嘘はつかない・・・

 

How many times a day, do I thnk of you?・・♪

一日に何回貴方を想うんだろう?

How many roses are sprinkled with dew?・・♪

どれだけのバラが露に濡れるんだろう?

 

How far would I travel?・・♪・・・to be where you are・・・♪

どれだけ遠くまで旅をすればいいんだろう? 君のいるところにたどり着くために

How far is the journey?・・♪・・・from here to a star・・・♪

この旅路はどれだけ遠いんだろう? ここからその星に行くために・・・

 

And if you ever left me(if I ever lost you)・・♪・・How much would I cry?・・♪

そしてもしもあなたが私を捨て去ってしまったら、私はどれだけ泣き続けるんだろう?

How deep is the ocean?・・♪・・・How high is the sky?・・・♪

海はどれだけ深いんだろう? 空はどれだけ高いんだろう・・・?

 

下から2段目のカッコ内は元の歌詞みたいです。ペギー・リー以外は

「貴方を失ったら・・・?」と歌っています。

 

I tell you no lie・・・♪ の部分以外は全て疑問文になっていると言うことが、この歌に関してはよく語られるようです。

 

シンプルだけどいい歌だなぁ。メロディーもちょっと物悲しい美しいものだから、インストでやってもとってもいい演奏に繋がりそうですね。

 

残念ながらライブで聴いた記憶がありません。一度聴いてみたいものです。。

 

 カテゴリ:音楽の話

Emilyライブ・Body&Soul・10/16/2017

急に寒くなりました。この秋初めて薄いコートを着て小雨ぱらつく中、表参道駅から歩きました。

 

 

鹿児島在住でなかなか聴く機会のないEmilyさんのライブです。いつも彼女の後ろにいる金子雄太さん、私の中では日本一のギタリスト荻原亮さん、キレのいいドラムをたたく吉岡大輔さんの3人がバックとあって、これは聴かずにはいられませんね。

 

演奏が始まる少し前に到着、寒い雨の中いらした大勢のお客さんが楽しそうに歓談中。ミュージシャン達を待つ楽器が空気を盛り上げるかのように見えます。なんか小さなオルガンだなぁ。

 

 

思えば私がジャズを聴き始めた15~6年前、小岩のコチや銀座スィング、スィングシティーなどでライブを聴く様になりました。その頃から荻原亮さんや、吉岡大輔さんはよく聴いていました。金子雄太さんのオルガンは御茶ノ水ナルで聴いて、「うわぁ!カッコいい!」と思ったものですが、今見ても全く変わらず若いように感じますが、彼らもすっかり中堅どころになりました。

 

 

さてミュージシャンが出て来ました。亮くんは今でもよく聴きますが、吉岡さんはあまりコチに出演しなくなってるし、金子さんにしても私の行動範囲に中々来ないので、久しぶりです。

 

 楽譜を揃えていよいよ始まり、始まり!

 

インストで1曲。やっぱりオルガンはカッコいいなぁ・・・。吉岡さんも相変わらずキレのいいドラムで痺れます。皆さんまだ暖まっていないようですが、流石のプレーじゃないでしょうか?

 

直ぐにEmilyさん登場したと思ったらなんとピアノの席に座りました。おぉ、弾き語りだ!あまり彼女の事を知らない私にはサプライズでしたが、そつなく1曲目をこなしました。そして中央に出て来て巧くアレンジされたチーク・トゥ・チーク、カッコよかったなぁ。

 

 

MCも上手です。とびっきりのはち切れんばかりの笑顔が素敵な、本当にキュートな女性です。それだけでもこの寒い夜の空気が暖まります。ミュージシャンたちにも笑顔が出て来ましたね。怖い顔してた吉岡くんまで笑顔で楽しそうに叩きはじめました。

 

 

私の座った席の上にあるランプ・・・。なんかカッコイイなぁ・・・(笑)。素晴らしい演奏は私たちの感受性をも高めるのかも知れないな(?)。

 

テイク・ファイブも歌ってくれました。私の友人の山崎くんがよく話してくれます。「高校の時にラジオから流れて来た「Take 5」を聴いて、なんてカッコいいんだろう!と思った。」それからずっとジャズの大ファンになったと言う山崎くんです。歌うのはかなり難しそうだけどなんなくこなすEmilyさんでした。

 

写真撮るの下手で残念!美しい顔が見えんぞ(泣)。

 

カズーを使ってアドリブしたり、スキャットを挟んだり、バックのミュージシャンとのコラボも最高です。どんどん盛り上がって、みんないいフレーズを生み出して行きました。バックの素晴らしい演奏にEmilyさんの素晴らしい笑顔が弾けます。いい雰囲気だなぁ。

 

グルーヴィーな「Feel Like Making Love」、そしてしっとりと「ウイスキーはお好きでしょ?」あっという間に1セット目が終わってしまいました。最近とみに身体が弱くなってきている私はもう帰って休まねば・・・。レジで支払いしてたら出入口の横でEmilyさんが帰るお客様に丁寧に挨拶していました。私も握手して頂きまして嬉しかったです(笑)。是非また早く東京に来てほしいです。

 

それにしても最近カズーを使うシンガーをよく見ますね。流行ってるのかなぁ?チャイチーの二人とか、寝占さんも使ってました。最近はいろんな形のカズーがあるんですね。昔フォークシンガーたちがよく使ってたんだけど、これジャズにもいいかもしれないね。スキャットの代わりにカズーでアドリブをやったり、掛け合いをしたりとても楽しく聴かせてもらいました。

 

 昔はこんなのしか見なかったけど・・・。

 

 今はこんなのとか・・、

 

  こんなのとか・・・、いろんなのがあるみたい。昔からあったのかな?

 

聴いて、「ア、カズーじゃん・・・、」とか思わされます。僕も買ってみようかなぁ?人が持ってるとすぐに欲しくなる私でした(笑)。

 

 カテゴリ:音楽の話

日本オープンゴルフ・2017・二日目、ハニカミ王子轟沈!

ハニカミ王子がカットラインにはるか及ばぬスコアで予選落ちしてしまいました。完全に輝きが失われてしまったしまったんでしょうか?

 

良くも悪くも注目を集める石川遼選手です。なんとかもう一度輝きを取り戻してほしいものです。日本の男子ゴルフツアーの将来にも影響してくる彼の不調ですね。

 

予選の二日間は平日にもかかわらずかなりの観客が押し寄せたそうですが、殆どは彼の組に付いていたようです。明日からの決勝ラウンド、あまり観客数は望めそうもありませんね。

 

 こんな時もあったんですが・・・。

 

まだ若い!必ず復活してくれることを期待しています。

 

池田勇太選手が首位、石川選手の後輩の浅地洋佑選手が2位タイと好位置につけています。小平選手は6位タイと好選手が上位にいます。いいトーナメントになりそうですが、石川選手が残っていればなぁ・・・、もっと盛り上がったんでしょうね。ま、正直言って・・・、日本男子ツアー、あまり魅力を感じないものなぁ・・・。若い選手たちの奮起を期待します。頑張って頂戴!

 カテゴリ:スポーツの話

空を飛ぶ夢

なんだか変ちくりんな夢を見た。夢っていうのはそういうものだけど、どんなに変なシチュエーションでも、夢の中では全く変に思わないことが多い。

 

車を運転していた筈なのにいつの間にか自転車に乗ってたり・・・、何故か家の中からゴルフのティーショットを打とうとしている自分が、おかしいとも何とも感じない。

 

夢が覚めて初めて変な夢だったなぁ・・・、なんて思うものだ。大地震の夢を見たときには、夢から覚めて本当にほっとした。

 

楽しい夢を見たときには、あぁ、もっと寝ていたかった・・・、と思うし、嫌な夢の時には、あぁ、夢で良かった・・・、と思う。

 

今までに何回か、「これちょっと変だぞ・・・、夢なんじゃないか?」と夢の中で思ったことがある。そして「あ、やっぱり夢だよ!」と気づいたことが何度かある。

 

もしかして、夢か?と思った時に私は空を飛んでみるんだ。念を込めて、「身体よ浮け!」と思った時に身体が浮いて、空を飛ぶことが出来れば私は夢の中にいる。映画の「マトリックス」を考えた人もそういう経験があるんじゃないかな?なんて思ったりする。

 

昔、空を飛んでいる夢を見たことがあって、それはそれは爽快だった。本当に気持ち良くって、だから夢かな?と思った時には空を飛んでみるんだ。スーパーマンではなく、ピーターパンのようにね。

 

子供の頃に観たディズニーの漫画映画は本当に面白かったし、夢があったなぁ。あの頃はアニメとか言わなかったし。中でも「ピーターパン」と、東映動画の「西遊記」はもう一度見てみたいなぁ。

 

 

まだほんのちょっぴり子供心も残っているのかも知れないな(笑)。

 

 カテゴリ:未分類

Ema with 菊池太光トリオat Naru・10/4/2017

御茶ノ水ナルにお邪魔しました。ボーカルのEmaさんが菊池太光トリオをバックに歌います。7時半少し前に到着、なかなか始まらないので聞いてみたら、この夜は2回ステージだとのこと・・・、45分スタートです。

 

のんびりと10月のスケジュールを眺めながらマーティーニをチビリチビリ・・・。ステージ前のカウンター以外はかなりお客さんで埋まって来ました。さて菊池太光トリオのインストの演奏がはじまります。2回ステージならトリオの演奏もたっぷりと聴けそうです。

 

1曲目から弾けました!ベースには千北祐輔くん、ドラムは吉良創太くんと言う若いトリオですが、イキのいい演奏で喝采を浴びます。菊池くんはいつも素晴らしいアドリブで私に声を出させますね。音色も綺麗だけど、ユニークな音使いにはいつも心を動かされます。

 

以前、ボーカルの情家みえさんのブログに綴ってあったのですが、リディアン(実は私はそのライブを聴きました)でのライブの時に、菊池くんが「みえさん!覚えて来ましたよ!」と言ってきたそうです。何を覚えてきたのかと思ったら・・・、なんとその日に情家さんが歌う予定の曲のヴァースも歌詞も全部覚えて来たんだとか・・・。

 

情家さんも「この人は只者じゃぁないなぁ・・・」と思ったそうですが、そういう準備が素晴らしい演奏にも繋がっているのかも知れませんね。

 

1曲目が終わって、嬉しそうにマイクを取り、「いやぁ、なんの打ち合わせもしないでやったんですけど、二人がすごく上手く対応してくれたんで、気持ちよく弾けました。」と話していました。

 

へぇ~、そうだったんだ・・・。演奏する曲を個性的にアレンジして、リハーサルをしっかりやってライブに臨むことを好むミュージシャンもいます。それはまた素晴らしい音楽を提供してくれますが、ど素人の私には、正直良さが伝わって来ない・・・というより、難しくて解らない事が多いかも・・・(あまり音楽の素養の無い悲しい私です)。

 

でもこういう、なんというか出たとこ勝負のような演奏は好きだなぁ・・・。まさにジャズを感じます。そういった素晴らしい演奏が数曲続いて私も声が大きくなって来た頃に、さてEmaさん登場しました。(この日は他のお客さんもかなり盛り上がっていたので私の声も目立たずに良かった・・・、かな(笑)?)

 

 

初めて聴いたのはもう4~5年前になるでしょうか?子供のころからミュージカルなどに出演していたそうで、歌は上手でしたね。でも、ここのところどんどんジャズボーカリストらしくなって来たように思います(なんてえらそうな事を言ってしまいます(笑))。

 

 

初めて聴いたころは割とストレートに歌っていましたが、いやいや中々どうして、いいグルーブ感が出て来たではありませんか。メロディー、リズムに軽い変化を付けて、全く嫌味の無いジャジーなフィーリングの歌いぶりでお客さんの拍手を浴びました。

 

そして歌の後ろで・・・、また歌の合間でのトリオの演奏も素晴らしい!4人とも笑顔満載!Emaさんも各プレーヤーのソロを聞きながら楽しそうに体を揺らし、ソロの後はミュージシャンを称えていました。

 

 

よく噛みあった素晴らしい演奏にお客さんたちも大満足だったようです。正直なところ、私のような素人には音楽的な事はよくわからないんですが、心地よい音と空間が私をついつい笑顔にさせていました。

 

プレーヤーたちも、それぞれのカッコイイフレーズに目を合わせて笑顔で「イェーイ!」、Emaさんのジャジーな軽いフェイクにも後ろで「うわぉ~~~」という表情を見せます。4人がみんな本当に気持ちよさそうに楽しく演奏している雰囲気がまた私の心を和ませます。いいライブでした。

 

本当に若いイキのいい素晴らしいミュージシャンたちが増えていますね。この人たちにもっともっと演奏の機会が与えられる事、多くの人が聴きに来てくれるといいなぁ・・・。こんないい演奏聴かないと勿体ないじゃないですか・・・?難しいとか思わずに、もっともっと多くの人が気軽に楽しみに来てくれたらいいな、と思いました。

 カテゴリ:音楽の話

第33回七高グリーン会・船橋カントリー俱楽部・9/30/2017

秋のグリーン会は個人的にほぼ毎月プレーさせてもらっている船橋カントリー俱楽部で行われました。はや第33回目の七G会は初参加のKsさんを入れて22名、6組の賑やかな会になりました。

 

千葉ニュータウン中央駅で7時20分発のクラブバスに乗ると、いつも早いOm君、Hw君、Yw君、珍しく早いIf君と乗り合わせました。クラブハウスに着くと早速If君達はコンペ受付に入ります。

 

 

経理部長(?)Mm君も駆けつけ受付体制完了!早速会費を支払わさせられました(笑)。

 

 

メンバーが集まり始めました。天気予報良し!絶好のゴルフ日和です。この人なしではこの会は語れない、世話役のEd君。

 

 

病気をしておなかが引っ込んだOs君と語り合うのは音楽部長のYw君、ハットもお似合い、なんか芸術家風になって来たお洒落な装いですな(笑)。

 

 

おぉ、綺麗な花が一輪・・・、これは撮らねば・・・、と構えると、直ぐに虫が付きます(笑)初参加のKsさんとIf君。

 

 

そして円熟の華たち・・・、七G会も華やかになって来たなぁ・・・。Hr夫人とHs夫人も集合時間に集まって来ました。

 

 

前回見事優勝の加藤幹事長から注意事項などの連絡です。全員集合!

 

 

 

丁度通りかかった船橋カントリー俱楽部の看板娘(?)大野さんにお願いして写真撮って頂きました。大野さん最近見ないと思ったら、受付からキャディマスター室に移ったんだそうで・・・、なんだつまんねぇ・・・?撮影協力ありがとうございました。

 

 

さてスタートです。私たちの前の組のKt幹事長とここがホームコースのOs君です。奥にはちょっと不機嫌なIf君。

 

 

何故If君が不機嫌だったか?と言いますと・・・、この若くてかわいいキャディーさんが私たちの組に付いてくれたからです。こっちの組に入りたい!と嘆きながらIf君はスタートして行きました(笑)。

 

 

キャディーの桑山紗月さんと、ついついニヤケてしまう(笑)ハンディキャップ委員長のOm君でした。

 

プレーしながら話をしていましたら、桑山さんはここでアルバイトしながら練習してプロを目指しているゴルファーでした。中学まではバレーボールをやっていて、本格的にゴルフを始めたのは高校からなんだそうです。

 

今時のアマチュアゴルファーにしては珍しく遅いスタートだと思いますが、今年のニチレイレディースと言う女子プロのトーナメントでマンデーを通過して本選に進んだとか(残念ながら決勝ラウンドにはすすめなかったようですが)。5年以下のキャリアだという事を考えると凄い成長ぶりではないでしょうか?

 

2年間はアマとして競技に出て行くと決めているんです。と話していました。と言う事は来年のプロテストを目指しているのかな?ドライバーは250ヤード飛ぶそうです。5番ウッドを入れずに19度のユティリティーを入れているパワーヒッターです。応援したいですね。来年の日本女子アマで桑山さんの名前を見ることが出来るかも知れません。いや、必ず見れるかな?

 

 

粛々とホールをこなしていく中、ちょっぴり紅葉の兆しも見えたりします。秋ですねぇ・・・。とか言っているうちにあっという間にハーフ終了!

 

 

If君が立ってなんか言ってます。ホントにいつも元気なIf君。Ed世話役の前には船カン名物の竹酒が・・・。二次会前ミニ宴会(?)。

 

 

続々とメンバーたちが上がって来て歓談中。私はこの落ち着いた同伴者たちに恵まれました。初めまして、のHs夫人、週2回のゴルフを欠かさないだけあってとても堅実なゴルフに勉強させて頂きました。ここはレディースティーとホワイトティーにあまり距離差がなく、女性には厳しいコースでしたね。

 

 

さて後半スタート!前の組が出て行くのを見ます。

 

 

不機嫌だったわりに相変わらずキャディさんに冗談言いっ放しのIf君、調子いいのかなぁ?

 

 

さて私たちの番です。ハンデ頭の実力者Mm君は左ひざが痛く、ずっとビッコひいて歩いています。痛くってどうしても普段のスィングが出来ないようです。特にアイアンでは彼にしては珍しいようなミスショットが出ていました。何度かこのコンペで彼と回っていますが、彼がトリプル4回と言うのは驚きました。ま、ゴルフやりすぎではあるんだろうなぁ・・・。ちょっと休みなさい、と言う事でしょう。

 

Om君はそつないプレーなんだけど、彼自身も言ってましたが、一打余分なミスショットが各ホールであったようなゴルフでした。それでも私よりはいいスコアですけど・・・。

 

Hs夫人はこの距離の長いレディースティーでは一打増えるのは仕方ないところだったでしょう。特にここのショートホールは全て谷越えで、しかも距離が長い。レディースティーからでもドライバーで谷越えギリギリですからプレッシャーもかかったと思います。でもその中でも楽しくお話ししながら回って頂き感謝です。

 

そして、こんな面白い方だとは存じ上げませんでした(笑)。また宜しくお願い致します。

 

 

皆さんの許可も得ず、出してしまうスコアカード。私は久しぶりにアプローチイップスの症状が強く出ました。心身のこわばりが強く、こうなると林に入れたときの脱出もままなりません。パターでの寄せさえも体が動いてくれず、パターがとんでもない動きをしてダフって止まり、グリーンまで届きません。

 

私にとってはゴルフは趣味、遊び、そして大好きなスポーツです。でも生活の糧ではないですから、笑い飛ばせばいいや、と開き直ることにして気持ちが楽になりました。服部真夕選手、森田理香子選手、川岸良兼選手・・・、多分タイガーウッズ、プロゴルファーでアプローチイップスに苦しむ選手に比べれば、どうって事ないわけですから・・・。

 

川岸良兼さんの愛娘の史果さんがコメントしていました。「グリーンまで10ヤードもないような簡単なアプローチで、ダフッたりトップしたり、お父さん、何やってんの?って思ってました。」病気の痛み、苦しみは、なって見ないとわかんないんだよね。ホントに下手だなぁ。と思われています(笑)。こうしてみな?こうすればいいんだよ・・・!優しくアドバイスしてくれる人には感謝です、もう慣れました。確かにヘタクソでもあるしね(笑)。

 

幸か不幸か、私は子供のころから虫歯で苦しんで来ましたからネ、患者さんたちの苦しみは分かります。だからこそ、患者さんの立場に立って治療して来ていると、自負しております。

 

ちょっと話がずれましたが(笑)、私にはこれも実力の内、こういう日は笑い飛ばすしかありません(笑)。でもしっかりドラコンは取ったし、なんせハンデが36ですから、イップスの症状が強かったにも拘らずの6位と言う好成績。満足の行く成績、スコアです。優勝は次回に持ち越しました(笑)。

 

 

さてここからがメインイベントの七G会です(笑)。二次会担当Or君が手配してくれました。カフェ・トトノエさんに集合です。前回ここでやった会が大好評!船カンでのコンペではここが定席になりそうですね。

 

 

両手をあげているのは、早や盛り上がっている私の小中高の同窓生、Yt君(笑)。相変わらずよくしゃべってました(笑)。本日私と同スコア(笑)。昔は運動神経良かったんだけどなぁ・・・(笑)。

 

 

 

 

Tk君は所用の為二次会残念ながら欠席、代わりに(?)Kiさんが二次会参加の為駆けつけてくれました。

 

 

乾杯前で料理なしですが、とっくに宴会が始まっています(笑)。おもむろに立ち上がったKt幹事長の音頭で乾杯です。この日来れなかったGt君からメールあり。二次会だけでもと思っていたが、願い叶わず!とのこと、皆さんに報告しました。

 

 

そしてOr二次会担当委員のご挨拶。すっかりこのメンバーの酒豪ぶりも把握済み、一人頭一本のワインが準備してあるそうです(驚)!

 

 

美味しい料理を用意して下さったスタッフの方々です。ちょっとブレちゃった(泣)。ゴメンナサイ!

 

 

いい加減出来上がったところで宴会部長If君が成績発表です。今回は女子部の表彰もありました。初参加のKsさんは見事に(?)3位であります。また懲りずによろしくお願いいたします。

 

 

 

この日のスコアはかなり不本意だったと思いますが、上品さを決して失わない素敵なHs夫人は2位!

 

 

そして・・・。長年の努力(?)と特例ハンデに恵まれたHr夫人、見事な初優勝!オメデトウ!

 

 

そして恒例の校歌斉唱でお開きとなりました。そうそう・・・、総合優勝はAn君でした(危なく忘れるとこだったわい、なにしろ飲み、食し、語り・・・、楽しい会に写真撮るのも忘れていたくらいですから(笑))。普段からかなり練習、研鑽の結果ですね。当然の優勝かもしれません。

 

 

ゴルフの事もあまり書きませんでしたが、ブログ用に撮っているうちに、いつの間にか七G会の写真撮影担当になってしまった私です。コンペのブログは取った写真を見て貰うのがメインになってしまってゴルフどころじゃぁない(笑)。

 

一言書くならば・・・、難コース船橋カントリー俱楽部で上位に来たのは、Ed世話役、Hrさん、Nw君他の実力者ばかりでした。グロススコアの低いメンバーが10位以内の大半を占めました。やっぱりこのコースは面白い。またチャレンジだ!

 

みなさん、いつも楽しい時間を有難う御座います。今回も本当に素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。・・・が、皆さんの酒豪ぶりに付き合うのは大変です。帰りはバタンキュー!Or二次会担当によると、ビール大瓶16本、ワイン17本、日本酒1本飲み干したそうです。22人のなかでアルコール飲まれない方が4人ほどいましたから・・・。飲み過ぎだろう(笑)!皆さん、是非身体にはお気を付け頂き、今年最後の忘年会コンペでお会いできることを楽しみにしております。

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと

新原歯科医院TOP > 院長ブログ