新原歯科医院

院長ブログ

アーカイブ: 9月 2018

新しいスマホ

どうにも調子が悪くなったスマホに見切りをつけて新しいスマホに代えました。まだまだ使い方やら、訳の分からない通知に四苦八苦しております。

 

ただ、電池が減らないのには感心しています。前のは(私のスマホデビューのものですが)初めの頃からちょっと使うと電池が減って来て、毎日充電していましたが、新しいやつは結構持ちますね。

 

元々それほどスマホを使う時間は少なくって、ヒマな時にニュースを見たり、たまにメールをしたりするくらいのものでした。新しくしても前のスマホの時と同じくらいは使ってると思いますが、電池の持ち方が全く違うのには驚きです。

 

電池がフレッシュな事もあるんでしょうけど、三日充電していないのにまだ50%電池残量があると表示されています。前のスマホだと、七G会のゴルフコンペの時に写真を撮っていると、半日くらいで電池切れになっていました。

 

それでコンパクトデジカメを買って併用していたんですけど、この電池の持ち用ならデジカメ不要だなぁ・・・。スマホカメラはタッチでシャッター切れるから、ぶれる心配も、シャッターが遅れる事もなく、コンパクトデジカメより使いやすいしなぁ・・・。

 

携帯がスマホに代わって何年になるでしょう?技術の進歩にはいつも驚かされますね。

 

 カテゴリ:日々のこと

千葉カン川間コース9月2018

先月に続き再度川間コースに行って来ました。途中少し雨もパラつきましたが「寒さ暑さも彼岸まで」と言う言葉通りに久しぶりに涼しい、いいゴルフ日和になりました。

 

7時10分前くらいににコースに着きました。亀戸から45分強、近くていいなぁ。いつものように朝のコーヒーを頂きながら準備です。

 

 

7時46分と言う早いスタート時間でしたので、練習もせずに(いつもしませんが(笑)・・・)スタートホールへ行きますと、もう既に根本先生と松田さんが準備運動中。前がいないので10分程早くティーショットを打ちました。

 

相変わらず速いペースでどんどんホールを重ねて行きます。

 

 

根本先生と二人で、「このホールも思い出せないんだよなぁ・・」、松田さん曰く「先月も回りましたよ・・・」でも記憶にありません。加齢の為の記憶喪失でしょうか(笑)?

 

本当によく整備されているし、芝生もいいです。フェアウエイからはとっても打ちやすいけど、夏ラフは短めでも粘ってヘッドが抜けづらく距離が出せません。ラフに入った時のクラブ選択には悩みます。

 

 

飛ばし屋二人のショートホールでのティーショットです。七G会コンペではドラコン常連の私ですが、この二人には飛距離にしてもなんにしても歯が立ちません。

 

 

若い頃から変わらぬ飛距離の差です。アイアンで2番手前後違います。もう慣れてるからどうとも思いません。私は私の道を行く・・(笑)。

 

1時間50分程でハーフターン。これくらい早く回れると気持ちいいペースです。一時間の昼食休憩に入ります。さて何にしましょうか?

 

 

いつものことながら人の食事は上手そうに見えます。

 

 

いつもと違うのはアルコール抜きのランチと言う事です。経験なクリスチャンの先輩二人を前にして私もコーラで済ませるのです。

 

 

暫く松田さんと二人で根本先生をいじったあと、さぁ後半戦!

 

 

芝付きがいいなぁ・・・、林の中もベアグラウンド殆どないものなぁ、流石に名門千葉カントリー倶楽部です。気持ちよくホールを重ねます。

 

 

3人ともそこそこ調子はいいようです。松田さんはショートゲームが抜群に上手いんだなぁ・・・。根本先生は私と同じように、アプローチがイップス気味でしたが、やや改善してきたようです。それにしても飛ぶわい・・・(嘆)。

 

 

後半は前の組が見えましたが、そう詰まることもなく、順調にホールを消化して、2時間弱でホールアウト。7時半頃スタートして一時間の昼食休憩をはさみ12時半頃にクラブハウスに戻りました。ゴルフの日はそれで一日終わってしまう事が多いですが、こうして早く上がれると、一日を長く使える感じでいいですね。

 

 

結構叩いた気がしていましたが、104なら満足のスコアです。アプローチで1~2打多く打ったホールが幾つもありましたが、意外にスコアはまとまりました。松田さん、根本先生はあまり満足していないとは思いますが、随所に技を見せてくれました。「参りました!」ですね(笑)。

 

天気にも恵まれて、楽しい時間を過ごさせてもらい感謝です。また宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと

東京ジャズ2018・9月

今年も東京ジャズがやって来ました。毎年Gt君が声をかけてくれます。今年も「聴きたいのある?」と聞いてくれました。ハービーハンコックとか、マンハッタントランスファーとかブエナビスタソシアルクラブの女性シンガーの方とか、私でも知っているような有名なミュージシャンのステージがあります。

 

その中でジョン・スコフィールドを生で聴いて見たいと思いました。日曜夜のステージのチケットをGt君にいただきました。

 

 

2日の日曜日午後、診療所に来て8月分のレセプトのチェックをします。そのあとで渋谷のNHKホールへ行く予定です。4時ころ終わってしまい、6時スタートのライブに行くにはまだちと早いです。時間つぶしに軽く食べて・・・、でもどっか近くで空いてる店あるかなぁ・・・?

 

角のテング酒場が開いていました。日曜の4時から営業しているんですね。30分程して店に入って見ましたが、さすがにお客さんの姿はありませんでした(笑)。ソース焼きそばとビールを頼みます。のんびり食べて5時を少し回ったところで四ツ谷駅へ向かいました。

 

 

代々木で乗り換えて原宿で降ります。懐かしい代々木のオリンピックプールと第二体育館が見えました。その脇を通って行くと、すぐそこにNHKホールがありました。

 

 

その手前のプラザでは演奏が続いていました。ちょっとだけ賑わいがありました。以前東京国際フォーラムでやっていたころはあちらこちらでステージがあって、活気があったように思いますが、予算の関係なんでしょうか?その頃に比べるとスケールダウンしているかも知れないなあ。

 

 

ホールに入ったのは開演20分前、まだ席はまばらですね。写真撮ったらすぐに係の人に「写真はお控え下さい・・・」と言われてしまいました(笑)。

 

 

怒られたにもかかわらず(笑)、席に着いてもう一枚。こんな感じです。前から12番目くらいの真ん中のブロックです。いつもいい席のチケットをくれるGt君には感謝感謝!

 

 立派なパイプオルガンがあるんですね。

 

さて6時のスタート時間に近づいて来ると、いつの間にほぼ満席状態になっていました。年輩の方々が多いように見えます。(ま、私もその部類に入りますが(笑))ギターがフロントのライブだと、ギター小僧みたいな若いお客さんも多く見える事が多いんだけど、流石にこの日はトリの渡辺貞夫ビッグバンドをメインに聴きに来た方が多いようです。また、この辺だとチケットの値段も高めだから、若い人たちは後ろの方にいるのかも知れませんね。

 

英語、中国語、日本語で注意事項などがアナウンスされた後に舞台が暗くなり、袖からジョン・スコフィールドカルテットの登場です。大きな拍手の中で演奏が始まりました。もうこの後は撮影出来ません。

 

私は特に彼のファンと言う事でもなく、数多い彼のCDの中の一つをかなり前に買ったことがあるくらいのリスナーです。ブルージーでカッコイイなぁ・・・、と漠然に思った程度でしたが、たまたま今回来日した公演のチケットを頂きましたので生で聴けるいい機会だと、このライブを聴きに来た訳です。

 

彼独特のアウト感(ちょっと外した?)のあるフレーズがカッコイイ!と言うファンが多いそうですが、うぅ~ん!なるほど!と感じるフレーズについつい私も声が出始めてしまいました(笑)。

 

こういう大箱だとちょっと声援も上げづらくなるものですが、私の周囲には彼のファンの方が多かったようで、「イェーイ!」とか「うおぉ~!」とか声が上がり始めました。

 

バックの3人(ピアノトリオですが)はとても若いプレーヤーたちでした。あまり知識のない私は誰一人知りませんでしたが、3人とも素晴らしいソロ、またいいバッキングで盛り上げていました。ドラムがいい感じで時折気合の入ったフレーズを入れてカッコよかったです。

 

 

スコフィールドさんも自分のソロの後は椅子に座って若いミュージシャンのソロを聴きながらカッコいいフレーズにはしそうに声をかけたり。ウンウン、とうなずいたり身体を揺らして彼らとの演奏を楽しんでいるかのように見えました。

 

いい歓声や口笛などが客席から聴こえて来て、一体となって盛り上がって行ったギグは8じ時15分過ぎまで続きましたかな・・・。お客さんたちが手を高く上げての大拍手に嬉しそうな笑顔で礼をして4人がステージを降りて行きます。いやぁ、いいライブでしたね。

 

 

この後休憩を挟んでナベサダさんのビッグバンドの演奏で東京ジャズ2018を締める予定になっています。ナベサダさんのバンドはそれこそ日本最高のミュージシャンを集めたような贅沢なメンバーを揃えた日本代表Aチーム!と言ってもいいようなビッグバンドなんでしょうか?聴きたい気持ちはあるんですが、ちょっと遅くなっちゃうからなぁ、席を立ち帰途に着きます。

 

ホールを出てプラザの脇を通ると、あれ?見たことある人達だ。何度か浅草HUBで聴いたことがある、出口優日さんが所属する「Gentle ForestJazz Band」が演奏していました。優日ちゃんは見えないなぁ・・・、と思いつつ通って行きましたら、ステージの裏に優日ちゃんや他のシンガーたちが控えていました。

 

目が合うと彼女が駆け寄って来てくれたので、ちょっとご挨拶。コミカルな脚色をしながらジャズのビッグバンドの演奏を届けてくれるバンドのシンガーです。あまりジャズを聴かない人でも入りやすい楽しいライブをしてくれます。バンマスの努力でしょうか?演奏の場を広げているようですね。

 

 

彼女はもちろんソロ活動もやっていますし、根強いファンがいるようです。紗理さんと組んでチャイチーシスターズと言うデュオでCDも出していますが、今はこのデュオは休止しているみたいです。久しぶりにお会いしましたが、握手をして頂いてそこを去りました。

 

すっかり暗くなった道を原宿駅まで歩きます。バックの若いピアノトリオはいい味を出してたけど、日本の若手ミュージシャンたちもあれに匹敵する、或はその上を行くような素晴らしい演奏をする方々は何人もいるよなぁ、なんて考えながら歩いていました。ギタリストにしたって、スコフィールドも素晴らしいけど、日本にもいいギタリストはいます。そういう日本人ミュージシャンたちももっともっと多くの人に聴いていただける機会が増えてくれたらいいなぁ、とか思いながら家路についた私でした。

 カテゴリ:音楽の話

来るべき時・雨の船カンにて・9/15/2018

2か月ぶりの船カンゴルフでした。いつもの4人です。暑さは和らぎましたが残念乍らの雨予報の土曜日です。

 

 

レストランでコーヒーを飲みながらその日の準備をします。窓の外は・・・、

 

 

小雨模様の中練習しているゴルファーがいますね。傘をさすほどの雨ではありません。これくらいの小雨でおさまっていてくれることを祈って下に降りました。

 

 

さてスタート!いきなりチョロで始まった二人はカートに乗らず歩いて行きます。

 

 今日のキャディは2回目の安藤さんでした。

 

 Osくんと私はカートでのんびり進みます。

 

 

まだ傘は差さずに済んでいます。Hwさんはレインウエアも着ないでのプレーです。実は持ってくるのを忘れてしまったそうです(笑)。このまま小雨で済めばいいねぇ。

 

 

少しづつ雨が強くなって来たぞ・・・、雨の中では写真撮るのもめんどくさい。皆スコアもイマイチだし・・・、

 

 

さっさとハーフを終わらせて(?)レストランへ!いつも笑顔の傳田くんが迎えてくれました。

 

 

 

さて何を頼もうか・・・?

 

 

色々悩みます。ちょっとメニューも変わったのかなぁ。

 

 

結局私とGt君はいつものパターンに・・・(笑)。

 

 

 

お酒のおつまみにいろいろとシェアしています。

 

 

Osくんは二段重御膳、これはなかなかイケそうだなぁ。ちょうどいいおつまみになりそうです。今度はこれにしてみるかなぁ・・。

 

 

麺食い男のHwさん、嬉しそうに上手そうに食うなぁ(笑)。外は雨がやや強めです。

 

 

雨予報でキャンセルが多かったようで組数は少なかった筈ですが、大きなコンペが入っていてためか、やや長い昼休みになりました。この間に小降りになって呉れないかなぁ・・・。

 

 

傘をさしてインスタートに向かいます。昼休みの時よりは多少は小降りになっています。風はあまりないですから涼しくていい感じです。

 

 

ついついHwさんをいいじりたがるGt君。キャップのタグが出ていたのを直してあげてるのかな?

 

 

はい完了です(笑)。さぁ行きましょう!

 

 

カートを降りれば傘を差さないといけないから後半はゴルフの写真殆どなし!こんなのばっかり。

 

 

ゴルフの調子も今一だし、ゴルフは置いといて記念撮影でもしましょう。(笑)

 

 

安藤さんとツーショット!若く見えるんだけど、なんと大学生のお子さんがいるそうです。船カンの美魔女(笑)?今日も良く働いてくれました。有難う!さぁ19番へ急ぎましょう!

 

 

ここも2か月ぶりの「はな膳」さんです。ここもメニューが変ったみたいだなぁ。どこのゴルフ場に行ってもコースの事よりレストランのメニューが気になるOs君もここはお気に入りです。

 

 

飯塚さん、うまくカメラから逃げます。彼女とも長い付き合いになって来ました。

 

 

少しづつ趣向を変えてはいるものの、見た目はいつも似通ったオーダーです(笑)。

 

 

完食!でもここ1~2年、みな少しづつ食が細って来ています。歳ですなぁ・・・。

 

 

お酒の量もやや減って来てるかも・・・、その方がいいよねぇ(笑)、歳を考えて、身体には気を付けましょう!

 

 

誰も興味はないとは思いますが・・・、この日のスコアカード。低レベルの接戦でした(笑)。それにしてもGtくんは絶不調でした。こんなに悪いGtくんは初めて見たかもしれないなぁ。

 

そして大叩きもありましたが、Hwさんが後半スコアをまとめました。終わってみれば同級生3人は4歳年下のHwさんに完敗です。私とOsくんはもう何度もHwさんに負けていますが・・・。

 

ついに来るべき時がやって来ました。Gtくん、ついにHwさんに敗れる!初心者から始めて何年目でしょうか?上手くなったなぁ・・・。私とOsくんもお付き合い、さぁこうなれば・・・(笑)。

 

「おそれいりやした・・・!」と頭を下げた三人でした(笑)。これからは、打倒Hwだ!(笑)ま、取り敢えず今日も楽しい時間をありがとうございました。また宜しくネ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと

FIBAワールドカップ予選・日本vsカザフスタン・9/13/2018

FIBAと言ってもあまりなじみがないかも知れませんね。「国際バスケットボール連盟」の事だそうです。来年行われるワールドカップ予選のwindow4が始まりました。

 

NBAのグリズリーズと2WAY契約を結んだ渡邊雄太選手と、ゴンザガ大の3年生になった八村塁選手が初めて同時に日本代表としてプレーすることになりました。

 

85-70でカザフスタンを圧倒しました。やはりこの二人はちょっとレベルが違います。足首の手術をしたファジーカス選手に代わって、帰化枠にはずっと日本代表を引っ張って来たアイラ・ブラウン選手が復帰しました。

 

 

この三人は同じコートに入れば、これはもうNCAAのトッププレーヤーのコンビネーションです。鮮やかなプレー、フィジカルの強い、スキルも素晴らしい、スピードもトップレベル。その三人のプレーに馬場雄大選手、富樫選手、他の日本代表も自分たちの持ち味を引き出され、本来の実力を発揮しました。いい化学反応が見られましたね。

 

  八村くんの豪快なダンク!

 

それにしても、それまでの予選は(前回は深夜に録画中継がありましたが)殆ど地上波で観る事も叶わなかったんですが、最近の八村くん、渡邊君のNCAAでの活躍ぶりがニュースとして流れる事が多くなって来たからでしょう、今回の2試合はテレビ中継あり、しかも17日のホームゲームはなんと生中継!

 

 アイラ・ブラウン選手も負けじと!

 

B-リーグも頑張ってファンを増やしていることもあり、少しづつバスケットボールの人気も高くなって来ているんでしょうね。もっともっと露出されることが増えてほしいものです。

 

 馬場雄大選手も決めます!

 

残念ながら予選の残り、window5は11月~12月そしてwindow6は来年2月の開催です。ちょっとここには渡邊くんも八村くんも出る事は叶わないだろうなぁ。向こうのシーズンが始まりますからね。なんとか頑張って本選に進んで欲しいけれど、難しいかも知れません。今後の日本代表に注目して見て行きたいですね。

 

 カテゴリ:スポーツの話

マスダ君・2018、8月末

御茶ノ水ナルに行って来ました。鈴木央紹、荻原亮、佐藤ハチ恭彦、原大力のカルテット。ここでも小岩コチでもおなじみのメンバーです。

 

 

実力者揃いのこのメンバーですが、静かに始まりました。一曲目はまだ暖まっていない感じでしたが、徐々にヒートアップして行きます。

 

 

私のマティーニもいつの間にかジャックダニエルのグラスにとって代わっています。相変わらず私の好きなジャイアントコーン多めに入れてくれているミックスナッツ。

 

この夜ここに来たのは今月でここを退職するマスダ君に挨拶をするためなんです。個人的な付き合いはないんですが、私がこのお店に来始めたくらいから・・・、スタッフと一人の客としてホントに長い付き合いになっていましたから、淋しい限りですが・・・。

 

ミックスナッツも私好みにしてくれたり(笑)、いつも良くしてもらいました。彼の作るマティーニを飲むのも今夜限りですね。

 

相変わらず美しい音色で最高にカッコいいアドリブソロを聴かせてくれた荻原くん、徐々に熱が入り超速、エレガントなサックスでお客さんを沸かせた鈴木くん、本当に正確無比なピッチ、そしてビートの効いたベースも相変わらずのサポート役、いいソロも聴かせた佐藤ハチさん、私とほぼ同年代のベテラン原大力さんも力の入ったドラムで素晴らしい灼熱の1セット目が終わりました。

 

 

会計をしながら成田社長に写真撮ってもらいました。もう一枚!

 

 

長い間お世話になりました。また何処かで出会う事もあるかも知れません。身体には気を付けて・・・・、元気でね!マスダくん・・・。

 

最後まで名前の漢字を知らなかったね・・・(笑)。

 

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

大坂なおみ・USオープンテニスを制す!9/8/2018

日曜の朝、PGAのプレーオフシリーズを見ていたら、「大坂なおみ選手が全米オープンテニス決勝でセレナ・ウイリアムス選手を破って優勝!」と言うテロップが流れました。

 

うわぁ、勝っちゃったんだ!凄いなぁ・・・、なんて思いながらゴルフの試合を観ておりましたが、その日一日、その決勝戦での騒ぎの事がいろいろなメディアで報道されたのを見て、大変だったみたいだけど・・・、実際どうだったんだろうか?と気になっていました。

 

夜になって録画中継があり、それを見て実際にどんなトラブルがあったのか分かりました。ちょっと大変な試合だったなぁ・・・。

 

 

いろいろありましたが、このリターンをセレナが拾えず大坂選手の優勝が決まりました。

 

 

サンバイザーのツバを下げて顔を隠す大坂選手、既に涙があふれて来たのでしょうか?表彰式ではウイリアムズ選手が終始大坂選手を気遣っていたように感じました。

 

 

セレナ・ウイリアムスが大坂の初メジャーウインを称えましょう、ブーイングは止めて・・・、と言ったようなことを観衆に訴えます。

 

 

観衆のブーイングは大歓声と拍手に変わりました。

 

 

インタビューの続くセレナにも笑顔が・・・。

 

 

そのあとの優勝者インタビューでの大坂なおみ選手の言葉に、家族席のコーチ、母親、関係者、皆涙が光っています。私ももらい泣き(笑)。ナオミさん、素晴らしかったよ。

 

 

そして終始涙ぐんでいた大坂から笑顔がこぼれました。

 

 

懐かしのクリス・エバートさんも熱いハグを贈りました。エバートさんとかジミー・コナーズさんたちは私と年代が近く、大学時代には彼らや、ボルグ、マッケンロー選手などの熱戦にテレビにくぎ付けになって興奮したものでしたが・・・。

 

 

大坂なおみ選手、全米王者です!オメデトウ!

 

 

数日たっても、様々なコメントがニュースメディアを賑わしています。いろんな意見がありますが、私はウイリアムズ選手は最後に王者の品格を見せてくれたと感じます。またこの舞台に戻って来てほしいですね。

 

そして大坂選手には更なる飛躍を期待して応援して行きたいですね。錦織選手は彼女に先に行かれてしまったなぁ、錦織圭くんにも頑張って貰いましょう!

 

自然災害であったり、いろいろな悲しい切ない出来事が続いていた時に、大坂さんの素晴らしい勝利と謙虚な姿勢はさわやかな風を送って私の心を癒してくれました。有難う、おめでとう!とってもキュートな大坂さんに拍手を送ります。

 カテゴリ:スポーツの話

音楽を肴に飲もう会・9/6/2018at代々木ナル

夏の終わりに久しぶりの七G会有志との「ジャズを肴に飲もう会」とでも言いましょうか、飲み会を企画しまして代ナルに集合しました。私は仕事を終えて7時すこし前に代々木駅に到着。歩いていると前に本日の歌姫が・・・。

 

おやおや、のんびりだねぇ、と声をかけましたら、「そう、時間ギリギリ、打ち合わせも何もなしでスタートよ(笑)。」「ジャズだねぇ(笑)。」等と話しながらお店の入り口に着いて一枚撮らせてもらいました。

 

 

実力派の中堅どころ3人のライブです。階段を降りていつもの席を見ますれば、既に全員集合して楽しそうに談笑中。まずは一枚!

 

 

Yw音楽部長はやけにカジュアルな趣きです。そう、完全リタイアしてエブリデイサンデイの日々を謳歌しているそうです。ゴルフの腕前も上がりそうですな(笑)。

 

間もなく7時15分のライブスタート時刻になりました。まずは清水絵里子さんと川本悠自君のインスト演奏で2曲ほど。

 

 

なんだかローランド・ハナがジョン・ルイスに捧げた・・・・(逆だったかな?)、ピアニストがピアニストに捧げたと言う知らない曲でした。そして川本君の水玉模様のシャツにちなんで「ポルカドッツアンドムーンビーム」、いい歌ですなぁ・・・・。相変わらずの美しいタッチでいいフレーズを奏でる清水さんは私の中では日本を代表する女性ピアニストの一人です。大のジャズファンのYkくんが、「このピアニスト上手いなぁ・・・。」と驚いていました。

 

川本くんもソロで、バッキングでいいフレーズを弾きますねぇ、そしてピッチは正確で殆ど外しません。二人の素晴らしい演奏で空気が温まって来た頃に歌姫の斉田佳子の登場です。

 

 

後から入って来たお客様で程よく埋まった店内に彼女の声が伸びます。今夜も良く声が出てますねぇ。彼女の英語も発音抜群だし、軽いフェイクを入れた正統派の歌いぶりに私も痺れました。隣のYw音楽部長も体が揺れっぱなし(笑)、つい手拍子を打ってしまうYwくんでした。

 

あっという間に終わった1セット目、忘れぬうちにとエリッチョ(清水絵里子さん)の評判高い新CDを購入、サインしてもらいました。Hrさんも同じものを買ってくれました。初参加のKsさん、斉田さんの歌のCDが欲しかったのですが、今日は持ってこなかったとの事、直接送って頂くことにしたようです。

 

 

直接CDにサインしてもらいました。右のスペースは加藤さんにサインしてもらうように空けてあります。何時になるかわからないけど(笑)・・・。席に戻れば・・・。

 

 

セットの合間はこのボックス席は居酒屋状態となります。(笑)あれやこれや話しているうちに・・・。

 

 

45分の休憩時間はあっという間に過ぎて行きます。2セット目の始まりです。

 

 

やはりインストで盛り上げて・・・、おや?奥のカウンターには久々のエミさんが・・・。

 

 

後半さらにノッテ来た斉田さんのボーカルが冴えます。後ろの二人との掛け合いもバッチリで、楽しそうな笑顔の3人の演奏は続きます。ハーモニカの唯一無二の存在であった故トゥーツ・シールマン氏と交流のあった斉田さんがベルギーからシールマンさんに呼ばれて、仕事を全てキャンセルして渡欧、レコーディングしたエピソード等もからめて、最後はシールマンの代表曲「ブルーゼット」で締めてくれました。Ykくんは感動ものでした。

 

 

どうしても一緒に写真を撮らないと帰らないYkくん(笑)。ミュージシャンの方々には気を遣って頂き感謝です。YkくんもエリッチョのCD買って手に持っての撮影です。

 

斉田さんの歌に感動したKsさんも斉田さんと撮って欲しいとの事で・・・、楽しんで頂けたかな?

 

 

うるさい客をいつも気持ちよくもてなして下さる美紗子さんとスタッフ、ミュージシャンに感謝ですね。また宜しくお願い致します。Hrさんからは自宅農園の産物を皆お土産にいただきました。いつも遠路厚木から、ありがとうございます。お店にもおすそ分けしておきましたよ。

 

今月末は七G会コンペが佐倉カントリー倶楽部であり、来月は七高同期会(七星会・都立墨田川高校昭和47年卒、同期会)がいつもの錦糸町のホテルで行われます。なんのかんのでなんだかしょっちゅう会ってますなぁ・・・(笑)。また宜しくネ!

 

 

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

坂井レイラ知美at山野楽器・9/1/2018

オフィスが神谷町にあったころは、有楽町で地下鉄からJRに乗り換えていました。乗り換えの前にちょっと寄り道してよく山野楽器でCDを眺めていたものです。聴いてみようかなぁ・・・・、と、ついつい買ってしまったCDはいったい何枚になる事やら・・・。

 

その山野楽器で坂井さんがインストア(と言っても店の前ですが)ライブをすると聞きました。大宮に墓参に行った帰り、丁度いい時間だったので久しぶりに銀座を歩いて来ました。

 

 

4時すこし回ったところで銀座に到着、パーキングメーターに300円入れて三越前の山野楽器まで歩いて行きます。雨が降ったりやんだりだったので、どうなのか?と思っていましたが・・・、おぉ、やってるやってる!。

 

 

丁度ステージが始まったところのようです。代々木ナルでお馴染みの平岡雄一郎さんのカッコいいギターの伴奏ですきとおった、よく通る坂井さんの歌声に道行く人が立ち止まり聴衆が増えて行きます。

 

 

山野楽器さんは昔からこうやってジャズに限らずいろんな音楽をプロモートしています。こうしていろんな人に聴いて貰えるチャンスを頂いた坂井さんですが、それだけの資質を持って急成長している素晴らしいシンガーです。

 

 

MCも歌も頑張っていた坂井さん、大雨にならなくって良かったねぇ(笑)。神様がちょっとだけ味方してくれたようです。最後の「Over the rainbow」は良かったなぁ・・・、ジーンと来ました。

 

 

坂井さんにももっともっと活躍して欲しいし、この音楽業界自体にも元気になってくれればいいなぁ・・・、と思います。山野楽器さん他、音楽に携わる方々をひそかに応援しています。この世知辛い世の中にあって、音楽は私たちにとって、無くてはならない必要なものだと思っているからです。

 カテゴリ:音楽の話

紗理ライブ・代々木ナル・次女と・・・、8/28/2018

久しぶりに娘二人とライブに行くことになりました。

 

 

ギターの田辺君のライブには、子供たちが大学生の頃から何度も聴きに行っていましたからお馴染です。ノリのいい元気な塩田さんのベースに進境著しいボーカルの紗理さんの三人のメンバーでした。

 

 

娘たちと待ち合わせなので、かなり早めに店に入ると私が一人目の客でした。田辺君と塩田さんがリハーサルしています。(田辺君の方が塩田さんより年上だと思いますが・・・、田辺君は昔から聴いているから、ついこういう呼び方をしてしまいます(笑))

 

 

いつもと違ってビールから・・・、やっぱりビールを一杯飲みたい暑い夏です。

 

 

長女からラインが入り、仕事が忙しくなっちゃって来れそうもないとの事・・・、信用金庫は月末はどうしてもそうなってしまいますかな・・・残念!次女もまだ来ないうちにテーブルの上はこうなっていました。サーモンマリネサラダとマティーニが・・・。

 

 

徐々に入って来るお客さんでテーブル席も半分以上埋まったところでスタートの時間です。このお店はライブスタート時間厳守!こうあって欲しいものだ。まずはインストで2曲程・・・。私の大好きなBewitched(奥様は魔女のテーマ)で始まりました。田辺くんのギターが冴えます!

 

 

さて紗里さん登場!お客さんが盛り上がります。

 

 

5~6年前かな?マスターの具合が悪くなり閉めてしまいましたが、四谷三丁目にあったヴォイスと言うジャズバーで初めて聴かせてもらいました。中村誠一さんの娘さんですから、上手くない訳がないですね。

 

 

何年か前に田辺君がソロギターで「Boy next door」をやり始めた頃、紗里さんのバックに入ったライブの時に、休憩中にいろんな話をしていたら、その曲の譜面を紗里さんにとられてしまいました・・・!とか聞いた事がありまして。

 

その話をしたら、「いやいや、僕の書いた簡単な譜面よりず~っとカッコイイアレンジをした譜面作って来ましたよ。さっきリハしたから今日やりますよ。」と田辺君。その言葉どおり一曲目にやってくれました。大好きな歌です。あまりやってくれる人いないので嬉しい限りでした。

 

 

そして次女到着!元気でやっているようです。あっという間に灼熱の1セット目は終わりました。たまには2回聴いて行きましょう。

 

 

セカンドセットも大盛り上がりでした。紗里さんがアレンジしているんでしょうか?バックの二人との掛け合いがカッコよく、私もまたうるさいお父さんになっていました。声が出ます。紗理さんも、塩田さんも田辺君も声が出ます。3人で気持ちよくスイングして、楽しそうな笑顔の絶えないミュージシャンたちの演奏にお客さんの歓声も大きくなって行きました。

 

もう一つの「Bewitched」も歌ってくれました。最後に歌った歌はとてもきれいな歌でしたが、聴いたことのない歌です。終わってから紗理さんに曲名を聞きましたら、「I” ve heard that song before」と言う歌だと教えてくれました。

 

まだまだ知らないいい歌がありますね。そういう発見をするのもライブ通いの楽しみの一つなのです。

 

素人の私が言うのは失礼なことかもしれませんが、まだ若い(私の娘よりも若い筈ですが・・・)ですが、着実に成長しているように感じた素晴らしい3人の演奏でした。今度はもう一人の娘も一緒に聴きたいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ