新原歯科医院

院長ブログ

テニス肘

毎月決まったメンバーで船橋カントリー倶楽部でゴルフをしています。その他には年に4回の七高グリーン会と言う高校同期会のゴルフコンペでゴルフをします。根本先生や松田さんとも不定期に時折ゴルフをします。

 

3月は七G会がありました。たまたま月に一度の船カン会と2週連続のゴルフとなりました。そのあと、どうにも左腕前腕部が痛みます。2週連続ゴルフしたくらいで筋肉痛になっちゃったかな?ひ弱になったもんだなぁ・・・、等と思っていました。

 

ところが痛みが一向に引く気配がありません。一か月以上たってもまだ痛みます。筋肉痛なら数日あればよくなるのに・・・、おかしいなぁと思ってネットでこういう痛みについて調べてみました。どうやら「テニス肘」とやらになってしまったようです・・・。

 

 

 

三つのテストをして痛みがあれば、「テニス肘」と診断されるんだそうです。すべて○でした。軽いものをつまんで持ち上げるだけでズ~ン!と痛んでつかんだものを落としそうになるくらいです。でもテニスなんてやらないし、第一左腕です・・・。

 

いろいろ読んでみたら、その症状の通称ですが、テニスプレーヤーによくみられる症状であることからテニス肘と言うようになりましたが、別にテニスをやらなくともそうなることも多々あるんだそうです。ご婦人がただ家事をこなしているだけで、例えば雑巾を絞ったりする動作から肘の健が炎症をおこしてテニス肘になることも多いそうです。正確には「上腕骨外側上顆炎」と言うそうです。

 

 

因みに「ゴルフ肘と言うのもあるそうで・・・、

 

 

でも私はテニス肘です。ま、ゴルフをやるとは言っても腰痛持ちの為、あまり多く練習は出来ない身体です。打ちっぱなし練習場で100発、200発打つと言う人の話を聞きますが、腰が痛くなっちゃうから、私はせいぜい50発くらいしか打ちません。ゴルフ肘になるほどの負担はかからないようです。

 

でもまぁゴルフに行ってから痛みが出て来たから、何かの引き金にはなったのかもしれないけど、やはり原因は老化現象なんだろうなぁ・・・😢。安静にすること・・・、ストレッチをすること・・・、肘バンドを使うこと・・・、など痛みの軽減に必要な事が書かれています。早速肘バンドを購入、使って見ました。

 

 

うん、ちょっと楽にはなる感じ。でもあまりきつくすると血流が滞りそうだなぁ・・・。3か月くらいで良くなる人もいるらしいけど、どうなりますやら・・・。還暦になったころに50肩(60歳でも50肩って言いますね(笑))になりましたが、痛みがなくなるのに1年半かかりました。少しでも良くなってくれると嬉しいんですが・・・。

 

ゴルフクラブを握るだけで痛みます。打つと痛みが悪化するみたい。しばらくは打ちっぱなしにも行けないなぁ・・・。ま、これも悪いスコアの言い訳にはなるかもなぁ・・・(笑)。腰痛、膝の痛み、顎関節の痛み、たまにある咬合痛・・・、普段の生活には支障ありませんが、いろんな痛みが出て来ました。こういうものと仲良くやって行くように心がけている65歳の今日この頃です・・・(笑)。

 

それにしても、サロンパスって結構匂うものなんですねぇ・・・(´;ω;`)。

  カテゴリ:日々のこと

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > テニス肘