新原歯科医院

院長ブログ

カテゴリ: スポーツの話

ゴンザガ大、テネシー大に屈す・12/10/2018

ゴンザガ大の連勝は9で途切れました。全米ランク7位のテネシー大に大接戦の末3ポイントゴール一つの差で敗れ、今季9勝1敗です。

 

 

ゲームログによると、試合時間残り46秒で八村くんがフリースローをふたつ決めて73-73のタイに持ち込みました。しかしそのあとテネシー大が残り25秒で3ポインターを決めて3点差、ゴンザガ大のノヴェルJr.と八村くんが相次いで打った3ポインターが外れ、そのままゲームセット。

 

 

テネシー大はエースのグラント・ウイリアムスが残り2分30秒でファウルアウトしましたが、八村くんもファウルトラブルで後半は「出たり入ったり」だったようです。34分出場で21得点8リバウンド、4ファウルでした。

 

 

これで全米ランクにも変動があるかも知れません。ゴンザガ大は来週は古豪ノースカロライナ大と対戦します。まだキリアン・ティリー選手は出れません。これもいいテストになりますね。

 

 

 

 

 カテゴリ:スポーツの話

ゴンザガ大、八村くんの決勝シュートで9連勝!12/6/2018

午後一の仕事終えてPCを見たらゴンザガ対ワシントン終わっていた。接戦だったようです。宮地陽子さんのツイッターを覗いたら、八村くんが残り6秒、同点で打ったシュートが決勝点となって勝った、とありました。

 

このスタッツでは残り1秒でシュートが決まった、とされていました。

 

ワシントン大は全米ランク25位以内には入っていませんがPAC12の古豪です。ここまで8勝2敗でした。ゴンザガ大でもこれだけ苦戦します。トップレベルのチームの実力差はほんの僅かです。こういうところで取りこぼさないのが本当に強いチームの証なのかな?

 

81-79、八村くんのクラッチシュートでの辛勝でしたね。

 

八村くん、40分フル出場!26点、7リバウンドでした。

 

ゴンザガ大は週末にテネシー大学と、来週はマイケル・ジョーダンの母校の強豪ノースカロライナ大との対戦です。テネシーはAPの全米ランク7位、NCは14位にランクされています。ゴンザガ大にとってはいいテストになりますね。

 

試合終了間際の八村くんの決勝シュート、なんと4人の相手選手に囲まれながらのクラッチショットでした。

 

因みに今日、テーブス海選手のUNCWがNCと対戦していました。流石に69-97と完敗。現在全米アシストランキングで7位~8位くらいにいるテーブス海選手も4得点4アシストに抑えられました。まだ一年生、いい経験をしましたね。将来の日本代表のポイントガードと思っています。もっともっと経験を積んで成長して行って欲しいですね。

 カテゴリ:スポーツの話

ノア親子2018

渡邊雄太選手が2-ウエイ契約を結んだメンフィス・グリズリーズが、フリーエージェントだったベテランセンターのジョアキム・ノアと一年契約を結んだと言うニュースを見ました。

 

グリズリーズのエースセンターであるマーク・ガソルの負担を減らすために、またフロントコートを強化することが目的です。ブルズ時代にはオールスターに選出されたこともあるノアはシーズン入り前にニックスを解雇されていました。

 

 左がガソル、右がノアです。

 

ガソルと同年代か?と思いますが、まだ33歳、ニックスではコーチと衝突したり怪我もあったりでプレー機会が無くなっていましたが、まだまだNBAで十分通用する筈です。

 

昨年地区最下位だったグリズリーズは今シーズンは現時点で地区(ウエスタンC・南西部地区)首位を走っています。ノア選手の加入がチームに良い効果をもたらせば、もしかするとポストシーズンプレーオフでの渡邉選手のプレーも見る事が出来るかも知れません。楽しみになって来ましたね。

 

このノア選手、昔テニスで活躍したフランスのヤニック・ノアさんの息子です。意外に知らない方も多いかも知れませんが、私たちのようなオールドスポーツファンにはとても懐かしい名前です。

 

 彼が後ろ向きに走って長い足の間を抜いた股抜きショットには驚かされたものです。

 

お父さんも長身で193センチほどあったそうですが、息子のジョアキムは211センチ!アメリカの大学でNCAAでも活躍してNBAにドラフトされました。

 

 

ノア選手が渡邉選手とチームメイトになると言うニュースを見て、うわぁ、懐かしいなぁ・・・、と思いヤニック・ノアさんの事をチェックして見ましたら・・・、今は歌手をしているそうです。これも驚きでした。

 

 

渡邊雄太選手や八村塁選手の事を気にしてバスケットボールの事に注意していたら、懐かしい記憶が戻って来ました。ず~っとバスケもテニスもあまり観ていなかったから何も知らないんですけど、またいろんな興味が湧いて来まして密かに楽しんでいます。渡邊くんや八村くんのお蔭ですね。感謝しないといけないかな(笑)。

 カテゴリ:スポーツの話

ゴンザガ大103-92クレイトン大・12/2/2018

ゴンザガ大は敵地で強豪クレイトン大と対戦、103-92で勝利、シーズン開幕8連勝!八村くん30分出て22得点11リバウンドでした。

 

 

ゴンザガ大のバスケチームHPには八村くんフィーチャーの写真がトップページにありました。

 

次は12/5にhomeでワシントン大と対戦します。これも強豪です。さて・・・?

 カテゴリ:スポーツの話

ゴンザガ・102-60・ノースダコタステイト・11/27/2018

マウイでデューク大に競り勝ったことで、全米ランク(AP、USATODAY共に)一位にランクされたゴンザガ大はホームに戻り、ノースダコタステイト大との試合に臨みました。

 

前半53-25とダブルスコアでゴンザガ大がリード、後半もリードを広げ、前半18分プレーした八村くんは後半半ばでベンチに戻りました。ゴンザガ大のベンチメンバーに経験を積ませるいい機会になったようです。ファイナルスコア、102-60。全米一位の圧勝でした。

 

 

八村くんは後半8分くらいでしょうか?トータル26分、18得点、3リバウンド。ゴンザガ大はこの後テネシー、ワシントン、ノースカロライナ等の強豪との試合もあります。そして年明けからコンファレンスリーグに入る予定です。

 

宮地陽子さんのツイッターによるとノースカロライナ・ウイルミントン校に今年入ったテーブス海選手が、一年生ながらポイントガードのスターターとして活躍しているようです。

 

これは楽しみだなぁ・・・。将来田中力君がシューティングガード、八村くん渡邊くんがフォワードで・・・、と言った布陣の日本代表を思い浮かべます。今月末から始まるワールドカップ予選ウインドウ5、彼らは出れないけど、日本代表に頑張って貰ってなんとか東京オリンピックに繋げてほしいなぁ・・・。

 カテゴリ:スポーツの話

ゴンザガ大、デューク大学との激戦を制す・11/22/2018

朝家を出る前にPCを開けたらもうマウイインビテイショナルの決勝が始まっていました。ずーっとゴンザガ大がリードしていましたが、流石に全米ランク一位のデューク大、終盤にもの凄い追い上げを見せ大熱戦になりました。

 

最後は89-87、ゴンザガ大が2点リードの場面で八村くんがフリースローのチャンス。二つ入れれば決定的でしたが、まさかの失敗。2投ともミス!デューク大は3ポイントを狙わずレイアップで延長戦に持ち込む作戦でしたが、ゴンザガ大のクラーク選手が見事にブロックして、2点差を守り切り、大熱戦を制しました。

 

 

このライブスタッツを見ていただけで、実際に試合を観た訳ではないからよくわかってはいないんですが、3日連続の試合で、デューク大は1、2回戦でスーパー一年生トリオのプレータイムを抑える余裕がありましたが、ゴンザガの主力は後半出ずっぱりの試合が続き疲れもあったんでしょう。

 

それでも踏ん張ってデューク大を破りマウイインビテイショナルを制したのは素晴らしい実績です。八村くんは大会のMVPにも選ばれました。会場に来ていた50人とも言われるNBAのスカウトたちはどう見たでしょうか?

 

八村くん、37分、20得点、7リバウンド。

 

 

コンファレンスリーグが始まるころにはキリアン・ティリー選手も戻って来る筈です。これからのシーズンが益々楽しみになりました。もちろん渡邊君にも期待です。

 

 

 カテゴリ:スポーツの話

終わってみれば・ゴンザガ大、アリゾナ大に完勝・91-74・11/20/2018

いやぁ、どうなる事かと思いました。マウイインビテイショナル2回戦の対アリゾナ大戦は前半ノヴェルJr.のシュートが全く入らず、ミスも多く45-37とアリゾナにリードを許しました。

 

しかし後半のゴンザガ大の猛烈な追い上げで、終わってみれば91-74で完勝と言ってもいいスコアでの勝利でした。八村くん、二日連続で後半出ずっぱり。31分のプレータイムで24点、6リバウンド。

 

連日の試合になりますから、少し八村くんを休ませてあげたかったと思いますが、やむを得ないところでしょうか?これで明日の決勝は全米ランキング一位、注目のザイオン・ウイリアムソン選手を擁するデューク大学と戦う事になりました。デューク大学は既にオーバーン大を78-72で破り決勝進出を決めています。

 

 カテゴリ:スポーツの話

ゴンザガ大、辛勝・マウイ・インビテイショナル1回戦・11/20/2018

ゴンザガ大学はハワイで行われているマウイ・インヴィテイショナルと言うミニトーナメントに出場しています。その1回戦でイリノイ大学と対戦しました。

 

残り30秒で2点差でゴンザガ大がリード、イリノイ大の3ポインターが外れ、ファウルを受けたゴンザガ大学のジョーンズ選手がフリースローをふたつ決めました。これで4点差、イリノイ大の最後のシュートはブロックされ、そのボールを受けた八村くんのダンクで試合を締めました。

 

 

84-78でゴンザガ大が辛うじてイリノイ大を振り切った試合でした。八村くんは後半出ずっぱりだったんじゃないかなぁ。イリノイ大は全米ランク25位以内には入ってはいません。これがNCAAディヴィジョン1のレベルの高さですね。

 

黄色のラインに八村くんがダンクしたことが記されています。残り1秒!

 

八村くんは35分プレーして23得点、5リバウンド!かなりマークされたとの事でターンオーバーが4つありました。3ポインターを3度打って2回決めた事は自信になるんじゃないでしょうか

 

 

宮地陽子さんのツイッターによると、50人ほどのNBAのスカウトが来ていたそうです。デューク大学も出場しており、そこのザイオン・ウイリアムソンと言う1年生が全米の注目を集めていますが、彼とのマッチアップもあるかも知れません。楽しみです。

 

 カテゴリ:スポーツの話

ゴンザガ大vsテキサスA&M・11/16/2018

14:20、前半残り1分。ゴンザガ大38-30Texas A&M、八村くん11点。接戦模様。一次28-28の同点から差をつける展開。

 

14:27、前半終了!43-33でゴンザガ大リード。八村くん13得点、3リバウンド、ザック・ノーヴェル・ジュニアと並んでゴンザガ大のリーディングスコアラー。

 

14:43、後半スタート!

 

14:57、後半残り13分、62-41、ゴンザガリード、八村くん3ポインター決めてここまで18得点!私の昼休み終了です!(笑)

 

仕事の合間に覗いて見たら試合終わっていました。終わってみれば、94-71、ゴンザガ大の圧勝でした。

 

 

八村くんは18得点、7リバウンド!

 

 

まぎれもないゴンザガ大のエースです。下に載っているクラーク選手、サンホセ州立大(カリフォルニア州立大学サン・ホセ校)からのトランスファー選手。今季レッドシャーツ明けで出場し始めましたが、かなりの選手みたいです。この日は14点、11リバウンドです。

 

ティリー選手が戻って来たら彼とクラーク、八村くんの3人のフォワードトリオはかなり強力な攻撃陣を形成しますねぇ。ポストシーズントーナメントにもかなり期待が持てそうですね。

 

 

 カテゴリ:スポーツの話

バスケットボール人気・2018・11月

渡邊雄太選手がNBA公式戦で2試合目の出場を果たしましたね。グリズリーズに故障者が続出しているので、チャンスが増えそうです。

 

日本時間の明日には八村くんのゴンザガ大の試合もあります。彼は先週シーズンインしたその週に、ゴンザガ大の所属するWCC(ウエストコーストコンファレンス)のプレーヤーオブザウイークに選ばれています。明日の試合も楽しみです。

 

それにしても・・・、昨シーズンとは打って変わってバスケットボールに関する記事が増えました。渡邉選手の下部リーグでのプレー結果までニュースで見る事が出来ます。

 

昨シーズンまでほとんどメジャーなメディアはこうしたニュースを流すことは無かったのに、いったいどうしちゃったんだろう?ま、八村くんと渡邊くんの活躍のお蔭ですが、バスケットボールファンとしては大歓迎ですね。

 

 

もっともっと皆さんの関心が深まるといいなぁ・・・・、と思っています。

 カテゴリ:スポーツの話, 日々のこと

新原歯科医院TOP > 院長ブログ