新原歯科医院

院長ブログ

本間彩菜ミニアルバムリリース記念ライブ・代ナル・12/3/2019

本間彩菜さんのライブに行って来ました。ミニアルバムのリリース記念なんだそうです。早くもCDデビューかぁ・・・、なんて思いながら代々木の町へ・・・。

 

 こんなメンバーでした。

 

そっかぁ・・・、もう12月ですものね・・・、クリスマスの飾り付けがしてあった入り口へのホール・・・、今年ももうすぐ終わりだなぁ・・・(´;ω;`)。

 

 

階段を降りて店内に入れば、今夜もかなりのお客様が聴きに来てくれていました。よかったねぇ( ^ω^)・・・。

 

 

まずはベテランのサポーティングメンバー、田辺充邦くんと塩田哲嗣さんのインストデュオからステージが始まりました。店内の空気が暖まったころ、歌姫が呼び出されます( ´∀` )。

 

 

スマホを向ければ19歳の若い表情がチラリ( ´∀` )。可愛いポーズを決めてくれた彩菜ちゃん。さぁステージへ・・・、頑張って頂戴!

 

 

ここでのライブはもう4回目くらいなのかなぁ・・・、1回目はかなり緊張していたようなところが見えました。もうだいぶ慣れて来たみたい( ^ω^)・・・。楽しいステージになりました。

 

 

塩田さんプロデュースのミニアルバムは彼女のオリジナル中心と言う事で、このステージはオリジナル、スタンダード織り交ぜての選曲、ステージも客席も、御覧のような笑顔にあふれたステージになりました( ´∀` )。

 

 

ベーシストとしても、プロデューサー、エンジニアとしても活躍中の塩田さんですが、スティールパン・レコードと言うレーベルを立ち上げたそうで、その塩田さんのレーベルからのアルバムデビューとなったそうです。田辺くんや塩田さんと言ったベテランにサポート、指導を受けて、こうしてステージに立つ19歳、いい歌手に育ってほしいなぁ( ^ω^)・・・。

 

 

まだシンガーとしてスタートしたばかりの本間さんです。まだまだのところもあるんでしょうが、いいサポートを受けてどんどん成長して行ってくれることを祈っています。暖かい沢山の拍手を受けてあっという間に楽しい1セット目が終わりました。貴重なミニアルバム買って行きましょう( ´∀` )。

 

 

てっきりCDかと思っていたら・・・、なんだこれは・・・?ま、ホントはライブのMCでこのミニアルバムの説明がありました。なんとまぁ・・・、USBメモリーなんですって!!!ハイレゾ録音なんだか知りませんが音質はCDよりも良いとの事、パソコンで聴くんだそうです。

 

 

缶の中にUSBメモリーと、巾着袋が入っていました。これからはこういう時代になっていくんでしょうか・・・?ギターの田辺くん曰く、今の若い人たちは、もはやCDどころかCDプレーヤーさえ持っていない人が多いんだそうですΣ(゚Д゚)!中々ついて行くのが大変だ・・・(´;ω;`)。でも、これパソコンに入れてトライしてみましょうか( ^ω^)・・・。

 

塩田さんと彩菜ちゃんが缶の中にがサインしてくれました。これからも良い成長ぶりを見せてくれることを祈っています( ´∀` )。またよろしくお願いいたします。<(_ _)>。

 

 

 

 

 カテゴリ:音楽の話

井上・ドネア戦・11/7/2019

本当に遅ればせながら・・・、ですが、先月の井上尚弥選手対ノニト・ドネア選手の試合の事を書いて見ます。本当に凄い試合でした。中々余裕がなくってこの試合の事に触れることが出来ませんでしたが、一か月以上遅れてのレポートです<(_ _)>。

 

 

世界中のメディアが今年のベストバウト候補だ、と言うほどの激戦でもあり、また感動的な試合でしたね。会場は満員のお客さんで盛り上がりました。

 

 

フィリピンの英雄、ドネア選手です。大方の予想は井上有利、私の患者さんにフィリピン系の方がいまして、必ず3ヶ月に一度検診にいらっしゃる方なのですが、その方が大のボクシングファン。よく後楽園ホールに試合を観に行くほどです。その方も自国の英雄が井上に破壊されてしまうんではないか・・・、と心配だ・・・、と話していました。

 

 

私はそこまで井上選手が有利とも思っていませんでした。彼は今までクリーンヒットを食らったことがありません。その前に圧倒的な破壊力のパンチで早い回に相手を葬って来ました。しかし今回の相手は別格、5階級制覇のハードパンチャーです。まだ打たれ強さについては未知数の井上選手がドネア選手のパンチを受けたときそうなるのか・・・?不安がありました。

 

 

試合が始まりました。すごい緊張感のある打ち合いです。この写真のように、二人とも相打ち覚悟で大きなパンチを飛ばします。まさに「肉を切らせて骨を断つ」・・・ような熱い戦いが始まりました。

 

  

 

第2ラウンド、井上が被弾!あとで分かった事ですが、おそらくこのパンチで井上選手は眼窩底を骨折したようです。凄いパンチでしたが、井上選手は耐えました。テストされたことがなかった打たれ強さ・・・、彼は強い!

 

 

試合中には、その骨折の事は分かりませんが、カットして出血、解説陣も心配そうにコメントしていましたね。でも井上選手はすぐにバウンスバックしました。気持ちも強いですねぇ。

 

 

暫くはお互いにパンチを貰いながらの激しい打ち合いのラウンドが続きましたが、両者とも決定的なダメージを与えられませんでした。クリーンな素晴らしいボクシングです。そして大きな山場が第9ラウンドにやって来ました。

 

  

 

ドネア選手の強烈な右がクリーンヒット!受ける瞬間まで目をつぶらず相手を睨む井上選手が印象的だなぁ・・・。

 

  

 

井上選手がクリンチに逃げたシーンを初めて見ました。

 

  

 

別の角度から・・・。

 

  

 

・・・・・、井上選手の顔が・・・、まさにひしゃげました・・・。恐ろしいパンチだ!

 

  

 

試合後にドネア選手は「自分のパンチにあれほど耐えたボクサーは初めてだ・・・」とコメントしていましたが、ここも耐えきった井上選手、次のラウンドにはお返しです!なんと心の強いチャンピォンでしょう!

 

  

 

そして運命の第11ラウンド。井上選手のボディブロー!ドネア選手の腹にめり込みました!

 

  

 

思わず逃げるドネア選手・・・、そして、ついに膝をつきました・・・。

 

  

 

この時に、10カウント過ぎたんじゃないか・・・?と言う方も多かったんだけど、ドネア選手立ち上がりました。ドネア選手の強いパンチに耐えた井上選手も凄いけど、井上のボディーブローをあれだけもろに受けて立ち上がった選手も今までいなかった!ドネアも強いなぁ・・・。

 

  

 

最終ラウンド、井上選手は猛攻を仕掛けますが、ドネア選手も打ち返し、耐え続けました。そして試合終了・・・。

 

  

 

やり切った両者・・・、笑顔で近寄ってしっかりとハグします。

 

 

この感動的なシーンに満員のお客さんも大拍手!私は観ながらウルウル・・・( ´∀` )・・・。

 

 

そしてコーナーに別れたあとも、井上選手がドネアに歩み寄って感謝の礼です。いやぁ、言葉にならない素晴らしい試合になりました。解説陣も声を揃えて感動的な素晴らしい試合だったことを伝えていました。あのダウンが無ければ難しい判定になっていたでしょうが、結果として3-0で井上尚弥選手の勝利。しかし勝ち負けを越えた感動を与えた好試合でしたね。

 

 

このあと、先ほど話したフィリピン系の患者さんからラインが入って来ました( ´∀` )。「素晴らしい試合だった。井上選手を祝福し、偉大なチャンピォンになって行くことを信じている!」とのこと・・・。私も「ドネアも凄かった・・・、最後のハグに感動した!」と返すと、「私も泣きそうになった・・・。」と返って来ました( ´∀` )。

 

さぁ、井上選手はこれから何処へ行くんだろう?階級を上げていくのか?このバンタム級で他団体との統一戦をして行くんだろうか・・?どうするにせよ、素晴らしいファイトをこれからも見せてくれるでしょう!これからも、村田諒太選手と共に目が離せません!期待して見て行きましょう。

 カテゴリ:スポーツの話

親娘会・代ナル・11/22/2019

久しぶりに代ナルで親娘会でした。こんなメンバーのある夜。

 

 

金曜日は私は6時で仕事が終わります。政吉でちょい飲みして早めにお店に入ります。

 

 

娘たちは7時半ころ着く・・・、とラインが入って来ました。いつものオーダーをしてひとりライブの始まりを待ちます。

 

 

曽根くんと遠藤くんのインストデュオでスタート。2曲、彼らのオリジナル曲を奏でました。二人とも美しい曲を書くなぁ( ^ω^)・・・。

 

 

さぁ、歌姫登場!なんか、最近は貫録すら感じます( ´∀` )。安定の情家みえさんです。もう、何年前から聴いているだろう・・・?シャイな性格丸出しだったころに比べて、MCも上手になりました( ´∀` )。長靴とレインブーツのお話から彼女のステージの始まりです( ´∀` )。

 

 

2曲ほど歌ったあと、ちょっとトイレに入っている間に、長女が席に座っていました。いつの間にかほぼ満席、人気ありますね( ´∀` )。美しい音色の二人のバック、綺麗な声で情感込めて歌う情家さん、うまくかみ合っていいライブになりました。お客さんも満足そうな笑顔で聴き惚れています。そして次女も到着、私のボックスも満席です( ´∀` )。

 

 

実はこの日はもう一人( ^ω^)・・・、長女のご主人と初めてお会いしました( ´∀` )。まだ同居してはいないのですが、つい先日入籍を済ませたそうで・・・。はい、これからは君たちの時代ですね。これからいろいろあるとは思いますが、幸せな家庭を築いて良い人生を送って欲しいものです。

 

1セット目のあと、しばし歓談して2セット目の始まる前に私は席を立ちます。せっかく来たのだから、若い人たちはもう1セット聴いて行きます。ちょっと緊張していたようなご主人と握手をして、お先に失礼しました。

 

レジを済ませ、遠藤くん。曽根くん、情家さんにご挨拶をして・・・、そうそう、11月いっぱいで退職するスタッフのヨウコさんとも握手して、お別れしました。もう会う事もないんでしょうが、彼女にも幸せな未来をお祈りして店を出ました。出会いもあり、別れもあった久々の代ナルでの親娘会でした。

 

 

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

12/30~1/3は休診とさせていただきます。

2019~2020、年末年始の休診のお知らせ。

 

本年12/30~新年1/3は休診とさせて頂きます。

土日の休みを入れますと、12/28~1/5の間はお休みです。新年は1/6(月)から通常通りの診療を開始いたします。お休みの間はご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。皆さま良いお年をお迎えください。

 カテゴリ:お知らせ

佐藤洋祐ライブ・コクリコットℱ・11/20/2019

とある水曜日、自宅マンションの消防点検があり、早引けしました。早々に業者さんが点検にきてくれまして、バルコニーの避難ハシゴのチェック終わり!ヒマになりました(笑)。ちょっと船橋まで行って見ましょうか( ^ω^)・・・。

 

 

河村留里子さん、なんと2件目オープン!素晴らしいピアニストたちにごランドピアノを弾いて貰いたい・・・、という事から・・・?と聞いていますが、定かではありません。コクリコットの隣のテナントが空いたところにコクリコットフォルテ、と言う店を男^分しました。ちょっと奥行きのあるこのお店にはグランドピアノを置くスペースがあります。

 

 

この夜の出演は留里子さんの音大時代の同級生、今大活躍中の中島錠二さん、そしてアメリカでボーカリストのグレゴリー・ポーターのバンドに所属していた(グラミー賞アルバム2枚に参加)と言うアルトサックスの佐藤洋祐さんでした。

 

 

まだ新しい匂い( ^ω^)・・・、の香るような綺麗な店内です。さぁスタートです。いきなり素晴らしい演奏が始まりました。入り口の壁がガラス張りなので、道行く人がちょこっと覗いて行ったりします( ´∀` )。入って来ればいいのにねぇ( ^ω^)・・・。

 

 

中島くんも素晴らしいソロを聴かせてくれます。佐藤くんも負けてはいません( ´∀` )!丁々発止の素晴らしい二人の演奏に声を出してしまう私です。残念ながらお客さんの少ない店内ですが、熱い空間に変貌して行きました。

 

途中で誰か中を覗いている人がいました。あれ?田辺充邦くんではないの・・・( ´∀` )、招き入れます。彼、隣でボーカルとデュオのステージの為に来たそうで、隣(コクリコット)は8:00スタートなんでその前にちょっと様子を見に来たようです。一曲聴いて行きましたが、「すっげぇ~~~!ニューヨークにいるみたいだぁ・・・!」と呟いて自分の仕事へ帰って行きました( ´∀` )。

 

 

それを聞いた佐藤くん、「いや確かにニューヨークにずっといたんですけど、今は日本的なものを取り入れてやっていきたいと思っているんです。」と話して、日本語の歌を一曲歌ってくれました。楽器もクラリネットやフルートに持ち替えたり、歌も上手いです。今はボディーアンドソウルでレギュラーで出演していますが、有楽町のスイングでも聴いたことがあります。これからどんどん活動の場を増やして行ってくれることを期待しています。

 

もうかなり前になりますが、青山のブルーノートでアル・ジャロウのライブを聴きに行ったことがあります。その時に全身楽器のようなアル・ジャロウの歌に驚かされましたが、ひとつ興味深い演出がありました。一曲だけ、バックのミュージシャンたちがそれぞれ歌のパートをとって歌ったんです。ギターだったり、サックスだったり、ドラマーだったり・・・、

 

みんな歌がすっごく上手かった・・・(-_-;)。勿論主役のアル・ジャロウには敵わないんだけど・・・、この人達、日本のどの歌手よりも上手いんじゃないか・・・(-_-;)、とさえ思ってしまった私です。素晴らしいミュージシャンたちはそれだけ優れた音感を持っているわけだから、歌だって上手くて当たり前なんだなぁ・・・、と思いました。

 

最近トランペットの市原ひかりのさんも時々歌うようになりましたが、彼女も上手ですよね・・・。佐藤くんもいい歌を歌います。ボーカリストの皆さん・・・、Wacth Out!(-_-;)・・・ですよね・・・( ´∀` )。1セット目が終わって、私の横の席にいたお客さんが「いやぁ、素晴らしいねぇ!」と話していました。

 

私も「いやあ!本当に素晴らしいですよね・・・、もっとみんな聴きに来ればいいのに・・・(´;ω;`)」なんて会話をしながら、相変わらず1セットで席を立つ私です。次の日も仕事です。最近めっきり疲れやすくなった老人ですから、お先に失礼いたします。また是非宜しくお願い致します。<(_ _)>

 カテゴリ:音楽の話

富永啓生くん、進路決定!2019秋

今さっき宮地陽子さんのツイッターを見ましたら・・・、な、なんと!富永啓生くん、早くもNCAAディビジョン1の大学に編入予定が決まった!と言う情報が書いてありました。いますぐ、ではなく短大卒業後(2年後)にネブラスカ大学に編入することに決定した(大学からスカラシップを得てチームに入ることを合意した)との事です。

 

 

いやはや・・・、まだレインジャーカレッジでプレーし始めたばかりです。彼のシューターとしての実力が認められたと言う事ですね。素晴らしい!宮地さんによると、ネブラスカ大学自体はNCAAディビジョン1の中では中堅クラスだそうですが、所属するビッグ10コンファレンスは、あのマジックジョンソンがいたミシガンステイト始め、強豪チーム揃いのリーグで、毎年NCAAトーナメントに数校出場しているメジャーコンファレンスです。

 

 

いやぁ・・・、2年後が楽しみになって来たぞう( ´∀` )!まずは短大での2シーズンでの成長を見守って行きましょう!そしてBig10でのさらなる成長は将来の日本代表にとって大きな、そして貴重な戦力となってくれることでしょう。そして、その先にはNBAも視野に入って来るわけですから( ^ω^)・・・。頑張れ!

 カテゴリ:スポーツの話

テーブス海選手、NCAA2シーズン目序盤・苦戦中?

NCAAのファーストシーズンにアシストランキングで全米2位に入るなど、(期待を上回る・・・と言っては失礼かな(笑)?)活躍を見せたテーブス海選手の2シーズン目が始まりました。ちょっと苦戦中、

 

シュートは入らず(35%)、アシストも平均4を下回る数字、ターンオーバー多し・・・、

 

 

テーブス海選手だけでなく、チーム全体の問題でもあるようですが・・・、ボールがまだ手についていないのか・・・?直近の試合(今朝終わりました)ではやっと彼らしい試合が出来たようです。

 

 

ただ相手のEmory & HenryはNCAAディビジョン3のチームだそうで、レベルの差が出たんでしょう。前半で大差がつき、後半は殆どリザーブの選手がプレーしていたようです。でもまぁ、こういう試合で試合勘を掴んで、徐々に調子を上げてほしいですね。

 

実際に試合を観た訳ではなく、スタッツを見て想像しているだけなので、なんとも言えないのですが・・・(-_-;)。これからはディビジョン1のチームとの試合が続き、コンファレンスの試合に入って行きます。2シーズン目のテーブス海選手、どんな活躍を見せてくれるでしょうか?

 

富永啓生くんのレインジャーカレッジも試合がありましたが、まだスタッツが見れません。彼の活躍にも本当にに期待しています。ウイザーズの八村選手はNBAの洗礼を受け始めているようです。

 

彼とポジションが重なるドイツ出身の2年目ヴァグナー選手、そしてラトビア出身のバルターン選手がいいスタッツを残しています。八村くんもさらなる成長を見せて、スターターのポジションを死守してほしいものです。チームは彼にかなり期待を寄せているようですが、きっとそれに応えてくれることを祈っています。なにしろウイザーズのHPに日本語ページまで作ってしまっていますから( ^ω^)・・・。

 

G-リーグの渡邊選手は安定したプレーを続けています。馬場選手は少しづつ得点も上げていますが、10分前後のプレータイムでも、同程度の試合時間のチームメートに比べるとシュートの数が少ないように見えます。

 

これも試合を観ていなくって、スタッツからの想像でしかないんだけど、ボールがまわって来ないのかなぁ・・・?アメリカメディアが驚くほどの多くの日本メディアが八村くんの試合に行っているそうだけど、たまには馬場くんの試合の様子なんかも伝えてくれないかなぁ・・・(´;ω;`)。スタッツだけならすぐわかりますからね・・・(-_-;)。これからもチェックして行きたいと思います。みんなガンバレ!

 カテゴリ:スポーツの話

宮坂俊行withスィンギートリオ・ボディーアンドソウル・11/9/2019

久しぶりに青山のボディーアンドソウルにお邪魔しました。今年二回目くらいかなぁ・・・?

 

 

宮坂俊行さんは、このお店に出始めて1~2年なんでしょうか?なんでもウイリアムス浩子さんに師事しているそうですが、このお店のオーナーがライブレポートで絶賛していましたので、一度生ライブで聴いて見たかったボーカリストです。最近どうも疲れてしまって、遠出しないようになった私ですが、この日は土曜日、次の日は休みだし、頑張って亀戸から表参道迄行ってみました。

 

ちょっとスタートの時間を過ぎた頃にお店に入りました。山本剛さんのトリオの演奏が始まっていました。奥のカウンターに席を貰います。いつも楽しいこのベテラントリオ。

 

 

今夜は大隅さんがかなり気合入っていた感じです。気持ちよく叩いてたのが印象的でした。数曲インストで盛り上がったところで剛さんが「俊ちゃん~~~!」とボーカリストを招き入れました( ´∀` )。

 

 

イケメンで御座います( ´∀` )。YouTubeで聴いた事あるんですが、上手ですねぇ。そつのない歌いぶり。英語も上手いです。とっても聴きやすいなぁ( ^ω^)・・・。この大御所揃いのトリオをバックにすると言う事で、流石に始めは緊張感が伝わって来ましたが( ´∀` )、ベテラントリオは自分たちも楽しみながらもこの若手を盛り上げていいステージを作って行きました。

 

 

男性ボーカルの少ない日本のジャズ界です。貴重な若手シンガーですが、声もいい、正統派のしっかりした歌いぶり、おまけにかなりのハンサムボーイであります。どんどん人気が出て来るといいですね。歌は解りやすいから、新しいジャズファンも入って行きやすいんだと思います。

 

実は私も歌が好きなところからジャズを聴き始めるようになった口です。いい歌がいっぱいありますからね( ^ω^)・・・。そして聴いているうちに演奏にも感じるものが出て来て・・・、いまではいろんなライブに行くようになりました( ´∀` )。これからも多くの新しいジャズファンが生まれて来ればいいな、と思います。この期待の新人が成長して、またそれが多くのファンを生み出してくれたらいいなぁ・・・、と思いました。

 

 

 カテゴリ:音楽の話

富永啓生くん続報・11/22/2019

富永啓生くん、頑張っているようですね。所属する短大レインジャーカレッジのバスケットボールは、開幕9連勝!ついに全米ランク1位に上がりました。その中で富永君は毎試合出場していて、2度チームのリーディングスコアラーになっています。

 

 

平均17.1得点、3ポイントの成功率なんと50%!これで見ると7試合出場となっているんですが、各試合のスタッツを見ると9試合全てに出ています。どうもこのHP、よく分からなくて、プレータイムが分かりません。かなり試合数が多いので(11月に入って20日間で9試合!)出場時間の配分を考えて、長く出る時とそうでない時があるのように思えます。

 

それにしても、まだ言葉にはかなり不自由している筈ですが、その中でのこの活躍ぶりは凄い!20日の試合の解説では、「トミナガの3連続3ポイントが勢いを与え・・・、前半の44-22と言う大差をつけるスタートとなった・・・」ようなことが書いてありました( ´∀` )。

 

 

そのコメントにこの写真が添えてありましたが、これはその試合の写真ではなく古い写真みたい( ^ω^)・・・。11月はあと2試合、計11試合/月、と試合が多かったですが、12月は5試合、1月、2月は各7試合と、少し落ち着いて来ます。多分富永くんのプレータイムも増えて来るんではないでしょうか?

 

少しづつ必要な言葉も聞き分けられるようになって来ると思います。コミュニケーションがとっても大事なこのスポーツです。「ピックが来るよ!」、とか「ここでスイッチ!」とか声をかけながらプレーするんだと思います。言葉の壁が低くなれば、そういったことも解るし、コーチの指示も解って来ますからね、もっともっと活躍が期待できると確信しています。

 

アメリカの短大システムですが、日本とは全く違っていて、授業料(経済的な面)や、成績の面で初めから4年制の大学に進学することが難しい学生は、公立短大に入ってから3年時に4大に編入することを狙ってまず短大に行く・・・、と言う若者が多いんです。

 

スポーツの面でも、ちょっとNCAAディビジョン1の学校からオファーを貰えなかった・・・、選手が短大で2年間腕を磨いて4大に編入することを目標にして入るプレーヤーも多くいるようです。富永くんもその方向でレインジャーカレッジに入った訳ですが、ではアメリカの短大バスケの実力はどうなんでしょうか?

 

もう40年前になりますが、私がロマリンダ大の歯学部にいた頃です。ロサンゼルスに、羅府新報と言う日系新聞がありまして、(日本語の新聞です)その新聞に「バスケットボーの日本代表チームが、私のいた近くの短大と試合をする」と言う記事が載っていました。

 

私と同年代の北原選手、岡山選手を擁して、オリンピックアジア代表にあとわずか・・、(決勝で中国に敗れましたが・・・)と言うところまで行ったいいチームでした。その日本代表がひっそりとアメリカ遠征をしていたんですね。

 

友人とその試合を観に、その短大(どこだかは覚えていませんが)の体育館へ行きました。いい試合だったけど・・・、アジアでトップレベルだった日本代表はカリフォルニアの短大チームに接戦で負けたんです。

 

あれから40年経っています。日本も、アジアも、世界もバスケの世界は大きく進化、変化しましたから、今のアメリカ短大のレベルがどうか・・・、とはっきりとは言えませんが、昨シーズン後、レインジャーカレッジから8選手がNCAAディビジョン1のチームからオファーを得て編入したんだそうです。

 

今年八村くん、渡邊くん、ファジーカス選手が日本代表に入る前の日本代表は、アジアでフィリピン、台湾にも勝てずワールドカップアジア予選で全敗でワールドカップ出場は絶望的でした。数年前渡邊くんがいた頃のジョージワシントン大が日本へやって来て日本代表と試合しました。日本代表はジョージワシントン大に歯が立たなかったですね。その年のジョージワシントン大は強かったですが、それでもNCAAトーナメントには出場できなかったんです。

 

失礼な言い方になるかも知れないけど、B-リーグ勢だけでの日本代表ではNCAAディビジョン1の中堅以上のチームには勝てないと思います。ちょっとレベルが違いすぎます。(サッカーも同じですね、先日のベネズエラ戦の惨敗がそれを証明しました。)今年のワールドカップで、世界のレベルの高さ、世界レベルとの差を思い知らされました。

 

そしてそういったNCAAディビジョン1のチームに8名も送ったレインジャーカレッジ(8名と言う事はスターター5名、プラス3選手です!)でいきなり活躍している富永くんは凄いなぁ、と思います。そして今シーズンはまだ調子が出ていないようだけど、UNCWで1年時からスターターとして出ていて、NCAAアシストランキングで2位に入るという活躍を見せたテーブス海選手も凄いと思います。これからの富永くんのレインジャーカレッジでの成長に大きな期待を抱いています。

 

あと、馬場雄大選手ですね・・・、なんとか頑張って欲しいですが、まだまだ彼も言葉では苦労している筈ですし、今まで(Bリーグ)との違いにまだまだ勉強することは多いんでしょう。彼にも期待していますが・・・、直近の試合で「Inactive」となっていて」ベンチ入りしていなかったようなのが気がかりです。

 

宮地陽子さんが、今年は日本選手全員を追いかけるのは諦めた・・、(かなり忙しいのに大変だったと思います<(_ _)>)と言って(´;ω;`)、あまり情報をツイートしてくれないもんで・・・(´;ω;`)、詳細が分かりません。日本のメディアがかなり八村くんのところに押し寄せていることがアメリカメディアの間で話題になっているそうですが、馬場君の事もチェックしてくれないものかなぁ・・・😢。

 カテゴリ:スポーツの話

今シーズン初

今日は寒いですねぇ・・・。朝、吐く息が白かった。手も冷たいし、急に冬が来たような陽気です。今シーズン初!白い息を見ました。今日の寒さは一時的みたいだけど、着実に冬が近づいて来ています。私はやっと風が治って来ました( ´∀` )。

 

皆さまお身体には十分お気を付け下さい。

 カテゴリ:日々のこと

新原歯科医院TOP > 院長ブログ