新原歯科医院

院長ブログ

船橋カントリー倶楽部・2/17/2018

恒例の船カンゴルフでした。気温は低いけど晴れ、微風の予報です。一応朝の低い気温に対応すべく、防寒対策はバッチリです。

 

 

今日も干支マーカー使って見るか?朝のコーヒーを頂きながら小道具を選びます。

 

 

Gtくん登場、レストランの方を呼んでいます。一杯飲んで、さぁ出陣。

 

 

外へ出るとクラブハウス前が様変わりしていました。芝生と木があって、ベンチなどが置いてあったスペースがすっきりしてカート用のスペースに変わっていました。

 

 

 

気にもせずパットの練習、HwさんとGt君。

 

 

もうすぐ工事も終わり、来月から一か月の練習期間を経て、乗用カートが本格導入される予定だそうです。キャディーさんに聞いたら、芝生の状態がいい時にはカートでフェアウエイに乗り入れて良いのだそうです。それならば楽になるなぁ。

 

 

組数が少ないようで、少し早めにスタートとなりました。この日のキャディーは久しぶりの新原さんです。私とは縁戚関係はありません。ついこないだ入ったと思っていたら、もう後輩がたくさんできて貫録がついたかな(笑)。

 

 

粛々とホールを重ねて行きます。37組入っているそうですが、前にも後ろにもゴルファーは見えず、貸し切りのようでリラックスムードで回って行きます。

 

 

徐々に気温も上昇、風がなく、日向ではぽかぽかととても心地よいゴルフ日和となりました。Gt君、ダウンの上着を脱ぎました。Hwさんはいいショットと悪いショットの格差が激しい一日でしたが、前半は上々の滑り出しです。

 

 

この日来る前に、「スイングのポイントを発見した!」とメールしてきたGt君、もう忘れてしまったか(笑)?

 

 

もう一発!暫定球はいい感じのスイングでした。納得顔でボールの行先を見るGt君でした。

 

 

Os君は今日はドライバーが冴えてました。これが続けばねぇ・・・(笑)。

 

 たまには私の写真も・・・。

 

まぁまぁナイスショット。

 

 

あっという間に昼食休憩、空いているので休憩時間も40分程、「飲みすぎなくっていいわい!」とGt君、まさにその通り!

 

 

傅田くんも長い付き合いになりましたが、変わらないなぁ・・・(笑)。Os君のオーダーを聞きながら、ニヤついているGt君、彼の予想通りの注文だったようです(笑)。Osの好みはすべてお見通し(笑)?

 

 いつも笑顔のHwさん、みんなに見習ってほしいナイスガイ!ついに還暦を迎えました。

 

 

これが来て・・・、と思ったら・・・、

 

 

あっという間にテーブルが埋まりました。

 

 

後ろの女性たちにカメラを向けたら、そっぽ向かれちゃいました(笑)。中村さんなんかは知って逃げちゃうし(笑)。その後ろには山下清画伯監修と言われるタイル画が壁に貼られています。

 

 

さて後半戦!梅(なのかな?)の花が綺麗に咲いています。季節がまた動いていますかな?

 

 

私は休憩時間にインナーを一枚脱いできましたが、暖かい良い日よりに恵まれ、やや汗ばむくらいです。

 

 

抜けるような青空ですね・・・、

 

 

今シーズンは冬でも厳冬の日に当たらず幸運なシーズンでした。

 

 

 

パー3も距離があり、難しいけれど、何度来ても飽きない名コースだと思います。

 

 

軽い(Os君には軽くはないようだけど(笑))アップダウンもあり、ツーグリーンですが、使うグリーンをによってコースの性格が変わるよう感じさせられるホールもあり、18ホールですが、それ以上のホールがあるコースのようにも見えるかもしれません。

 

それにしても後ろにゴルファーがいないとプレッシャーなくっていいなぁ・・・、あっという間の18ホール、スコアは・・・、(笑)・・・?またHw三に負けてしまった・・・(泣)。お楽しみはこれからです!いつもの「はな膳」さんへ。

 

 

さて何にするか?まずはサラダにから揚げ!

 

 

下戸のHwさんはいつもの天丼!

 

 

 

たまにはピザが食いたいと言っていたOs君の為に・・・?それでも渋い顔のOs君・・・?

 

 

そして中板!

 

 

ビールも空きます。次は何にするか?

 

 

焼き鳥が来て・・・、

 

 

二人で一生懸命何かを探しています。あれ?なくなっちゃったのかなぁ・・・?いつの間にかOs君は冷酒、Gt君はハイボールにかわっていました。テーブルの上も残り少なく・・・。

 

 

あったあった!ポテトフライ!なんだよ、結局いつもと同じオーダーではないの(笑)?締めのポテトとお新香でした。それにエイひれでした。

 

 

もうゴルフの話は10パーセントもしなくなりました(笑)。単なる飲み会です。楽しい時間はあっという間に過ぎて行きます。いろんな話題に話は尽きませんが、さぁそろそろ腰をあげましょう!また来月!宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと

小平さん、おめでとう!

感動した!

 

 

 

 

 

小平さん、李さん、おめでとう!お疲れ様でした。

 カテゴリ:スポーツの話

音楽を肴に飲もう会・2/15/2017at代ナル

七G会メンバーの有志が「ジャズを楽しむ会」、(と言うよりは「音楽を肴に飲もう会」と言った方がいいでしょうか?)の為に代々木ナルに集まりました。

 

皆さん普段はあまりジャズを聴くことがない方々ですが、いつも楽しんでくれています。ジャズ大好き人間のYk君は仕事の都合で来れず、残念でしたが、Nw君が新たに加わってくれて計6名が一番後ろのボックスを占めました。

 

この日は、

 

こういうメンバーです。以前ブログにも取り上げましたが、鈴木さんは結婚してからライブの数をかなり減らしていますので、聴ける機会が限られています。皆に彼女の素晴らしい歌を聴いて貰おうとこの日を選んで予約しました。

 

昔から親交の深いQさんと清水絵里子さんとのステージでしたが、最近家で転んで骨折してしまったQさんの健康状態があまり芳しくなく、出来るだけ長く出てほしいと言っていたオーナーの美紗子さんですが、周囲の方々と御相談なさった結果、代ナルではこのライブがQさんのラストライブになると言う事になりました。それを聞いたQさんのファンやボーカリストたちが駆けつけて、超満員の店内となりました。

 

 

相変わらずのピンボケですが、Qさんは車いすに座っています。道子さんやピアノのエリッチョこと清水絵里子さんとは3世代トリオとか言って、昔からよく一緒にステージに立っていた戦友です。ギターの小泉さんが加わって、3人がQさんをバックアップする暖かいライブになりました。

 

 

スタート前に一枚!

 

 

さてライブのスタートです。相変わらずのいいフィーリングのハスキーヴォイスで鈴木道子さんがお客さんを沸かせ、Qさんにマイクを振れば、体調が悪くとも昔ながらの素晴らしいスキャットで応え、お客さんも大喜び!

 

 

テナーサックス奏者のQさんですが、皆さんご存知のように素晴らしいボーカリストでもあります。チェット・ベーカーのような透き通った声でストレートに切々と歌いあげます。またそのレパートリーの広い事ったらありません。

 

ボーカリストの方々には、よく「リクエストありますか?」とお客さんに聞いて、それに応えるステージングをする人がいます。それでリクエストしたことが何度かありますが、意外にレパートリーに入っていなかったりして歌って貰えないことも多かったのですが、Qさんはもう何曲レパートリーがあるんだか、何でも知っているような印象があります。

 

そしてスキャットですね、あれだけのスキャットを出来るボーカリストはそう多くないでしょうね。元々楽器が本職と言う事もあるからでしょうか?アドリブに慣れている、でもそれだけでなくあのスピード感のあるアドリブを声を使って出来る人がどれだけいるでしょうか?この夜も、Qさん健在!と感じさせるスキャットを披露してくれました。

 

 

そしてサックスを持って立ち上がりました。

 

 

ちょっとつらそうな感じでしたが、Qさんの歌うようなサックスを久しぶりに楽しませて頂きました。

 

ライブの合間の45分のインターバルには私たちのボックスは居酒屋状態となります(笑)。やはり七G会のメンバー、来月のコンペを控えてゴルフの話題が中心となります。そこからあらゆる方向に脱線して会話は途切れません。

 

皆ジャズにはあまりご縁がありませんが、いい音楽は私たちの心を温めてくれます。楽しい時間をいっそう引き立ててくれるのでしょう。ついつい大騒ぎする私たちですが、この日は満杯のQさんファンがあちらこちらで大賑わい(笑)。うるさい私たちもあまり目立たなかったかもしれません(笑)。あっという間の45分の休憩時間も過ぎて行き、セカンドステージが始まりました。

 

Qさんと道子さんの楽しいトークに笑いの絶えない暖かい店内です。エリッチョも小泉さんも素晴らしいソロを聴かせてくれて、Qさんが「イェ~~!」と声をかけ、楽しいライブが続きました。

 

次、何やる?と鈴木さんがQさんに聞きます。曲目を決めてキッチリとリハーサルをして音を固めてステージに臨むライブもいいですけど、山本剛さんのステージもそうだけど、その場で曲を決めて、流れにまかせて歌を奏でるこういうジャズが私は大好きです。そう、何が起こるかわからない・・・ジャズの醍醐味だなぁ、こういうジャズが大好きです。

 

Qさんが歌い始めました「Everytime We Say Goodbye」。それに合わせてエリッチョと小泉さんが弾き始めます。Qさんの音を聞いて合わせます。すっげぇなぁ・・、Qさんの絶対音感はこの体調の中でも失われていないんでしょうか?キーも言わずに歌う音に後ろの二人がピッタリ合わせます。

 

かなり前、Qさんが元気いっぱいだった頃・・・、何年前だったか・・、小岩コチにQさんが出た時に、「リクエストある?」とQさんが言いましたので、私がこの歌をリクエストしました。Qさん、「えぇ?もう終わっちゃうの?(笑)」とか言いながら歌ってくれたことを思い出しました。そっかぁ・・・、この歌はステージの最後に歌いたかったのかな・・・?と、その時には思ったものです・・・。

 

鈴木道子さんが「QさんのEverytime we say goodbye聴いて泣きそうになっちゃったよ!」とか言って皆さんの拍手を促しました。私もジーンとしてしまいました。「これでQさんの演奏を聴くのも最後になるかも知れません。身体には気を付けて、いつまでもお元気でいて下さることを祈っています。

 

楽しい2セット目も大歓声の中終わり、私たちは席を立ちます。遠く厚木から来てくれたHr夫妻、八千代台から来てくれたKiさん、初参加してくれたNw君、楽しんでくれただろうか?七G会の音楽部長Yw君はいつも通り自転車で帰りました。無事、立石まで帰り着いただろうか?

 

いつもお付き合い頂き感謝です。楽しいひと時でした。また是非宜しくお願い致します。

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

今節1試合目の渡邊、八村両選手・2/16/2018

GW大はに賓時間昨日朝、マサチューセッツ大に83-72と快勝、渡邊くんは13得点、8リバウンド、3アシスト、いつも通りの渡邉選手のプレーだったようです。(ま、ちょっとシュートの確率は悪かったのかな?)

 

 

八村くんのゴンザガ大は日本時間の今日(2/16)ロイヤラメリーモント大と対戦、76-46で圧勝しました。

 

 

gametrackerがここから更新されず、残り29秒でとまったままですが、このスコアのまま終わったようです。八村くん10得点、やはりシュートがあまり入らなかったようですね。

 

今週もう一試合あります。

 カテゴリ:スポーツの話

黒木美紀、三好”三吉”功朗デュオ・リディアン・2/7/2018

また行ってしまいました。神田司町のLydianさんです。昨年2度ほど聴かせて頂いた、ボーカルの黒木美紀さんとギターの三好功朗さんのデュオです。

 

リディアンのオーナー曰く「まずエッジがあってよく響く声が魅せます。」とおっしゃる通りの声です。英語の発音もスムースで聴きやすい。(私はポルトガル語はわかりません(笑)のでこちらにはコメント出来ませんが・・・)

 

 

おまけに美人だし、まだあまり知名度はないようですが、もっと知られて行ってもいいボーカリストだと思っているのですが・・・(なかなか広く知れ渡ることも難しい業界かも知れませんね・・)。

 

 

ギターの三好さんもブルージーと言うのか、ファンキーと言うのか、太いいい音で素晴らしいフレーズを連発してくれます。歌のバックでもそれとなくいいフレーズを盛り込み、歌伴も素晴らしい。二人のMCも面白くって、飽きさせないステージングです。

 

残念ながら私のコンパクトデジカメではフラッシュ無しで遠くの被写体をズームで撮るのは難しいようです。ピンボケばかりで諦めました。

 

  

 

私が着いた時にはもう始まっていましたが、ジョビンの曲を2曲程、そしてキャロル・キングの「You gotta friend」、三好さんが急にやりたくなったという「I remember you」などをやって、最後は「My shinning hour」で1セット目を締めました。

 

最近「フォー・ザ・ボーイズ」と言う古い映画を観まして、そのテーマソングになっていた「I remember you」は大好きな歌です。三好さんもこの曲が大好きだそうで、「普段あまりスタンダードはやらないんだけど、」と言いながらやってくれました。私は曲名を聞いた瞬間に拍手(笑)!

 

よくあの映画を引き合いに出して「PS: I love you」を歌ってくれるボーカリストがいます。それも大好きな歌だけど、あの映画を通して何度も歌われるこの歌も大好き。タックアンドパティーの「I remember you」が大好きです。また聴きたいものです。

 

「My shining hour」も大好きです。テンポを色々変えたりして、とっても楽しいアレンジで、演奏している二人も笑顔が一杯、私も終始笑顔、嬉しくってたまらない演奏でした。ステージ最後のこの名演にお客さんたちも大盛り上がりで声や口笛が飛び交って、大きな拍手のなかで1セット目が終わりました。

 

もっと多くの人に聴いて貰いたいデュオでした。また是非聴きに行きたいと思います。

 

 

 カテゴリ:音楽の話

オリンピック

冬季オリンピックが始まりました。始まる前は、なんか盛り上がらないなぁ・・・、と思っていましたが、始まってみるとついつい見てしまうもんですね。

 

日本代表が選手は毎日のようにメダルを獲得する活躍を見せてくれていることも、ついつい見てしまう理由の一つかもしれません。

 

ただ微妙な時差の関係で遅い時間にいい場面があるのは困りものです。私は8時間寝たい人間ですから、毎晩11時前には床についています。女子のジャンプの時には、決勝が12時過ぎになってしまったもので、残念ながら見ずに寝てしまいました。

 

それでも1時間の寝不足が年寄りには響きます。もっと時差があれば初めから録画して寝るんだけどなぁ・・・。中盤に入った平昌オリンピック、日本選手の活躍に期待です。

 カテゴリ:日々のこと

御茶ノ水ナル・2DAYS・1/31~2/1/2018

1月と2月にかけて「ナル2Days」、ミュージシャンではなく私です。初日(1/31)はピアノの堀秀彰さん、テナーサックスの浜崎航さん、ベースの高瀬裕さん、ドラムは広瀬潤次という素晴らしいメンバーの揃ったENCOUNTERと言うユニットです。

 

堀くんと浜崎くんの二人で始めたユニットだそうですが、よくナルのスケジュールなどでは名前を見ていても、実は聴いた事がありませんでした。特に行く予定ではなかったのですが、仕事を終えて、まぁ、ヒマだし、この夜はなんとなく足を運んでいました。

 

 

この日のマティーニと愛情あふれるミックスナッツ(笑)。

 

それぞれのミュージシャンたちの演奏は、違う組み合わせで何度も聴いたことがあり、実力者揃いだと言う事は知っています。浜崎くんは確かお医者さんだと聞いていますが、ピアノの松本茜さんのご主人だったよな(多分)?よく小岩コチに出演していますからその強く、また美しい音色のサックスは何度も聴いていましたが、ここしばらくはご無沙汰でしたので楽しみです。

 

全然知識がなかったのですが、殆どオリジナル曲ばかりなんですね。しかももう1年程活動を続けていて、6枚(だったか7枚だったか?)もCDを出しているとか・・・、堀くんのMCで初めて知りました。

 

正直、オリジナルばかりでは辛いかなぁ・・・、と思いつつ始まった演奏を聴き始めましたが、なかなか聴きごたえがあるじゃぁないか・・・!メロディーもいいし、やはりこれだけの名手たちの腕で迫力のある素晴らしい演奏をされると、ついつい声が出始めてしまいました。

 

結構女性ファンが多く、満席とは行きませんが程よく埋まった店内で、みないい感じに盛り上がり、大きな拍手で称えていました。何も知らずに来ましたが、人気あるんだなぁ・・・・、まぁ、だからこそこうして長いスパンの活動を続けられる訳ですね。

 

後ろのリズム隊も素晴らしいんだよなぁ。広瀬さんの時折見せる、「ちょっとだけ俺にもしゃべらせろよ・・・?」みたいな軽いジャブが私は結構好きです(笑)。邪魔にはならず、いいアクセントになります。工藤さんが振り返って笑顔を見せます。

 

 

堀くんがとても丁寧なMCをしてくれて、好感が持てました。ファーストセットの後半にまたお客さんが増えまして、私が独占していたボックスにもお客様が相席で座られました。私はすぐに出ますので奥の席を譲りますと、「スミマセン」と丁寧にお礼を言われまして恐縮しました。

 

白熱の1セットが終わり、いつものようにチェックに向かいます。支払いをしながら店のスタッフと話していたら、堀くんが来て「ありがとうございました。」と、フライヤーなどを渡してくれました。

 

うるさかったでしょ?と言いますと、「いえ、とんでもない!大歓迎です!盛り上げて下さってありがとうございます。またよろしくお願いします。」と言ってくれました。あちらこちらでお客さんには怒られたり、嫌がられている私ですから、こう言って頂けるとなんか嬉しいですね(笑)。

 

亀戸の駅を出て緑道公園を歩いていると、外に出て付きを見上げている人がいました。そうだ!皆既月食だったんだ。と上を見ると、月が1/4ほど左から欠けて行っている様子がみえました。

 

 

流石にスマホのカメラでは無理ですね(笑)。真ん丸にしか見えません。残念!

 

さて「御茶ノ水ナル2DAYS」の二日目です。実は次の日(2/1)のお茶の水ナルのライブは、以前から行こうと決めていたライブだったんです。私の大好きな中村恵介くんが出るからです。ただその夜は雪予報、先月の大雪はまだ記憶に新しいところです。もしかして空いてるかなぁ・・?大雪を警戒して帰宅を急ぐ人が多いかも知れません。

 

と思っていましたら、まさに予感的中!残念なことに閑古鳥の無く店内でした。この日も素晴らしいメンバーなんだけどなぁ・・・。ベテランドラマーの井上功一さんのセッションです。中堅どころのベーシスト、工藤精さん、トランペットの中村恵介さん、そして初めて聴きますピアノの海堀弘太さんの4名編成でした。

 

 

淋しい客席ですが、客にとっては何とも贅沢な空間。もう笑っちゃうしかないような雰囲気なんでしょうか?中村くんに笑顔が見えます。残念だけどジャズのライブでは時々ある風景です。こんないい演奏なのに、みんな聴きに来ればいいのに・・・、と思うのですが、私も結構慣れっこになってしまっています(泣)。

 

さぁ始まりました。前夜とは打って変わってスタンダード曲中心の選曲です。それも歌ものが多く、私は大歓迎!徐々ににヒートアップしていきます。「ボディアンドソウル」もこういう演奏もあるんだなぁ、いい感じのグルーブ感でとてもよかったです。

 

海堀くんは初めて聴かせてもらいましたが、なかなかどうして素晴らしいピアニストが出て来ましたね。音もいいし、いい感じのフィーリングのフレーズをたっっぷり聴かせてくれました。これからが楽しみです。

 

もう曲名も言わずに突っ走る感じです。ベースの工藤さんはみんなの素晴らしい演奏に笑顔が消えません。井上さんや海堀くん、中村くんのカッコイイ演奏に笑顔を向けて軽く声をかけます。ちょっとびっくりしましたが、この日はなんとエレキベースを使っていた彼のベースソロも中々のものでした。

 

たまにちょっとしたMCを入れながら4人がノッテくるように思えました。やはりプロのミュージシャンたち、お客さんが少なかろうと、精一杯のプレーをしてくれますね。みんな音楽が大好きなんだなぁ・・・、当たり前か(笑)。

 

あっという間のファーストセットでした。私が帰ると客席がもっと淋しくなってしまいますね。でも申し訳ないけど、いつものパターンは崩しません。ミュージシャン達も近くに来まして、中村くんと「なかなか(ナルに)来ないからさぁ・・」と言って握手すると笑ってました。

 

井上功一さんは「やっぱり雪予報で足が遠のいちゃったかな?」と残念そうでしたが、「また来月やります!」と言って握手してくれました。今度は満員のお客さんのなかで盛り上がった演奏を聴きたいですね。また宜しくお願い致します。

 

 

 

 カテゴリ:音楽の話

日曜の八村、渡邊くん・2/11/2018

ゴンザガ大、セントメリー大に雪辱!78-65の勝利に八村くんは21得点の大活躍で貢献しました。相手のエース、ランダール選手をわずか4得点に抑えたのはコーチ・フュー氏の手腕でしょうか?これでコンファレンスリーグの首位に13勝1敗でこの2校が並びました。

 

分かりづらいけど・・・。

 

渡邉選手のGW大はジョージ・メイソン大に65-72で敗れました。渡邊くん19得点12リバウンドの奮闘むなしく!でした。

 カテゴリ:スポーツの話

今節初戦の渡邊くん、八村くん・2/9/2018

渡邉選手のGW大は日本時間の昨日、八村選手のゴンザガ大は今日試合がありました。GW大はラサールに80-69で快勝、渡邊くんはキャリアハイの29得点と大活躍、ちょっとは鬱憤をはらしたかな?

 

 

八村くんのGonzaga大はパシフィック大に71-61で勝利、八村くんは10得点でしたが、あまり満足の行くプレーではなかったみたいです。

 

 

この試合、ライブストリーミングで見る事が出来ました。昼休みにちょっとのぞき見。

 

こんな感じです。

 

 八村くん、リバウンドに飛んでます。

 

日本時間で11日(日)に両校とももう1試合やります。ゴンザガ大は今季リーグ戦でただ一つの負けを喫したセントメリー大が相手です。ジョック・ランドールと言うオールアメリカン候補、ジョン・ウッデン賞候補、と言う強いセンタープレーヤーがいます。彼をどう抑えるか?面白い試合になりそうです。

 カテゴリ:未分類

柳沢氏・ハーモニカライブat新小岩アンチェインド・2/3/2018

もはや恒例となりました、七G会音楽部長、柳沢君のハーモニカライブを聴きに行って来ました。いつものバー・アンチェインドです。

 

土曜の午後、カチカチに固まった首、肩をほぐすべく、錦糸町楽天地のサウナで整体を受け、軽く一杯やってから新小岩に向かいました。

 

 

入り口にはこんな案内が・・・。そう、毎度おなじみ(笑)です。

 

入りますとカウンターは半分以上埋まっていました。おぉ、七G会の新人、Kiさんがいました。ご挨拶をして、早速お決まりのマーティーニを頼みます。

 

 

マスターの巧みな手付きを見ながら、隣のKiさんに偉そうに講釈を垂れる私(笑)。ジンはタンカレー、ベルモットはノイリープラットです。わたくしの講釈に時折マスターが注釈をつけてくれます(笑)。いやぁ、勉強になります(笑)。

 

 

カウンターの壁はこんな感じでボトルが並んでいます。

 

 

1セット目の演奏予定です。バラエティーに富んだ渋い選曲ですなぁ・・・。

 

 

マーティーニ完成、美しいですね。左手前の小さなグラスには香りづけに使い、またオリーブをすすぐことにも使ったベルモットです。普通は捨ててしまうのだけど、ここのマスターはこうして飲みたい人は飲めるように置いてくれます。捨てるのは勿体ない!と思ってしまう貧乏性の私は大歓迎です。

 

 

そろそろスタンバイする柳沢君。ミュージックチャージはありませんが、玄人はだしの腕前です。

 

 

またオーダーを受けて、氷を砕いているマスターです。下はアイルランドのシンボルカラーのグリーン、上はスコットランドのタータンチェック・・・、という意味合いの出で立ちなのかな?

 

 

さぁて、始まりましたよ!熱のこもった演奏です。ついつい「きゃぁ!素敵!」と呟いてしまう私(笑)。いちいち返してくれる、義理堅い柳沢君でした。

 

お堅いライブハウスではありませんから、演奏中も少しは小声でお話をしたり、リラックスムードのライブです。私もマティーニを飲み干してもう一杯!

 

 

マスターにお勧めのウイスキーをお願いしまして出してくれたのがこれです。アベラワーって言うんですね。実はあまりお酒には詳しくない、と言うか、(偉そうな事言ってる割には)全く無知なわたくしです。全然知らない名前でしたが、有名なスコッチらしいです。

 

ちょっとマッキャランに似た、フルーティーな美味に酔い、柳沢君の演奏に酔い、あっという間に1セットも終わりです。いつの間にかカウンターが満席になっていました。私はいつも通りの「ファーストの男」(笑)です。柳沢君の休憩席を作るために帰途につきます。

 

 

Kiさんに音楽部長と平部員のツーショットを撮って貰いましたが、スマホだとタッチするだけでいいんですが、コンパクトデジカメはシャッターを押さなければいけないので、ぶれやすいなぁ・・・、特に暗いところでフラッシュを使わないと、どうしてもシャッタースピードが長くなるからなぁ・・・、これは課題です。七G会の写真撮影担当としてはちょっと考えなくてはいけないなぁ。

 

等と思いながら駅へ向かいましたが、信号の向こうから手を振って歩いてくるのは・・・!おぉ、七G会のハンデキャップ委員長のOm君ではありませんか。柳沢君とは墨田川高校サッカー部からのポン友です。敢えて2セット目からおっとり刀でやってきたようです。

 

「Om君の為に席を空けてきたよ!」と声をかけると、「そう、結構お客さん来た?よかったよかった・・・、」「じゃぁ、またネ!」とすれ違う二人。柳沢君の人徳でしょうか?いろんな方面のいい友人に囲まれたいいライブになりそうです。

 

是非また宜しくお願い致します。

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ