新原歯科医院

院長ブログ

アーカイブ: 5月 2018

Miss`em quick by早打ちジョージ・ダンカン

昔ジョージ・ダンカンと言う名ゴルファーがいたそうです。1920年の全英オープンをとった人で、ゴルファー一家の生れと言う事でも知られていたそうです。

 

 

なんと昭和天皇と握手している写真がありました。昭和天皇もゴルフが好きだったんですね。

 

彼は「早打ちダンカン」と呼ばれる程プレーが速い事でも知られていたようです。ボールのところへ行くとすぐに打つ。パットも素振りもせずに打つ。

 

速いプレーを心がける事にはいくつも理由があったようです。あまり考えすぎずにプレーしたほうがいい結果が出る・・・、遅いプレーは同伴者に迷惑をかける・・・、速いプレーはミスを早く忘れさせてくれる・・・、等々です。

 

なによりも、スコットランドではスピードもゴルフの重要なテーマだと考えられていると言う事かも知れません。

 

私もプレーは速い方だと思っています。単にせっかちだから(笑)。先日も某ミニコンペで同伴者に「おいおい、素振りもしないでパットするかい?」と言われてしまいました。

 

パットの練習なんてほとんどしない私ですから、素振りしたから入るとも思えず、さっとキャッチボールの感覚でパットした方が上手く行きそうに思えるからなんですけど・・・。でもまぁ、ダンカンさんの速さには到底及ばないんでしょうね。

 

彼が残した言葉に「If you`re going to miss`em, miss`em quick!」と言うのがあります。

 

「もしミスるんだったら(どうせミスるんなら)早くミスっちゃいな!」とでも訳しましょうか?

 

球聖と言われたボビー・ジョーンズさんも同じことを言っていました。

 

 

この「Miss them quick」と言う言葉は多くのゴルファーたちの共感を集め、サンドウエッジの発明者としても有名なジーン・サラゼンさんは同志を集めて「Quick misser`s club」を作ったとか・・・。

 

速いプレーが好スコアを産む、と言うのは誰にでも当てはまる事ではないでしょう。ジャック・ニクラウスはスロープレーヤーとして有名でよく非難されていました。

 

でも、生活もかかり、いいプレーをファンに見せるのが仕事のプロゴルファーと違って、私たちは同伴者、後続プレーヤーたちにも気遣いすることは必要な事です。ゴルフ場を貸し切りで使えるなら話は別ですけどね。

 

このダンカンさんの事は、実は2週間ほど前に発売された某ゴルフ雑誌に彼の事が書いてあったのを見て初めて知りました。でもこの「早くミスしろ。」と言う彼の言葉は、白洲次郎さんの「Play fast(早くやろうぜ!)」と共に大好きな言葉になりました。

 

 

余談になりますが、ジョージ・ダンカン氏は1964年に81歳で亡くなったそうですが、彼が生涯に設けた子供は14人もいたそうです。それ故に人びとは彼を「早打ちダンカン」と呼ぶ・・・、とも書かれています(笑)。

 

 

 カテゴリ:スポーツの話

船橋カントリー倶楽部・5/19/2018

いつものメンバーで船橋カントリー倶楽部へ行って来ました。

 

 

この日の小道具たち。

 

予報では朝の内は小雨が続くということでしたが、運よくいい方に外れてくれました。

 

 

曇天に心地よい風が流れ絶好のコンディション。毎月芝生の緑が元気を増して来ます。

 

 

さぁスタートです。G君はいきなりパー!好スタートを切りました。7時台の速いスタート、しかも前の組にはこの倶楽部所属の長谷川勝治プロがメンバーさんにラウンドレッスンをやっている組ですが、プレーの速い事・・・。

 

私たちもそんなに遅くはないと思いますが、あっという間に1ホール開いてしまいまして、前に誰もいない状態でどんどんホールが進みます。写真撮る間もなくハーフ終了!

 

 

料理(おつまみ?)を選ぶG君、

 

 

キムチと鶏皮を前に、まずは一杯!ビールが美味い!O君も笑顔がこぼれます(笑)。

 

 

下戸のHさんは食事に専念、珍しくカレーですね。最近はスコアカードも殆ど開かなくなった昼食休憩注の私たち。

 

 

まったりモードで後半に備えます。O君も大病の後とは思えぬほど腹が目立って来ました。良きかな・・・(笑)。

 

 

さて後半スタートです!今日のキャディーさんはお久しぶりの柴田さん。写真撮ろうとしたらこの様子。私たちより若干若いんだけど、撮影拒否されてしまいました(笑)。グリーンの読みは確かで助けられましたね。ありがとうございました。

 

 

3人の華麗なフォーム(?笑)、まずはG君。

 

 

そしてO君、スコアには繋がらなかったけど、ドライバーはかなり良くなって来たなぁ。

 

 

ちょっと苦しんだHさん、相変わらず凄いショットを打つかと思えば、大きく右、左に曲げるミスも多い波のあるゴルフだったなぁ。うまくまとまればかなりいいスコアが出てもおかしくないんですが・・・。

 

 

私のフォームなんぞとっても仕方ありませんから、取りあえずポーズ!柴田さんが撮ってくれました。

 

 

少し晴れ間も見えましたが、あまり暑すぎず、いい日和の中で船カンゴルフを楽しみました。一雨ごとに緑が深くなり、いい景色になって来ていますね。カートにも慣れ、徐々に体力が落ちている私たちはカートの恩恵を肌で感じます。夏のゴルフもかなり楽になる事でしょう。

 

19番はやっぱり「はな膳」さんでした。

 

 

ツナサラダのツナを四つに分けるG君、こういうとこはマメです(笑)。

 

 

ちょっとメニューに変更があったようです。豆鯵のから揚げを頼んでみたら・・・、えぇ~!こんなちっこい鯵は初めて見たぜぃ!ゴルフをやるようになる前、10年前までは毎月船釣りに行っていた釣り人だった私たちです。ちょっとビックリの豆鯵でした。

 

  

 

釣り人だった若き日の私たち。白髪もなく・・・、O君、まだ毛がありました(失礼!笑)。

 

      

 

 

今はこうなった私たち、驚くほど小さい豆鯵を頂きます。思わず笑顔になりました・・・(笑)。豆鯵というか・・・、稚魚かな・・・(笑)。

 

 

 

19番ホールでもほとんど話題に上らなかったスコアですが・・・、

 

 

相変わらずミスショットが多かった割にはまぁまぁのスコアですな。良きかな・・・(笑)。

 カテゴリ:日々のこと

竹・・・続き、そして紫陽花

前回はこうでした。

 

 

そのあと・・・、

 

 

おぉ・・・、枝が広がって来るんだ・・・。

 

 

そして・・・、はや・・・、

 

 

紫陽花が咲き始めました。梅雨近し・・・、ですかね?

 カテゴリ:日々のこと

ジャズを肴に飲もう会・5/15/2018・代ナル

今年2回目の七ジャズ会です。七G会有志7名で代々木ナルにお邪魔しました。この日は・・・、

 

 

キュートな歌姫を下町育ちのギタリスト田辺くんと、これまたキュートな雨宮さんのピアノでサポートします。

 

 奥の右側にあるドアを開けて階段を降りると・・・、

 

もう既に全員集合していました。私は仕事終えて急いで来ましたが、ギリギリスタートに間に合いました。まずは一枚!

 

 

Hr夫妻は6時半頃に店に入ったそうで、まだリハーサルの最中だったようです。それがとても興味深かったようでなんか得した気分になったみたい(笑)。良きかな・・・(笑)。

 

 

さぁミュージシャン登場!ギターは深川4中出身、下町育ちの田辺充邦くん、そしてこの日は野口茜さんがピアノを弾く予定だったんですが、違う女性がピアノの席についています。ちょっと野口さんの都合が悪く、急遽「トラ」でこの雨宮さんが入ったそうです。いやぁステキな方だなぁ・・・と、ついつい呟いてしまった私でした(笑)。

 

後で知りましたが野口さんオメデタなんだそうで、その影響なのかな?しっかり養生していいお子さんを産んでもらいたいものです。

 

さて2曲程インストでやりました。田辺くんのテクニックはもう何度も聴いて知っています。初めましての雨宮さん、いやぁ、素晴らしいピアニストでした。相変わらず声が出てしまう私、七G会音楽部長のYw君もじっとしていられずクラッピングしはじめました。

 

そして歌姫登場です。

 

 

あとでNwくんが「吉田羊似の愛らしい方でしたね、」とメールしてくれましたが、そういえばちょっと面影あるなぁ・・・(笑)。すてきな笑顔が弾けて、後ろの二人の演奏にもノリノリで反応して素晴らしい歌を歌ってくれました。

 

 

灼熱の1セット目はあっという間に終わり、はや居酒屋タイム(笑)の私たち。音楽大好きの三人、Ktさんはドラムを習っています。

 

 

今夜も遠路厚木から駆けつけてくれましたHr夫妻。いつ見ても仲良しのおしどり夫婦です。

 

 

前回から参加してくれたNwくんも演奏も飲み会も楽しんでくれたでしょうか?話はゴルフの事、音楽の事、話は尽きません。最近YwくんとTkくんが七G会のテーマソングを作ってくれてその楽譜も持って来てくれてその話でも盛り上がります。

 

 

エミさんは久しぶりです。カメラを向けるといい笑顔でポーズをとってくれました。大分慣れてきたのかな?頑張ってネ!

 

 

さぁ2セット目の始まりです。席も大分埋まりました。よかったよかった・・・。YkくんとYwくんは以前に田辺くんのギターを聴いたことがあるのですが、他の4人は初めてです。

 

彼の超絶技巧と音色にみなさん驚いていました。彼は昨年だったか?有名なギター工房でオーダーメイドのギターを作って貰ったと聞いていますが、そのギターなんでしょうか?美しい音です。

 

勿論ピアノの雨宮さんも素晴らしく、みんなとても楽しんでくれたようです。私も初めて聴きましたが、いままでどこに隠れていたんでしょう(笑)?いいミュージシャンはまだまだいっぱいいるんですね。

 

松村さんは久しぶりに聴きましたが、前よりもよく声が出るようになったような気がする。後ろの二人のサポートによく応えていいハーモニーが生まれていました。まだまだ課題もあると思いますが、少しづつ成長した姿をまた見たいものです。頑張ってネ!

 

 

楽しい時間はすぐ過ぎて行きます。2セット目の終わりでお暇します。Ykくんはどうしても写真を撮らせてもらわないと帰りません。皆さま申し訳ありません!女性には危ないから離れてて・・・、と言ったんだけど・・・、皆さま優しい方ばかり(笑)。

 

女性が下を向いてしまったのでもう一枚!

 

 

今度は今度は田辺くんにピントが合わなかったわい!

 

Hrさんは今夜もCDをご購入!Ykくんも買ったのかな?素晴らしい演奏は七ジャズ会のメンバーに大好評でした。いつもお付き合い頂いて感謝ですが、楽しんで頂けたならまた是非ご一緒していただければ幸いです。

 

うるさい私たちをいつも暖かくもてなしてくれる美紗子さんとスタッフに感謝ですね。またよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

自転車

今年の初めですが、スクーターにぶつけれられて自転車のタイヤが曲がってしまいました。もうずいぶん古くなってましたから、ま、いいか・・・。

 

暫く自転車なしでしたがやっぱりあると便利です。先月(4月)初めにドン・キホーテで1万6千円ほどの6段変速の自転車を買いまして乗っていました。まぁ土日しか乗りませんが、ちょっと朝のコーヒーを飲みに行くにもやっぱり楽ですね。

 

 

先週土曜日の朝、下のコンビニでスポーツ新聞を買い、駅前のヴェローチェにコーヒーを・・・、と駐輪場に行きました。

 

あれぇ・・・?自転車がないぞ!駐輪場くまなく探しましたがありません。どうやら盗まれた!ホントに盗難なんてあるんだね、妙な驚きです。

 

なくなっちゃったものは仕方ありません。買ったときに盗難保険入っててよかったわい。駅前の交番で盗難届を出しました。受理番号が出るのに数日かかるとのこと、それが出れば保険の書類を完成出来ます。

 

一応購入した店に行きすぐにその保険で新しいものを買えるのか聞いてみました。持って行った時にすぐに購入できるそうです。うん助かった・・・。

 

「ただお客さんね・・・」とお店の人が話しかけて来ました。「保険では7千円しか出ないんですよ。だから新しい自転車の値段から7千円引きにする、ってことですね。」

 

「えぇ~!そうなの・・・?」なんとも😞ガッカリ!そんなもんなんだ・・・・。残念だけど、何もないよりはましかぁ・・・、( ´Д`)フゥ・・・。

 

人生いろいろあるもんだなぁ・・・(笑)。皆さまもお気を付け下さいな・・・(笑)。

 

 カテゴリ:日々のこと

アキラ・タナLive at 銀座スィング・5/8/2018

連休明けライブ巡りはこのライブからでした。遅ればせながらのライブレポートです。

 

 

行く機会が減った銀座スィングですが、スケジュールは送られて来ますからいつもチェックはしています。

 

つい最近知った素晴らしいサックス奏者の佐藤洋祐さんと、進境著しい若手ピアニストの永武幹子さん、安定の人気ベーシスト楠井五月さんの名前がありました。

 

その3人だけでも、聴いてみようかな?と思うメンバーですが、そこにアキラ・タナさんと言う知らないドラマーの名前がありました。コアなジャズファンならよくご存じの方なんでしょうが、あまりジャズに詳しくない私には聞き覚えの無い名前です。

 

ネットでチェックしてみました。カリフォルニア出身の日系ドラマーで、赤城ケイさんとバンドを組んだこともあるそうですが、また、それはそうそうたる数多くの有名ミュージシャンたちと共演してきた経歴を持つ実力者でした。

 

 ライブでもずっとこんな笑顔でした。

 

昨年は東北の地震被害にあった方々の慰問ツァーの為に来日するなど社会貢献にも力を入れていたり、若手ミュージシャンの育成に力を注いでいるととても好感の持てるキャリアを築いているようです。これは聴きたいなぁ、と先週あれだけライブに行ったのに・・・、また行ってしまいました(笑)。

 

 

一曲目を演奏しているときに店に入りました。カウンターは埋まっていましたが、ボックスにはほとんど人はなく、やや寂しい店内でしたが、いやぁ・・・、いい演奏に早くも声が出てしまう私でした。

 

佐藤さんと楠井さんは先週「SK4+情家みえ」のライブで聴いたばかり、永武さんは久しぶりですが、小岩コチやPaco、リディアンなどで聴いたことがあります。まだ若い(中島朱葉さんと同年代と聞いています)けど、素晴らしい演奏で人気上昇中、活動の場がどんどん広がっているようです。

 

 

この夜は彼女がリーダーだったんでしょうか?マイクを持ってMCをしていました。とても素敵な女性ですが、演奏が始まると迫力タップリのピアノを聴かせてくれます。今年は増尾好秋さんのバンドでの演奏を一度聴きましたが、その時に勝るタッチで他のメンバーも楽しそうに声をかけていました。

 

 

熱の入った演奏に私も熱くなって来ましたが、他のお客さんからも口笛や、声が出始めました。この夜もメンバーたちは本当に楽しそうに笑顔です。お互いに「イェーイ!」とか声をかけて笑顔のアイコンタクト。

 

初めて聴いたタナさんのドラム、これが世界基準なんだなぁ・・・・と思わせるドラミングに時々背中がしびれました。

 

ブラシをすごぉく優しく使うなぁ・・・、決してフロントの邪魔をしませんが、要所要所ではビシッと決めて佐藤さんを振り返らせていました。

 

 

楠井さんも素晴らしいサポートです。ソロは最高にカッコよかった。大きな拍手を浴びていました。佐藤さんのサックスは早いフレーズでお客さんを沸かせたかと思うと、時には伸びのある、とってもいいフィーリングのフレーズでタナさんを「オォウ~!」と唸らせました。一曲歌も交え、大歓声を浴びました。歌も上手だなぁ・・・。

 

 

セットの終わり近くになって、若い女性が呼び出されました。まきさくらさんと言うテナーサックス奏者です。なんでも、これからアメリカに留学に行くんだそうで、これからのキャリアを嘱望されている方のようです。

 

 

カワイイ女性だなぁ・・・(笑)なんて思っていましたが、演奏も素晴らしい!いいサウンドを奏で、ミュージシャンたちの拍手を受けていました。また新しいタレントが生まれて来るんですね。

 

何よりも演奏もさることながら、いつも笑顔で楽しそうに若いミュージシャンたちをサポートし、若者たちを慈しむかのような表情で見守るアキラ・タナさんが印象深かったですね。感銘しました。日本語もそこそこ上手で、とてもいい話もしてくれました。

 

 

お客さんにもこうして笑顔で答えてくれたタナ・アキラさん、そして若いミュージシャンたちです。やっぱり来てよかったなあ。また機会があれば、是非もう一度聴きたいとっても素敵なセッションでした。

 

もう通常営業のわたくし(笑)、明日は仕事です。1セットの終わりに店を出ます。楽しい夜に感謝して帰途につきました。

 

 カテゴリ:音楽の話

鬼の眼に涙・日本プロゴルフ選手権・2018・5月

ちょっぴり感動した。彼の6年ぶりの優勝はメジャートーナメント、それもメジャートーナメント日本最年長優勝でした。

 

 

プレーオフで長いバーディーパットを決めて吠える!

 

 

谷口選手おめでとう!若手の奮起を見たいねぇ・・・。

 カテゴリ:スポーツの話

リナレス対ロマチェンコ・ライト級世界戦・5/13/2018

いい試合でした。残念ながら10ラウンドに強烈な左ボディーを貰い、力尽きましたが、リナレスは自分の力を世界に認めさせたのではないでしょうか?

 

 

ヴェネズエラ出身ではありますが日本の帝拳ジム所属で成長してきたリナレスはWBAの世界ライト級チャンピオンです。ロマチェンコが挑戦者でありながら、オッズはロマチェンコ有利。

 

圧倒的な強さで名だたる挑戦者たちの戦意をくじき、4戦連続で相手が途中棄権するというスーパーフェザーでは敵なしだったロマチェンコは一つ階級を上げても彼の強さは揺るがない、と言うのが一般的な予想でした。

 

昔、パナマの英雄、「石のコブシ」と称されたロベルトデュランが、レナードとの再戦で「ノーマス」(英語だと「No more」と言う事だと思います、多分・・・)と言って途中棄権した事例にちなんで「ノーマス・ロマチェンコ」とさえ言われる挑戦者が先に入場しました。

 

 

ボクシング界の最高傑作とも言われるロマチェンコですが、控室では最近見られなかったような厳しい表情だったことを解説者が伝えていました。リナレスには敬意を持っているようです。

 

 

そしてリナレス登場!下の階級の時に、防衛戦でサルガドにまさかの1ラウンドTKO負けを喫して以来、一時低迷が続きましたが、逞しさをましたここ数年は最強の王者としての貫禄を付けて来ました。

 

 

マジソンスクエアガーデンは超満員!

 

 

お馴染のマイケル・バファーさんの「Let`s Get Ready to Rumble!」で最高潮に盛り上がります。

 

 

試合開始!リナレス選手の方が一回り大きく感じます。ロマチェンコ選手は殆ど減量する必要がなかったのではないか?と言う前評判。二人のハンドスピードが速すぎてパンチが見えない!

 

やはりスピードに勝るロマチェンコがの方が有効打は多いようですが、リナレスのパンチも当たります。これだけロマチェンコと打ち合えた選手は今までにはいなかったんです。解説の帝拳ジム代表の浜田さんの言葉にも力が入ります(笑)。

 

 

一時も目を離せないような緊迫した試合が続いて行きます。そして第6ラウンド、

 

 

ロマチェンコの右に合わせたノーモーションの右ストレートがカウンターになってロマチェンコの顔面にヒット!

 

 

なんと!

 

 

ロマチェンコが・・・、

 

 

倒れて行きます!

 

 

まさかのダウンに場内の観客も、Wowowの解説陣も大興奮!リングサイドで大喜びするデラホーヤしが映し出されました。これは凄い試合になりました。リナレスが「ノーマス」ロマチェンコを下すのか!?

 

 

 

 

試合は続きます。1ラウンドでロマチェンコはダメージから快復したようで、早い芸術的な動きに拍車がかかって来ました。

 

 

子供の頃、ボクシングの為にダンスを習わされた、と言うロマチェンコのステップワークは、打った時にはそこにいない・・・、このように90度左へ、或は右へ瞬間移動したかのようにさえ見えます。

 

やはりリナレスが被弾する頻度が高まって来ましたが、リナレスも打ち返して素晴らしい試合になりましたが・・・、

 

 

顔面へパンチを集めたロマチェンコに対し、リナレスのガードが高くなりボディーが空いた瞬間、

 

 

強烈な左ボディーブローが一閃!

 

 

リナレスの右わき腹にパンチがめり込みます!

 

 

倒れ行くリナレスにとどめの打ち下ろし・・・。これは空振りでしたが・・・。

 

 

一度は立ち上がろうとしたリナレスでしたが・・・、

 

 

このあとレフェリーが止めました。

 

 

大観衆に応えるロマチェンコ。彼はどこまで行くのだろうか?スーパーフェザーで内山選手とやらせたかったなぁ・・・。

 

 

試合後に両選手が健闘を称えあいます。敗れはしましたが、リナレス選手はその実力を世界に認めさせたと言えるでしょう。再戦もあるかもしれませんね。これからの動向に注目です。

 

 

 カテゴリ:スポーツの話

青葉園の入り口近くのお寺の庭(?)に小さな竹林があります。新しい竹が伸びて来ていました。

 

 

こんなに伸びてから葉っぱが開くんだ・・・。ちょっとビックリ。

 

 

葉が開き始めているのかな?細い竹はそんなに高くならないから、丈の低いうちに葉がついていますが、あれもある程度伸び切ってから葉が開くんでしょうかねぇ?いい歳になって初めて見ました・・・(笑)。

 カテゴリ:日々のこと, 未分類

2018GW・ライブ三昧、その3

ゴールデンウィークの最終日、5月6日の日曜日、御茶ノ水ナルです。

 

 

大坂昌彦5daysと銘打ったライブ週間の最終日でもありました。大坂さんとベースの井上陽介さんと言う日本を代表するリズムセクションに私の大好きなフロント3人、熱い熱い太田剣君と中村恵介君、私の中では常に日本一のギタリスト荻原亮君。そして徐々に演奏の場を広げている(まだ若手と言えるのかな?)田窪寛之君がピアノを弾きます。熱いライブになる事間違いなし!

 

階段を降りて店に入ると、手前のボックス席以外はかなり埋まっていました。私はそこに席を貰いました。隣のボックスで中村恵介君が一人座って楽譜を見ています。奥の控えテーブルは4人掛けですから若い(もう中堅と言えますけど)彼はこちらで待っているようです。そこに荻原君もやって来ました。

 

 

「あれぇ、痩せたんじゃない?」と聞きましたら、「いやいや、逆に太りましたよ、髪型変えたからそう見えるのかな?」なるほど、髪型変わって顔が細く感じたのかも知れません・・・、等話しているうちに、ライブの準備に立ち上がって行きました。

 

 

豪華なメンバーにほぼ席は埋まりました。さぁスタートです。

 

 

私はいつものパターンで・・・(笑)。準備完了!

 

 

6人がそれぞれ曲を持ち寄ったみたいですね。大坂さんと荻原君はオリジナル、他の方々はスタンダードなのかな?知らない曲も多かったですが・・・、

 

 

もう始めっから大歓声!大坂さんと井上さんのリズム隊は強烈です!一曲ごとにミュージシャン達もノッテ来た感じです。太田君が「イェーイ!」と声を出し始めます。

 

大坂さんは、もう楽しくってたまらない!と言う表情で後ろから盛り上げます。

 

 

ミュージシャンもも盛り上がり、客席からも歓声が上がり、空気が熱くなって来ました。それぞれのソロもヒートアップして行きます。

 

井上さんのソロの時にはフロント3人が座り、井上さんを盛り上げます。座りながら「イェーイ!」「オォウ~!」と3人が囃すと、井上さんもさらに激しいベースソロでそれに応えました。もう店内、大盛り上がりです。

 

6人それぞれ均等にソロの時間をとるようにしていたのでしょうか?普段よりソロが少し短めにしてあったかもしれません。この方が分かりやすくっていいかもしれませんね。

 

たま~にミュージシャンが「イェーイ!」と囃したときに、私も同じタイミングで「ウォ~ゥ!」と声を出したりすることもありました。あぁ、彼らにもこのフレーズは素晴らしい音なんだな?と思うと一人で密かに嬉しかったり・・・(笑)。

 

連休の最後を飾る素晴らしいライブを堪能して、いつも通り1セット目の終わりに店を出ました。丁度大坂さんも外に空気を吸いにでしょうか?あとから階段を上がって来ました。

 

「大坂さん!最高でした!」と声をかけると、「うん、僕らも楽しんだから・・・、うん、良かった!」と答えてくれました。気持ちよく家路につきます。

 

ライブ三昧、ゴルフ二味(?)・・・(笑)。

 

ゴールデンウィークの最後の夜が終わります。

 

 カテゴリ:音楽の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ