新原歯科医院

院長ブログ

銀座スイング初ライブ・1/7/2019

有楽町のスイングに行って来ました。今年のスイングの初ライブです。こんなメンバーでした。田辺商店や遠藤征志さんは何度も聴いていますが、井上真紀さんと言う方は初めて知りました。さてどんな歌うたいなんだろう?

 

 

入り口の写真撮ってたら、中から見えたみたいで、田辺充邦くんご夫妻が新年のご挨拶に出て来てくれました。相変わらず美しい奥様の織絵さん、今夜は愛娘のハロちゃんは連れて来ていないのかな?今年もよろしくお願いいたします。

 

 

スタッフの斎藤さんに「何処にしましょうか?」と聞かれましたが、やはり出口に近いここにしてもらいました。飲むとトイレが近くなる質なもんで(笑)、お客さんの前を通らずに、(ここは店の外にトイレがあるのです)小用に行けますのでね( ^ω^)・・・。

 

 

カウンタ席は満席でした。正面になんだか見た事があるような女性が・・・、あっ!阿川泰子さんではありませんか・・・!丁度この写真ではピアノの遠藤君の陰に隠れて見えませんが、両脇の男性としきりにお話し中でした。そしてその隣には有名なジャズファンの「ご隠居」がいらっしゃいました。

 

田辺くんは若い頃から阿川さんのバックでギターを弾いていますから、それで聴きに来てくれたんでしょうか?

 

 

ここではこういうオーダーです。マティーニがないのでビールを頂きそしてボトルキープしてあるのはハーパーです。以前はジャックダニエルだったんですが、この店ではジャックが何故かものすごくいい値段なもんで、貧乏な私は一番安いこのウイスキーに代えました(泣)。

 

 

昔は一番奥か真ん中のボックスによく入ったんですけど、先ほど書いたような訳で、最近はよくこのあたりに座ります。ゆったりしてるし、こうしてモニターで奥のミュージシャンも見えるようになってます。

 

 

相変わらずよくしゃべる田辺君がマイクをとり、いろいろ話し始めます。演奏が始まるまで少々かかります(笑)。まずはインストで・・・今年のスイングの初ライブの始まりです。

 

 

この席にはこんな可愛い友達が相席してくれているのです。久しぶりに聴く遠藤さんのピアノが冴えわたります。昨年は能楽堂で「源氏物語」をオリジナル曲で表現するというコンサートを開き、大成功だった・・・、と言う事など田辺君が紹介してくれました。

 

 

美しい音色に加え、強弱のメリハリを上手く使ったサウンド、そして彼の個性あふれる優雅なフレーズに田辺君のギターが応えます。織絵さんの綺麗なチェロのソロ、そしてバックでも彼女のベースラインがしっかりとリズムを刻みます。

 

途中で田辺君が初めて阿川さんの仕事を貰った時のエピソードなども面白く語られて、阿川さんもそれに応え、客席が笑いに包まれ、リラックスモードで楽しいライブが続きます。30分程のインストの演奏で箱が熱くなったところにヴォーカルの井上さんが登場しました。

 

 

どうもアップにするとうまくピントが合わないなぁ(笑)。とてもチャーミングな女性でしたが、カメラマンが下手くそで残念!後ろにちょこっと阿川さんが見えますが、全くピンボケでした。

 

 

聴いた事のないボーカルには,どんな歌を歌うんだろう?といつも興味津々です。裏切られる事の方が多いんですが(泣)、今回は当たりでした!へぇ~、こんな歌手がいたんだなぁ・・・。

 

 

英語の発音は抜群ですね。バイリンガルの方以外ではこれだけ英語の上手な歌手はそう多くはありません。安心して聴いていられました。歌も上手です。あまり張り上げるタイプではなく、しっとりと歌いあげてくれます。心地よく聴かせてもらいました。

 

 

いつの間に私の前のボックスにもお客さんが入っています。結構ファンの方々が多いようですね。私は初めて聞いた名前でしたが、私も素人同然ですから知らない上手な方がいっぱいいます。この人も結構知られている方なんでしょうね。

 

 

 

なじみ深いスタンダード曲中心に、井上真紀さんの落ち着いた歌いぶりに、、バックの3人も素晴らしいソロ、バッキングを絡め、素晴らしい音の世界が奏でられました。

 

大拍手に包まれた1セット目の後レジに向かうと、田辺君と遠藤君が挨拶に来てくれました。今年も宜しくお願い致します。そして初めて聴いた井上さんですが、また機会あればぜひ聴いて見たいと思いました。今年のファーストスイングでした。

  カテゴリ:音楽の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > 銀座スイング初ライブ・1/7/2019