新原歯科医院

院長ブログ

富永啓生くん続報・11/22/2019

富永啓生くん、頑張っているようですね。所属する短大レインジャーカレッジのバスケットボールは、開幕9連勝!ついに全米ランク1位に上がりました。その中で富永君は毎試合出場していて、2度チームのリーディングスコアラーになっています。

 

 

平均17.1得点、3ポイントの成功率なんと50%!これで見ると7試合出場となっているんですが、各試合のスタッツを見ると9試合全てに出ています。どうもこのHP、よく分からなくて、プレータイムが分かりません。かなり試合数が多いので(11月に入って20日間で9試合!)出場時間の配分を考えて、長く出る時とそうでない時があるのように思えます。

 

それにしても、まだ言葉にはかなり不自由している筈ですが、その中でのこの活躍ぶりは凄い!20日の試合の解説では、「トミナガの3連続3ポイントが勢いを与え・・・、前半の44-22と言う大差をつけるスタートとなった・・・」ようなことが書いてありました( ´∀` )。

 

 

そのコメントにこの写真が添えてありましたが、これはその試合の写真ではなく古い写真みたい( ^ω^)・・・。11月はあと2試合、計11試合/月、と試合が多かったですが、12月は5試合、1月、2月は各7試合と、少し落ち着いて来ます。多分富永くんのプレータイムも増えて来るんではないでしょうか?

 

少しづつ必要な言葉も聞き分けられるようになって来ると思います。コミュニケーションがとっても大事なこのスポーツです。「ピックが来るよ!」、とか「ここでスイッチ!」とか声をかけながらプレーするんだと思います。言葉の壁が低くなれば、そういったことも解るし、コーチの指示も解って来ますからね、もっともっと活躍が期待できると確信しています。

 

アメリカの短大システムですが、日本とは全く違っていて、授業料(経済的な面)や、成績の面で初めから4年制の大学に進学することが難しい学生は、公立短大に入ってから3年時に4大に編入することを狙ってまず短大に行く・・・、と言う若者が多いんです。

 

スポーツの面でも、ちょっとNCAAディビジョン1の学校からオファーを貰えなかった・・・、選手が短大で2年間腕を磨いて4大に編入することを目標にして入るプレーヤーも多くいるようです。富永くんもその方向でレインジャーカレッジに入った訳ですが、ではアメリカの短大バスケの実力はどうなんでしょうか?

 

もう40年前になりますが、私がロマリンダ大の歯学部にいた頃です。ロサンゼルスに、羅府新報と言う日系新聞がありまして、(日本語の新聞です)その新聞に「バスケットボーの日本代表チームが、私のいた近くの短大と試合をする」と言う記事が載っていました。

 

私と同年代の北原選手、岡山選手を擁して、オリンピックアジア代表にあとわずか・・、(決勝で中国に敗れましたが・・・)と言うところまで行ったいいチームでした。その日本代表がひっそりとアメリカ遠征をしていたんですね。

 

友人とその試合を観に、その短大(どこだかは覚えていませんが)の体育館へ行きました。いい試合だったけど・・・、アジアでトップレベルだった日本代表はカリフォルニアの短大チームに接戦で負けたんです。

 

あれから40年経っています。日本も、アジアも、世界もバスケの世界は大きく進化、変化しましたから、今のアメリカ短大のレベルがどうか・・・、とはっきりとは言えませんが、昨シーズン後、レインジャーカレッジから8選手がNCAAディビジョン1のチームからオファーを得て編入したんだそうです。

 

今年八村くん、渡邊くん、ファジーカス選手が日本代表に入る前の日本代表は、アジアでフィリピン、台湾にも勝てずワールドカップアジア予選で全敗でワールドカップ出場は絶望的でした。数年前渡邊くんがいた頃のジョージワシントン大が日本へやって来て日本代表と試合しました。日本代表はジョージワシントン大に歯が立たなかったですね。その年のジョージワシントン大は強かったですが、それでもNCAAトーナメントには出場できなかったんです。

 

失礼な言い方になるかも知れないけど、B-リーグ勢だけでの日本代表ではNCAAディビジョン1の中堅以上のチームには勝てないと思います。ちょっとレベルが違いすぎます。(サッカーも同じですね、先日のベネズエラ戦の惨敗がそれを証明しました。)今年のワールドカップで、世界のレベルの高さ、世界レベルとの差を思い知らされました。

 

そしてそういったNCAAディビジョン1のチームに8名も送ったレインジャーカレッジ(8名と言う事はスターター5名、プラス3選手です!)でいきなり活躍している富永くんは凄いなぁ、と思います。そして今シーズンはまだ調子が出ていないようだけど、UNCWで1年時からスターターとして出ていて、NCAAアシストランキングで2位に入るという活躍を見せたテーブス海選手も凄いと思います。これからの富永くんのレインジャーカレッジでの成長に大きな期待を抱いています。

 

あと、馬場雄大選手ですね・・・、なんとか頑張って欲しいですが、まだまだ彼も言葉では苦労している筈ですし、今まで(Bリーグ)との違いにまだまだ勉強することは多いんでしょう。彼にも期待していますが・・・、直近の試合で「Inactive」となっていて」ベンチ入りしていなかったようなのが気がかりです。

 

宮地陽子さんが、今年は日本選手全員を追いかけるのは諦めた・・、(かなり忙しいのに大変だったと思います<(_ _)>)と言って(´;ω;`)、あまり情報をツイートしてくれないもんで・・・(´;ω;`)、詳細が分かりません。日本のメディアがかなり八村くんのところに押し寄せていることがアメリカメディアの間で話題になっているそうですが、馬場君の事もチェックしてくれないものかなぁ・・・😢。

  カテゴリ:スポーツの話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ > 富永啓生くん続報・11/22/2019