新原歯科医院

院長ブログ

カテゴリ: 未分類

古典と近代(放送大学の講義から)2018

車を運転しているときは大体音楽を聴いていますが、時々FMに切り替えてみます。放送大学に合わせてあります。ちょっと聞いてみて面白そうだとそのままラヂオを聞きながら運転します。

 

先日もそのようにしてちょっとFMに切り替えてみました。「日本文学における古典と近代」という授業でした。聞いていたらなんか興味深く、そのまま聞き続けました。

 

丁度第一回目の講義だったようで、序論から始まりました。そして「文学史の不思議」について講義が始まります。

 

「文学史の不思議の第一は、ある人物が生きているのと同時代に書かれた作品だけが、その時代の文学状況、ひいては文化状況を代表するのではない、ということである・・・」と述べて行きます。

 

「たとえば、2010年代の文学史を・・・(中略)・・・記述するとすれば、現存する文学者たちの『新作』を紹介することになる。」

 

「けれども、2010年代で最も広く、あるいは深く読まれている作品としては、明治時代の夏目漱石や森鴎外であったり、大正時代の芥川龍之介や白樺派であったり、昭和時代の太宰治や三島由紀夫であるかもしれない。・・・・」

 

「『文学史年表』に一回きりの記載をされるが、その後、「毎年、新たな読者を獲得し、場合によっては・・・・新作よりも大きな影響を現代日本におよぼしていることもあるだろう。それらは『近代の古典』と呼ばれて、今の時代を生き続ける」

 

なるほどなるほど・・・・・。そうだよなぁ・・・・、なかなか面白い講義ではないですか・・・。運転しながら聞き続けます。

 

「文学史の不思議さのもう一つに、後の時代の作品が、古い時代の作品に影響を与えるということがある。・・・・・・常識では、古い時代の作品が、新しい時代の作品に影響を与えるのであって、その逆は、まずありえない。ところが文学の世界では、このような逆転現象が、往々にして起こりうる。・・・」

 

ふぅ~ん・・、そうなんだ・・・、例として「徒然草」が取り上げられます。

 

「『徒然草』は兼好という文学者に」よって、十四世紀前半に成立したと考えられる。・・・・・ところが、『徒然草』という作品は、書かれてから百年間、忘却されていた。つまり、実質的には、だれの目も惹かなかった。」

 

「正徹という歌人が記した歌論書『正徹物語』(1448年頃)で、・・・・・その素晴らしさが認定された。文学史年表この年を『正徹物語』の成立した年としてのみ記載するが、『徒然草』が明確に認識された年としては記載しない。そこまでの記述は、年表には書ききれない。」

 

「やがて、『徒然草』は、応仁の乱を背景として、「無常観」の文学として、連歌師たちによって読まれた。・・・・・江戸時代に入る前後で、教訓書として読まれ。それに基づく新しい作品が続々と書かれた。」こうなると、『徒然草』の本質は、「人生教訓」や「政治教訓」、あるいは「日常教訓」などに変化する。

 

へぇ~、そうだったんだね・・・。

 

「古典は、古典なるがゆえに、多くの読者から読まれる。読者たちは今を生きる自分たちに最も必要とされる主題を、古典の中から探し求め、それを見出す。時代背景や価値観の変遷によって、古典文学の主題自体が、変容してゆくことになる。」

 

そうかぁ・・・読む人、その時代、によって解釈にも差が出て来るし、主題自体も違う部分をとらえることがあるんだね・・・。作った人の本意とは違っても、読む人には大きな影響を与えるとらえ方が出来る事もあるわけだ・・・。ふぅ~ん・・・。

 

『徒然草』は、その作品を深く読んだ後世の読者に影響を与えるが、影響を与えた側の古典自体が、刻々と相貌を変えてゆくのである。さらに具体例を挙げてみよう。」

 

と、『源氏物語』、『伊勢物語』などが例に出されます。その後も「引用した作品が原典を凌駕する」、とか「遅れて来た古典」とか、興味深い講義が続きました。文系の人はきっと大学でこういう講義聞いてて知ってる事なんだろうな。 

 

ずっと理系でしたから、(おまけに日本で大学行かなかったし)あまり文学には造詣が深くもないわたくしです。古くから言われてきているのかも知れない事でも、私には全く新しい知識として入ります。「うん、なるほどなるほど・・・・・。」と聞いているうちに、思考が違う方向に漂って行きました。

 

これって音楽にも当てはまることがあるかも知れんなぁ・・・、芸術に、またいろんなことに共通しているかも知れないかもな・・・、と考えが巡りました。

 

また、文学にしても音楽にしても、はたまた物理数学の論文にしても、毎年数知れぬ新作、文献が出て来ます。その中で、ずっと読み継がれ、或は聴き継がれ、引用され続けるものはほんの一握りの作品でしかありません。

 

あとになってその発掘されたり、のちの研究によって貢献度がたかまったり、似通った事象はいくらでもあるかも知れませんね。

 

逆に、発表された時には一世を風靡したものの中でも、その一瞬輝いたものの、全く後には残らず忘れ去られて行くものがどれだけ多いのだろうか?

 

その中でずっと残って行くクラッシック音楽やジャズ、ロックミュージック、ブルース、ビートルズやユーミンはもう既に近代の古典と言ってもいいのでしょうか?サリンジャーやスタインベックなども『近代の古典』作家と言えるのでしょうね。ハルキストにとっては村上春樹さんも間違いなくそのような作家なんだろうな、私には解りませんが・・・。

 

殆どの新作が陽に当たることもなく消えて行くのでしょうが、例えば物理学で言えば、それこそ失敗に次ぐ失敗を重ね、それを糧にして真理に近づいて行くものです。きっとすべての作品になんらかの意味があるのかも知れませんね。

 

音楽の世界でも毎年数知れぬオリジナル曲が創られ演奏されるけど、殆どの作品は多くの人に聴かれる事なく消えて行くんでしょうね。私も正直オリジナルばかりだとちょっと聴いてて辛い時があります。でもその曲たちにも作られた意味があるのでしょうね。

 

私の思考は流れ流れて、昔長女が中学生の時に(将来の就職に関してのアンケートだったか?)親の意見を書いて提出するものがあって、「お父さん、これ書いて。」と言われて協力したことが思い出されました。

 

「世の中にはいろいろな職業がありますが、どんな職業にも役割と言うものがあり、全ての役割には必要性がきっとあってそこにあるのだと思います(ま、ちょっと異論もあるかと思いますが、それは置いといて・・・)。「職業に貴賎なし」と言います。ですから皆さんがどんな職業についたとしても、私はそれを大事に全うしてほしいと思います。」

 

そんな事を書いたなぁ・・・、なんて思い出しちゃった。ちょっと思考が飛び過ぎだね(笑)・・・。

 

 島内裕子(放送大学教授)著「日本文学における古典と近代」

 

 

放送大学の講義に関してはこの本から引用させて頂きました。

 

あんなに勉強嫌いだったわたくしですが、受験や通信簿と関係なくなり、歳も重ね、なんのプレッシャーもなく聞いていると、熱心に聞き入ってしまうという、「文学史の不思議」に聞き入る「人間の不思議」でした(笑)。

 

 カテゴリ:未分類

青葉園の入り口近くのお寺の庭(?)に小さな竹林があります。新しい竹が伸びて来ていました。

 

 

こんなに伸びてから葉っぱが開くんだ・・・。ちょっとビックリ。

 

 

葉が開き始めているのかな?細い竹はそんなに高くならないから、丈の低いうちに葉がついていますが、あれもある程度伸び切ってから葉が開くんでしょうかねぇ?いい歳になって初めて見ました・・・(笑)。

 カテゴリ:日々のこと, 未分類

酒井伴四郎の江戸日記

先日「丸真正宗」の事を書いていて、酒井伴四朗の本の事が頭をよぎりました。

 

「幕末単身赴任・下級武士の食日記」と言う題が付いています。紀州藩士酒井伴四郎が江戸へ単身赴任中に書き記した日記を元に書かれた本ですが、これがまた面白い

 

 

かなり前なんですが、運転中にたまたまラジオで放送大学を聞いていまして、その時にこの本を題材にして江戸時代のグルメ事情などを講義していたのがとても興味深く、早速購入しました。一度も完読しておりません(笑)。時々パラパラと開けては読み、へぇ~!フムフム・・、などと一人で楽しんでいます。

 

 

ラジオで聞いた話には酒井氏が江戸の蕎麦を食べて、紀州の蕎麦と比較していた表現が面白かったことを覚えていますが、この本の中には当時の食事情、暮らしぶりなどが存分に披露されています。

 

両国に「ももんじ屋」という老舗があります。一度だけ行ったことがありますが、この本には、肉を売る店を「ももんじ屋」と言う・・・、と書いてあります。じゃぁ・・・、ももんじ屋はあちこちにあったのかなぁ?

 

 

日本では肉食は、半ば禁忌とされていたのでしょうが、「猪や鹿を滋養や健康のために食べることはあり、それを薬食いと呼び、肉を売る店を「ももんじ屋」と言い、店頭には「山鯨」の看板を出しました。」とあります。

 

他にも牛や豚も売っていたようです。まだ焼いて食べる文化はなく、鍋にしていたそうです。両国(森下)には馬肉料理の老舗もあり、今では馬刺しが人気なのですが、当時はどうだったんでしょうね。元は江戸には麹町に一軒の獣肉店があるのみだった・・・。、と書かれていることも興味をひきました。この近くだったんですね(笑)。

 

 

「伴四郎の生きた幕末から明治にかけて肉食が徐々に市民権を得て行ったのだが、他の資料にも肉を食べていた記述は見られ、我々の想像以上に肉食が浸透していたのかも知れません。」とあります。

 

さてお酒の話ですが、まだ当時は「下り酒・・・、池田や灘から江戸へ下って来たものがもてはやされていた、」とあります。しかし「江戸自慢」(紀州藩の医師原田某が書いた、藩の勤番侍の為の江戸のガイドブックなんだそうです。)によれば、「江戸の酒でも上等なものは口当たりも良い・・・、値段が非常に高く、酔いの醒めるのもいたって早い・・・、鯨飲の人間は、たちまち財布の底が空になって・・・・、昔も今も呑み助の事情は変わらないようで、耳の痛い話です。」と書いてありました。

 

はは~ん、この作者、青木直己さんもかなりの呑み助なんだな(笑)・・・。

 

先日書いた「丸真正宗」の小山酒造さんは明治11年創業だそうで、まだ、この当時には存在していなかったんでしょうが、他の東京の酒蔵には江戸時代創業の蔵も多く、また今はない多くの酒蔵がそちらこちらにあった筈です。先日の「丸真正宗」のブログを書きながら、そんなことに思考が流れました。

 

興味のある方は画像をクリックして頂くと、拡大されます。

 

    

 

 目次を見れば興味津々!でも果たして完読なるや否や(笑)?

 カテゴリ:未分類

丸真正宗・2018

四ツ谷新道通りに「政吉」という立ち食いそば屋さんがあります。仕事を終えて、ジャズのライブに行く前、ライブのスタート時間までの時間つぶしを兼ねて政吉に立ち寄り、小腹に軽く入れて行くことが多々あります。

 

たまに昼食に蕎麦を食べるときもありますが、夜の訪問の方が圧倒的に多いですね。ビールを一杯頂きまして、蕎麦の実サラダを頼みます。ビールのジョッキが空きますれば、日本酒を一杯、そして串天だったり、板わさだったり、(最近はおつまみメニューも増えて来ています)かる~く食してからライブハウスへと向かうのが常です。

 

 

 

カツ煮(お蕎麦屋さんではカツ抜きとも呼びますが、ここのお品書きにはカツ煮と書いてあります。)が美味そうで食べたいんだけど、そこに根が生えてしまいそうなので(笑)頼んだことはありません。

 

お酒は二種類置いてあります。行きはじめの頃は「八海山」を頼んでいたのですが、もう一つの「丸真正宗」と言うのを試してみましたら、これがなかなかいけまして、ここの所ずっとそれを頂いておりました。

 

先日、いつものように「丸真正宗」を頼みましたら、お店の人が「実はこの酒造が廃業しまして、今ある在庫がなくなると、もうこれは飲めなくなります。申し訳ありません。」と話してくれました。

 

ちょっと驚きましたが、残念ですが仕方ありません。小山酒造と言う、なんでも東京23区内ではただ一軒続いていた酒蔵なんだそうですが、諸事情により2月28日で清酒製造から撤退したとの事です。

 

私はあまりそういった知識もなく知らなかったのですが、東京には10件の酒蔵があるものの、北区にあったこの小山酒造さん以外の東京の蔵元、「澤乃井」などの9軒は、みな東京都下にあるんだそうで、昔は数多くあったのでしょうが、23区内にはこの1軒しか残っていなかったんだそうです。

 

ちょっとネットでチェックして見ましたが、早速ニュースになっていたようです。持っている敷地内に賃貸マンションを作るなどして利益は確保していて業績は決して悪いものではなかったそうなので、突然の廃業の知らせに驚く人が多かったようです。ハッキリとした理由は明かされていないようですが、職人の確保が難しい事が大きな理由なのではないか?と噂されています。

 

ついに23区内から日本酒の酒蔵がなくなることも淋しいですが、このお酒をもう飲めなくなるんだなぁ・・、急なことでもあり、なんか残念な気持ちになりました。

 

 カテゴリ:未分類

今節初戦の渡邊くん、八村くん・2/9/2018

渡邉選手のGW大は日本時間の昨日、八村選手のゴンザガ大は今日試合がありました。GW大はラサールに80-69で快勝、渡邊くんはキャリアハイの29得点と大活躍、ちょっとは鬱憤をはらしたかな?

 

 

八村くんのGonzaga大はパシフィック大に71-61で勝利、八村くんは10得点でしたが、あまり満足の行くプレーではなかったみたいです。

 

 

この試合、ライブストリーミングで見る事が出来ました。昼休みにちょっとのぞき見。

 

こんな感じです。

 

 八村くん、リバウンドに飛んでます。

 

日本時間で11日(日)に両校とももう1試合やります。ゴンザガ大は今季リーグ戦でただ一つの負けを喫したセントメリー大が相手です。ジョック・ランドールと言うオールアメリカン候補、ジョン・ウッデン賞候補、と言う強いセンタープレーヤーがいます。彼をどう抑えるか?面白い試合になりそうです。

 カテゴリ:未分類

今週末の八村、渡邉選手・2/4/2018

日本時間今朝(2/4(日))、GW大、ゴンザガ大、共に試合がありました。GWはデビッドソン大に58-87と大敗、20得点の渡邉選手、孤軍奮闘むなしく!でした。GW大は二桁得点は渡邊君だけでした。

 

 

ゴンザガは強豪BYUを68-60で下しました。八村くんは15得点と大活躍、ゴンザガ大のリーディングスコアラーでした。ここ数試合、いい日と悪い日が交互に来ていますが、コーチ陣の信頼は厚いように思えます。

 

 カテゴリ:未分類

話芸

いつだったか、テレビをつけてみたら、あるカナダ人の落語家の特集のようなものをやっていました。桂三輝(かつらさんしゃいん)と言う方だそうです。桂三枝(文枝)のお弟子さんなんですね。

 

その方が数年前から海外で落語の公演をしているとの事で、その様子などが紹介されていました。ニューヨークのオフブロードウェイの小さな箱で公演している映像では満席のお客さんの笑を誘い、老若男女の外国人を楽しませていました。

 

 

噺の前に前説で日本語の事、落語のことなどをお客さんに説明してから本題に入るようですが、こうして日本の話芸を海外の方々に伝えようとしている三輝さんは凄いなぁ・・・、と思いながら見ていました。丁度その少し前に、同期会で落語の話で盛り上がったなぁ・・・、と言うタイミングでもありました。

 

見ていると、本当に表情豊か、体いっぱい使って表現します。その表情だけ見ていても笑えるくらいです。見ながら、かなり昔に、故桂米朝さんのお話(落語ではなく、対談・・・ですかな?)をテレビで観たことを思い出しました。

 

特に落語に興味を持っている訳でもない私なんですが、米朝さんの話には妙に引き込まれ、そしてとても驚かされました。噺をする中で、言葉だけではなく、あらゆる仕草、動作、音を使って表現の幅を広げている、と言う事を教えてくれました。

 

扇子や指でこつんこつん、トントンと床を叩く。音質、大きさなどで人が遠くから歩いてくる様子、物がぶつかったり落ちたりする様子・・・。いろいろなシチュエーションを身体、小道具を使って表すんだというようなことを話されていました。

 

 

他にもいろんなことを教えてくれたはずですが、殆どん忘れています(笑)。でもその時に、「まさに芸術だなぁ・・・」と思ったことはよく覚えているのです。人間国宝に認定された米朝師匠の言葉には深みがありました。

 

そういった事を聞いて初めて知るような技術を絡めた話芸だからこそ、お客さんたちが魅了されるのかも知れませんね。知らぬうちに落語家という芸術家たちのお噺以外の音、仕草等で臨場感を味あわせてくれていたわけなんでしょう。それらが噺を何倍にも楽しくしてくれていたのですね。

 

落語好きの方には、昔の音源を聴いて楽しまれる方も多いそうですが、やはり映像がないと、その芸の一部は見逃しているのではないでしょうか?また映像があっても生(ライブ)の臨場感は伝わって来ないかもしれません。

 

ボブ・ホープとか、コント55号とか、一世を風靡したコメディアンの最盛期には、何も話す前から、舞台の袖から歩いてくる姿を見ただけで吹き出してしまうような雰囲気を持ち合わせていました。林家三平さんなんかもそうだったなぁ。なにかオーラを纏っているかのようでしたね。一芸を極めた・・・、と言うのでしょうか?

 

 ビング・クロスビーと並ぶボブ・ホープ

 

 この二人の人気は凄かったなぁ。

 

落語でも、一言も言葉を発することなく、身振り、表情だけで観客を爆笑させることだってあります。芸ってすごいですねぇ。それでも「話芸」と言うんですね(笑)?

 

音楽ファンの中にも、ライブにはあまり行かず、レコードやCDで音を楽しむ事を好む方々も多いようです。話芸ほどではありませんが、やはり生演奏を目の前で観、聴いてみると、演奏者たちの表情、お客さんの熱気、暖かい空気に満たされた空間を知らず知らずに感じているからなのかもしれませんが、とても感動することがあります。

 

これは音源だけ聴いていたのでは分からない部分なんだと思います。だからライブに行くのはやめられません(笑)。桂三輝さんの頑張りを見て、ジャズにまで思考が流れて行きました(笑)。三輝さん、頑張ってほしいですね。

 

 カテゴリ:未分類

NCAAバスケ情報・1/21/2018

日本時間の今朝、GW大、ゴンザガ大共に試合がありました。ゴンザガ大はサンタクララ大に75-60で快勝、八村君は24分のプレータイムで16得点。シーズン中盤で、しっかりとゴンザガ大の主力の一員として定着、活躍していますね。

 

 

 

渡邊くんのGW大は残念ながら87-63でヴァージニア・コモンウエルス大に敗れました。GW大は苦しいシーズンになっていますが、渡邉選手は37分プレー、19得点と自分のできる事はやってきているのだと思います。全米で彼の評価は高まる一方のように見えます。NBAのドラフトにはかからないかもしれませんが、サマーリーグには果那ら時招待されるんじゃぁないでしょうか?頑張れ!ただそうすると、夏のオリンピック予選には代表として出る事は叶わないかも知れないなぁ・・・。日本のバスケットボールファンには悩ましいところですね。

 

 

 

 

 カテゴリ:未分類

上野鈴本演芸場

昨年の事ですが、ある七G会の飲み会で、落語の話で盛り上がったことがありました。それぞれ違った個性の持ち主たちは、趣味も多種多様、いろんな話題が花を咲かせます。

 

私には無縁だったことも多く、興味深く聞くことが出来ます。みんなよく知ってるなぁ・・・。落語好きも結構多く、私には解らない話が飛び交いますが、それもまた楽しい時間です。

 

そういえば、高校生の時だったか、浪人してた時だったか、同級生と二人で一度落語聞きに行ってみようか?と、上野鈴本へ行ったことがあったなぁ・・・、などと昔の事を思い出しました。あの頃は日曜日の午後、「日曜演芸会」とか、「笑点」とか、人気のある番組がいくつかあって、テレビではよく見ていました。

 

特に落語好き、と言う訳ではありませんでしたが、あの頃はいろんなことにトライしてみたい年頃で、一度くらい寄席にも行ってみたい、と、友達と行くことになったんだろうと思います。

 

 

さて入り口で切符を買って入ったのはいいけれど、どこに客席の入り口があるのか分からず、ウロウロする二人の少年(笑)。人に聞くのもなんだか恥ずかしい年ごろです。そこに和服姿の小さな老人が声をかけて来ました。

 

温厚そうなそのお方が、「こちらからお上がりになったらようございますよ。」と上の階に行くエスカレーターを指さしました。「ハァ・・・、」とか言って、きちんとお礼をしたんだったかどうだか・・・。

 

二階だか三階だったか覚えていませんが、客席への入り口は一階にはありませんでした。そう、ステージから客席は後ろへ高くなって行きますから一番後ろにある入り口は上階にあったんですね。なにはともあれ席に着きました。

 

 

驚いたのは前の席の背中に飲食用のテーブルがあり、そこで飲み食いしながら芸を鑑賞出来るようになっていた事です。外の売店にはおつまみやお酒も売っています。確か灰皿もついていたような気がします。あの頃は映画館なんかでも煙草吸えるとこがまだありましたからね。今はどうなんだろう・・・?

 

何も知らずに行きましたが、落語の前にいろんな芸をやるものだったんですね。手品、漫才、紙切り・・・、あと何があったかなぁ・・・?私は「紙切り」にビックリ仰天!

 

  こんな感じで、

 

  あら不思議・・・!

 

いくつか綺麗な紙切り技を披露した後、リクエストにも応えます。どんだけのレパートリーがあるんだろう?創ったばかりの作品を、ほしい人にくれるんだけど、恥ずかしくって手を挙げられませんでした(笑)。

 

最後に真打登場!舞台の袖から歩いて来ましたその方は・・・・、先ほど入り口を教えて下さった、優しい年輩のお方じゃぁないですか!

 

多分、金原亭馬生さんと言う落語家さんだったんじゃないかな?と思います。そういえばなんか見たことある顔だなぁ?と思っていたのです。当時大人気だった若き古今亭志ん朝のお兄さん、志ん生の息子さんです。

 

 多分この人だったと・・・。違ってるかもしれないけど・・・。

 

いやぁ、参りました(笑)。

 

この後、もう一度だけ鈴本に行ったことがあります。母親を連れて行きましたら、大喜びしておりましたねぇ・・・。それが私にとっての数少ない親孝行であり、最後の落語経験でしたかな?

 

その母も逝去しまして10年以上たちました。先日墓参にまいりました。

 

 

沢山の花に囲まれて、喜んでいてくれるだろうか?母が喜んででくれれば、一緒に眠る父親も喜んでくれるはずなんだが・・・。

 

同期会での話芸の話題からそんなことも思い出しました。

 

関係ありませんが、私は「笑点」よりも「日曜演芸会」の方が好きでしたねぇ(笑)。

 

 

 カテゴリ:未分類

「お蔭さまで」

クリスマスも終わり、もう4日で年が過ぎて行きますね。私たちは今日(27日)が仕事納めです。

 

ボクシングの内山選手が引退してしまったから、年末のボクシングは今いち迫力に欠けるなぁ、八村くんたちのバスケットボールで楽しみますかね。

 

お蔭さまで、今年もなんとか無事に終われそうです。お世話になりました。日本語の「おかげさまで」、とか「お世話になりまして」、とか本当だなぁ・・・、と思うようになりました。日本語の表現には含蓄がこもっていますね。

 

今年は少し早く休みに入りますので、新年は早く、4日からここに来ます。さすがに4日は予約が入りません(笑)。たまった雑用をこなす初日になりそうです。

 

皆さまもお体にはお気を付け下さって、良いお年をお迎えください。来年も宜しくお願い致します。

 カテゴリ:日々のこと, 未分類

新原歯科医院TOP > 院長ブログ