新原歯科医院

院長ブログ

ポイチJAPAN、明るい船出・ウルグアイに勝利・10/16/2018

森保監督率いる新生日本代表が強豪ウルグアイを4-3で撃破しました。いやぁ、目を離せない、いい試合でしたね。

 

何故西野監督は彼をワールドカップに呼ばなかったのかわかりませんが、中島翔哉選手が素晴らしい技術を見せて得点に絡みました。南野選手、堂安選手も強豪を恐れぬ堂々たるパフォーマンスで、素晴らしいゴールを決めました。

 

 

大迫選手は1点取りましたが、もう2点くらいは取れていた筈です。決定的チャンスでシュートミスがありました。柴崎選手は私の目にはあまり目立たなかったなぁ・・。

 

守備は少々お粗末な面もありました。3失点の内2点は不要な失点のように見えました。でも相手も多くの決定的チャンスでシュートミスをしていましたから、3失点に抑えられて幸運だったのかもしれません。

 

 

でも何よりも、前へ前へ、と言うスピードある攻撃で多くのチャンスを作り、ウルグアイから4得点を挙げた攻撃陣は素晴らしかったですね。

 

今までの日本代表の試合では、「なんでここで後ろに戻すんだよ!」、「なんでここでシュート打たないんだよ!」、「なんで前を向いて勝負しないんだよ!」、見ていて怒鳴りたくなるシーンが多かったものですが、この夜の日本代表は世界のトップチームのように相手を恐れず勝負していました。

 

 

昔、中田英寿選手が「どうやって前を向きながら後ろからのパスを受けるか考えていた。」と話していたことを思い出します。

 

南野選手も中島選手もトラップでボールを止めずに前に送り素早いターンをして相手ディフェンダーを振り切り、またドリブル突破で相手を相手をほんろうしてチャンスを作りました。そして積極的にシュートを打ち、そのこぼれ球からまたチャンスを生みました。

 

 

解説人も驚きを(嬉しい驚きですね)隠さず、称賛していましたが、試合後のウルグアイチームの監督、選手たちも同様に日本の攻撃陣を称えていましたね。本当に期待の持てる新人たちといい滑り出しを見せた森保(ポイチ、と言うようになるかも知れないね)ジャパンです。

 

 

辛口で知られるセルジオ越後さんも流石に嬉しかったようですが、「このパフォーマンスを代表でも所属チームでも継続して行けるかどうかが大事なんだ!と、一応釘を刺してくれました(笑)。

 

これからもセルジオ越後さんを喜ばせてくれるような強い日本代表に育ってくれる事を期待して見て行きたいものです。期待させてくれるだけの資質がこの試合では見られました。

  カテゴリ:スポーツの話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > ポイチJAPAN、明るい船出・ウルグアイに勝利・10/16/2018