新原歯科医院

院長ブログ

カテゴリ: 音楽の話

近藤和彦トリオ・お茶ナル・7/8/2019

近藤和彦さんのトリオを聴きに行きました。このお店で聴くのは久しぶりです。御茶ノ水駅に着きました。まだ40分ほど時間があります。取り敢えずいつもの日高屋さんでちょい飲み・・・( ´∀` )。

 

 

ビールの後に冷酒も頼んで( ^ω^)・・・。ソラマメも頼みまして・・・、丁度時間となりました。これで1290円!安いですねぇ・・・。

 

 

さて御茶ノ水橋口の方まで歩いて行きまして、ナルに入ります。

 

 

ごらんのとおりの名手揃いのメンバーです。さすがに席もかなり埋まっていました。入り口近くのボックス席に座らせて頂きました。そのうち大坂さんが入って来てミュージシャンの控え席に座りました。そろそろかな・・・?

 

 

相変わらずワンパターンのオーダーです( ^ω^)・・・。

 

 

いつものオーダーですが、今日初めて私にマティーニを注いでくれた手の持ち主は・・・?

 

 

ことし入った笹原さんでした( ^ω^)・・・。入ってかなり経ちますが、私が行く日にはあまり入っていなかったので、こうして注いでくれるのは今夜が初めてでした。可愛いですねぇ( ^ω^)・・・。また宜しくね!

 

 

成田社長がミュージシャンの元へ行き、スタートのお願いをすると皆さんステージに上がりスタンバイです。今日は外国人らしい方々もチラホラ見えます。

 

 

私のテーブルも、ミックスナッツ到着!準備万端です(笑)。

 

 

近藤さんはかなり前に大塚グレコで初めて聴いたような記憶があります。時折いろんなメンバーとのギグで聴いていますが、彼のリーダートリオは初めてかも知れないなぁ。

 

 

演奏中は撮影禁止なんですけど、熱い演奏で大きな音が出てる時に盗撮・・・<(_ _)>。滅多にしません。社長、🙇ゴメンナサイ・・・。

 

 

久しぶりに聴いた近藤さんです。美しいフレーズをクールに奏でる・・・ようなイメージが私の中にはあったんですが、どうやら私は何も知らなかったようです(笑)。アルトのほかにソプラノサックス、そして、何て言うんでしょう?もっと短いサックスも使って時に優しく時に激しく!いやぁ・・・、こんなにアツイ演奏をする人だったんだぁ!

 

 

そして田中菜緒子さん・・・。このピアニストは成長をやめませんねぇ。この夜も素晴らしい演奏を聴かせてくれました。ベテラン3人に交じって、引けを取らない・・・、そして素晴らしい会話を聴かせてくれた田中さんには脱帽です。

 

何年前だろう?小岩コチで彼女と寝占友梨絵さんのデュオがありまして、1セット目が終わって帰る時に、コチの宮崎マスターに「この二人は掘り出し物だね( ^ω^)・・・。」と話しかけた事がありました。

 

その晩のコチブログには「初めての組み合わせですが、今後の日本のジャズシーンに必ず出て来ると・・・、それを見越してのライブを組んでみました。これからも頑張ってほしいと思います。」と書かれていました。4年前の私のブログを探し出してこの言葉を見つけました。あの時はむしろ寝占さんのスキャットに驚愕した私でしたが、あれから4年、あっという間に大人気のピアニストになった田中さんです。いまだに進化し続けています☻。

 

 

毎曲、歓声、拍手に包まれて、笑顔でMCをする近藤さん。自分の演奏にも納得が行っているのかも知れませんね。大坂さんと上村さんはいつも通りです。素晴らしいサポート、ソロで盛り上げます。これだけかみ合うと、みんな笑顔、笑顔での演奏です。ステージも客席も楽しい時間を共用しているような空間でした。

 

 

楽しい時間はあっという間に過ぎて行きます。1セット目も終わりに近づきました。田中さんをずっと追いかけていて、他の若いミュージシャンのことを思いました。やはり、将来楽しみだ( ^ω^)・・・、と思って期待していたミュージシャンたちがいます。

 

ある人は、素晴らしいパフォーマンスを続けているのに、なかなかメジャーな箱に出演する事が叶いません。ある人は成長が止まってしまった・・・、むしろ悪くなっているようなミュージシャンもいます。まぁ・・・、何もわかっていないど素人の私がこんなことを話すのはおこがましいかも知れませんが・・・。

 

田中さんの進展はきっと彼女の努力の賜物なんでしょう・・・。人気の上昇に負けない努力で進化し続けているかのようです。これからも楽しみにして聴いて行きたいですね。また、いいものを持っているミュージシャンたちにいい機会が与えられることも祈っています。

 

 

近藤さんが笑顔でステージを下がって来ました。いい演奏が出来て、楽しかったんでしょうか( ^ω^)・・・?私もタップリと楽しませて頂きました。これで席を立つ私です。またよろしくお願いいたします。

 カテゴリ:音楽の話

父娘会at代ナル・6/18/2019

久しぶりに娘二人と会いました。代々木ナルに集合です。

 

 

この日は河波浩平くんがピアニストのトラとして出演すると聞いていました。歌も少しは歌うそうなので、この日は行こうと思っていまして、丁度娘たちも都合が良かったのでここで集まる事にしました。

 

 

エミちゃんも久しぶり・・・、マティーニを作って持って来てくれたフウカちゃんも久しぶりです( ´∀` )。

 

 この手がフウカちゃん( ´∀` )。

 

結構席は埋まっていました。ボーカルのHannaさんのお仲間が多かったみたいです。娘たちを待っているうちにベースの佐藤くんと河波くんが準備に入りました。

 

 

なみへい君は本来ボーカリストです。時々弾き語りもやりますからピアノも上手なんですが、本職ではないからやや緊張気味(笑)?

 

 

いつものセットを前に私も準備万端(笑)?娘たちからラインが入り、もうすぐ着くようです。まずは一人で歌を聴きましょう。

 

 

ボーカルのHannaさんは暫く活動していなかったのかな?昨年からこのお店にまた出るようになった、と聞いています。ふくよかな(笑)声で、なかなか味のある歌を歌いますね。

 

 

二人の娘たちが順番に到着しました。次女は先週も会いましたが、姉となかなか会う機会がないのでこの日も駆けつけてくれました。

 

 

時折なみへい君の歌も入りながらステージが進んでいきます。なみへい君が「今日のお客さんは反応がいいなぁ」と話しましたが、あちらこちらから声援が上がり盛り上がったステージになりました。

 

 

佐藤きりん君もカッコいいソロを聴かせてくれます。さすがになみへい君のピアノソロは短めでしたが(笑)、歌でお客さんを、そしてHannaさんを唸らせていました。

 

 

美味しい料理を頂きながら新原家も楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

 

あっという間に1セット目も終わりです。大きな拍手に包まれて最後の歌を歌い終わりました。

 

 

2セット目はどうしようか・・・?と相談ですが、二人とも結構遠くに住んでますからね、ちょっと歳もとって疲れやすくもなったようで、2セット目が始まる前に替える事にしました。エミちゃんに家族写真を撮ってもらって・・・。

 

 

休憩時間一杯色々話しまして( ^ω^)・・・、そのうちそれぞれの彼も連れて来ましょう・・・、と言う話などもしまして、お店を後に・・・。身体には気を付けて、元気でやって欲しいものです。またよろしくお願いいたします<(_ _)>。

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

井出麻理子at代々木ナル・6/12/2019

久しぶりに娘とコミュニケーションを取ろう・・・、と代々木で待ち合わせしました。私は少し早め、7時ころに到着。

 

 

井出さんと言う方は、ずっとポップ、ロックで活躍されていた方なんだそうですが、いわゆるその時に流行っている音楽を聴かなくなって30年、この店のスケジュールで初めて見た名前なんです。最近銀座スイングでピアノの堀君やバイオリンの里見さんと共演したライブを聴いて、「おお、イイなぁ・・、」と思い、この日の予約をした訳です。

 

 

2ステージのこの夜、まだスタートまで30分程ありますから、まだお客さんはチラホラ・・・。ベースの塩田さん到着、ケースからベースを出しています。奥のカウンターには井出さんが座っています。カウンターの中には今年代ナルデビューを果たした彩菜ちゃん( ´∀` )。

 

 

 

次女を待っているうちに少しづつ席も埋まって来ました。友田君の姿も見えます。

 

 

いよいよスタートです。塩田さんと友田君がスタンバイ。塩田さんが友田君を紹介します。今売り出し中の若いピアニストですが、塩田さんによると、キングレコードからメジャーデビューしたとの事・・・、へぇ~、凄いですねぇ・・・。中々イキのいいピアノを弾くとは思っていましたが( ^ω^)・・・。

 

 

2曲程インストで箱を温めます。塩田さんのセッションはいつもノリがいいので私は大好きです。ベースを弾きながら自ら声を発して盛り上げる塩田さん、友田君もノッテ来ました。私の声も大きくなります(笑)。他の席からも口笛が聴こえたりします( ´∀` )。

 

 

いつの間に中央のテーブルは殆ど埋まっていました。盛り上がって来たところに歌姫が紹介されてステージへ( ^ω^)・・・。

 

 

とてもチャーミングな井出麻理子さん、歌はR&Bのようなグルーヴ感もあり、ホットです。江利チエミの歌や、私が高校生の時に日本公演をしたブラスロックのBSTの歌・・・、そしてジャズスタンダード( ^ω^)・・・。バラエティーに富んだレパートリーです。

 

 

まだジャズ系の箱では、歌い始めてそれ程長くないんでしょうか?でも全く違和感ないなぁ・・・。塩田さん、友田君のアツいバッキングに乗って、彼女も熱唱します。私も含めたお客さんの熱も上がって来ましたよ~( ´∀` )。

 

 

8時を10分くらい過ぎた頃に次女到着です。家を出て友人と二人で暮らしています。最近転職もしまして、時々小さな声(笑)で近況を聞きながら、素晴らしい演奏を聴いて行きました。

 

 

演奏中はスマホでは撮影出来ないのが残念ですが、終始笑顔で楽しそうに、そして熱く音楽を奏でる3人。緑色のカズーを使った井出さんのアドリブソロは、それはブルージーでカッコよかったなぁ。

 

 

スライドギター、と言うのか、ボトルネック奏法、と言うのか知りませんが名ギタリストでもあるボニー・レイットの歌まで出て来ちゃいました( ´∀` )。結構ジャズになるから面白い(笑)。奥のカウンターの中で彩菜ちゃんが身体を揺らして聴いていたのが微笑ましい( ^ω^)・・・。

 

 

白熱のファーストセットが終わり、塩田さんがステージを下がり際に握手してくれました。そのあとはしばし娘との歓談タイム。その時間もあっという間に過ぎて行きました。私は勿論ここで終わりです。次女は若い頃は一人で2セット目も聴いて行ったりしたもんなんですが、住んでいるところも遠いし、少し歳もとりました(笑)。一緒に店を出ます。

 

 

レジで久々に会ったスタッフのミナエちゃんとシェフの富田さんを少しいじって(笑)、美紗子さんにもご挨拶。実は今日来れなかった長女とは来週約束しましたたのでね、その予約もしてから( ´∀` )お暇しました。今夜も楽しい時間を過ごさせて頂きましたね。またよろしくお願いいたします<(_ _)>。

 

 

 

 

 カテゴリ:音楽の話

真文さんの火曜日・令和一年・6月

ある火曜日、御茶ノ水へ・・・。

 

 

いつものセットを頂いているうちに時間になりました。

 

 

 

火曜日の御茶ノ水ナルは山口真文さんのリーダーセッションの日です。この夜のピアノは片倉真由子さん、ドラムに吉良創太くん、ベースに高橋陸くん。普段は入り口にメンバー表が貼ってあるんだけど、火曜日は「真文さんの火曜日」と書いてある真文さんの写真だけ・・・。

 

ミュージシャン達がステージへ・・・。

 

 

 

この火曜日のセッションではずっと前から若手のミュージシャンたちが真文さんと共演して経験を積んで来ました。片倉さんはもう若手と言えないし、押しも押されぬ日本のトップピアニストの一人ですが、こういうトップアーティストも共演します。

 

 

 

毎週素晴らしい演奏が聴けます。火曜日のお茶ナルなら「外れ」はありません。時々真文さんのサックスが聴きたくなるのです。この夜はいつにもまして素晴らしい演奏でした。「鬼気迫る」、と言ってもいいような真文さんのソロに周りのミュージシャンも応えます。私も声が出ます。

 

 

片倉さんも吉良くんもアツいプレーです。高橋陸くんは、まだ20代前半だと思いますが、最近よく名前を見ます。1曲目のベースソロではなんか普通でしたが、周りの熱気に徐々に彼のスイッチも入って来たようです。

 

始めとは打って変わった速弾きにグルーヴィーなフレーズで盛り上げてくれました。1曲目は出し惜しみしてたのかな(笑)?あちらこちらからコールがかかる理由が分かりました。期待の若手ですね。

 

 

関係ありませんが・・・、このお店のミネラルウオーター、昔からこれですが・・・、レトロな雰囲気でいいですねぇ(笑)。

 

 

マティーニグラスと並ぶと雰囲気があります( ´∀` )。

 

素晴らしい1セット目の終わりにレジに向かいます。社長に「今日来なかった人は損したねぇ・・・」と話しながらレジを済ませました。ちょっと寂しい客席でした。ま、真文さんはこの店に来れば、毎週聴けるから・・・、いつでも聴ける・・・、と思う方々も多いのかも知れませんね。そうなると、たまにはこんな夜もあるんでしょう。

 

少なくとも私一人でなくってよかったかな(笑)。ドアを開けて階段を昇ろうとしたら上で(入ろうか迷っているのかな)、入り口の張り紙を見ている若い女性がいました。私が上がって行くと、意を決したように階段を降りて来ます。

 

「今日は素晴らしい演奏が聴けますよ。」と、声をかけたいくらいでしたが・・・(笑)。きっとまた来たい、と思ってくれるんではないかなぁ・・・、ただ丁度セットが終わった時間だったのが気がかりですが・・・。

 

興味を持っている方は多いと思うんです。でも私も初めはそうでしたが、ジャズってなんだかあまり聴いたことがない人にとっては、やや入って来づらい雰囲気があるんだよなぁ・・・。難しいんじゃないか?とか知識が無いと恥ずかしいかな?とかね。

 

そう思わせてしまうのは、何か原因があるんだと思います。あまり普段こういう音楽を聴かない方でも安心して気軽に入って来れるようになるといいな、と常々思っています。今夜来なかった人はホントに損してます。

 

別に何の知識が無くったって、いい演奏は心を打ちます。難しい解説なんか無くっても、ミュージシャンの笑顔と素晴らしいサウンドから楽しさは伝わって来ます。いい演奏を多くの方に聴いて頂いて、その楽しさを多くの方々にシェアして頂きたい・・・、と思う私です。

 カテゴリ:音楽の話

カナ・カナ・ユカリ・代ナル6/3/2019

代々木ナルにお邪魔してきました。

 

 

美しくも情熱的な演奏で盛り上がりそうなメンバーです。下に降りて見ると・・・、丁度演奏が始まった所のようでした。多くのファンが熱心に聴いています。よく見れば・・・、男性率100%!!!

 

 

この3人なら・・・、分からなくもありませんが・・・(-_-;)。素晴らしい演奏には男女の区別なくファンが付いてくれてもいいんだけど・・・、とか思ったりもしますねぇ( ^ω^)・・・。

 

フルートのKanaさんとバイオリンの平松加奈さんが楽しそうに、掛け合いのような演奏を繰り広げていました。二人ともボディアクションタップリ!アツイ気持ちが伝わって来るようです。

 

 

平松さんを初めて聴いたのはもうかなり前だなぁ・・・。10数年前でしょうか?もうなくなってしまった銀座松坂屋の裏にあったスイングシティと言うお店でした。フラメンコ系の、その頃から情熱溢れるプレースタイルで盛り上げてくれる演奏には惹かれていました。

 

スパニッシュコネクションと言うユニットでもよく聴きましたねぇ。タブラと言う楽器を使うメンバーがいて、その珍しい楽器の音も楽しく聴かせてもらいました。作曲家としても大活躍されているようです。

 

 

Kanaさんは数年前にここで初めて聴いたのかな?横笛ならなんでも・・・、そしてオカリナまで吹くという「笛吹カナ」さん、あっという間に人気上昇!いまではあらゆるメジャーな箱に出演しているようです。

 

表情豊かに、楽しそうに演奏する姿、勿論素晴らしいアドリブのフレーズを聴かせてくれるKanaさん、多くのファンを獲得しているようです。ジャズスタンダードにこだわらず、時には和風な楽曲も聴かせてくれますが、一期一会のの演奏はやはりジャズだなぁ・・・。

 

  ズームするとピントが難しい・・・(´;ω;`)

 

ゆかりさんはここのレギュラーです。華奢な身体ながら、強いタッチで激しく演奏することもあればシルクのような柔らかいタッチで優しく奏でる姿も美しい。歌伴を決して厭わない彼女ですが、歌の合間の短いソロで十分に存在感を感じさせられます。ベテランギタリストの竹中俊二さんとのユニットでは存分にインストの演奏を聴くことが出来ます。

 

 

三人がそれぞれ持ち寄った曲を演奏して行きます。時折平松さんがMCでもお客さんを楽しませてくれます。とても楽しい、そしていつもながら情熱的なインプロヴァイゼーションに私もついつい声が出てしまいました。

 

  この影絵も大好き( ´∀` )。

 

あっという間に1セット目も終わりそうです。Kanaさんや平松さんのファンの方々には静かに聴きたい方も多いようなので、私はかなり抑えめにしていたつもりなのですが、演奏が盛り上がるにつれて、ちょっと声援が大きめに・・・(笑)。でも他にも同じように「イェーイ!」と声援を送っていた方もいましたから、ま、いいか(笑)。

 

 

大拍手と笑顔、歓声に包まれて1セット目が終わりました。レジに行く途中で、平松加奈さんが、「盛り上げて下さってありがとうございます!」と声をかけてくれました。うるさい客だ!と思われているかも知れない私への気遣いだったのかも知れませんね。他の方によく聞こえるように声掛けしてもらって感謝です。

 

 

レジのところでゆかりさんが挨拶に来てくれました。いつものように握手をさせてもらおうとしましたら、「ゴメンナサイ、今日は出来ないの・・・」と右手を見せてくれました。なんと中指(薬指だったかな・・・?)にギブスが・・・!

 

骨折しちゃったんだそうです。演奏を聴いていて、全然わかりませんでしたが、この夜は4本指で演奏していたんですって・・・!そういえば、いつもよりはやや控えめだったかも・・・、なんて後から思いましたけど、プロ根性でしょうか?

 

でもお大事にして頂きたいものです。左手で握手させて頂き、その後ろにいた平松さんにも手を振ってお店を出ました。実は来週娘とここで飲み会(?)をすることになっていまして、その予約をしに来たんですが・・・、あやうく予約を忘れてしまいそうなくらいの素晴らしい演奏に満足して家路につきました。またよろしくお願いいたします。

 カテゴリ:音楽の話

松島啓之カルテット・御茶ノ水ナル・5/29/2019

御茶ノ水ナルの5月のスケジュールに松島啓之さんのリーダーセッションが入っていました。小岩コチでも御茶ノ水ナルでも他のユニットでは松島さんのライブはよく聴いているんですが、彼のリーダーライブが入っているのはかなり久しぶりのような気がします。行って見ましょう!

 

この日は近くのデニーズでちょっと時間をつぶしてから御茶ノ水へ向かいました。

 

松島さん以外のメンバーも、他のユニットではよくこの店で聴いています。実力者揃いの松島啓之クァルテットです。青山のボディーアンドソウルでは毎月レギュラーで出演しているようですが、ここでは久しぶり。

 

 

ミュージシャン待機中のテーブルの手前に席を貰いました。席は5~6割埋まっているかな?スマホを向けたら、松島さんが気づいて会釈してくれました。

 

 

 

まずはドリンクも到着!私も臨戦態勢( ´∀` )です。やや暗い店の照明に照らされたグラスが綺麗で、好きな眺めです。

 

 

いつものように成田社長がミュージシャンのテーブルに赴き、スタートのお願いをしますと皆席を立ってステージへ・・・。

 

 

 

いつも思いますが、結構若い女性のお客さんが多いんですね。松島さんの人気もあるんでしょうが、他のライブでも女性客が多く見られる気がします。男性はジャズに興味ないんだろうか・・・?女性ミュージシャンが出るときには男子率高い事も多いんだけど・・・。この素晴らしいメンバーなのになぁ・・・?

 

 

ミックスナッツもテーブルに乗りまして、スタートを待つのみです。今日はジャイアントコーン少し多め( ´∀` )。

 

 

リーダーの松島さんの挨拶から1セット目のスタートです!久しぶりだなぁ・・・、とは思っていましたが松島さんによりますと、このメンバーでここに出るのはなんと5年ぶりなんだそうです。そんなになるんですね、また時々出演してほしいものです。

 

 

さぁ、スタートしました。演奏中の撮影はいけないんですが、音量の大きい時にこっそりと( ^ω^)・・・。1曲目は知らない曲ですねぇ。でもメロディーがハッキリしていてリズミカルでいい曲です。

 

 

へぇ~、松島さんのオリジナル曲だったんだ・・・。いい曲を書きますねぇ( ^ω^)・・・。それにしても初めて彼のトランペットを聴いたのはもう15年くらい前になるでしょうか?もっとかなぁ・・・。コチで聴いたんだったと思います。

 

 

美しい音色で、時に優しく、時には強烈なフレーズを繰り出す松島さんのトランペットには一発でノックアウトされた私です(笑)。でもそのパワフルな演奏とは真逆の( ´∀` )無口でいつもなんか恥ずかしそうにしている松島さんでした。

 

 

昔は殆どMCもしなかった彼ですが、こうして最低限の事は喋るようになりました(笑)。でも外見はホントに変わらないなぁ・・・、いつまでも歳をとらない・・??不思議なトランぺッターです(笑)。

 

 

マイルスの曲やら、数曲・・・、4人の素晴らしい掛け合いも聴けました。それぞれのソロもカッコよく、最後は広瀬さんのド迫力のドラムソロで客席を沸かせました。終始歓声に包まれたいいライブになりました。

 

 

いつも温厚な笑顔で迎えてくれる成田社長に挨拶して今夜も1セット目の終わりに店を出ます。仕事で疲れた体と心をちょっぴり癒して頂きました。またよろしくお願いいたします。

 

 カテゴリ:音楽の話

We`ll meet again

We`ll meet again, Don`t know where, don`t know when 🎶.

僕たちは必ずまた会えるさ。どこで?いつ?それはわからないけれど・・・。

 

 

But I know we`ll meet again, some sunny day 🎶.

でも、ある晴れた日にまた君と会える。僕はそれを知っている。

 

 

Keep smiling through, Just like you always do 🎶, 

ずっと微笑んでいてくれるかい?いつも君がしていたようにね・・・。

 

 

Till the blue skies drive the dark clouds far away 🎶.

青空が暗い雲を追い払ってくれるまでね。

 

 

So will you please say hello, to the folks that I know 🎶,

だから・・・、僕がよく知っている人たちに「ハロー」って言っておいてくれるかい?

 

 

Tell them I won`t be long 🎶.

僕はそんなには長く離れているわけじゃないからってね。

 

 

They `ll be happy to know, that as you saw me go 🎶,

彼らはきっと喜んでくれる。僕が行くところを君が見たときに

 

 

I was singing this song 🎶.

僕がこの歌を歌っていたと言う事を知ったらね。

 

 

We`ll meet again, Don`t know where, Don`t know when 🎶.

僕たちはきっと再会できるさ。いつなのか、どこでなのかはわからないけれど・・・。

 

 

But I know we`ll meet again some sunny day 🎶.

でも僕にはわかってる。ある晴れた日に、必ず君とまた会える時が来るってことを。

 

 

 

Vera Lynnと言う歌手が歌って有名になった曲です。メロディーも歌詞もとても美しい歌です。第二次大戦中に大ヒットして、それからずっと歌い継がれている歌です。大戦中に慰問に行ってこの歌を歌うと、兵士たちとの大合唱になったと言う事です。私が持っているアン・マレーのCDにもこの歌が入っていて、よく聴いています。

 

 

 

第二次大戦の時に愛する人が戦場へ行くとき、こうやって歌ってくれた・・・、というようなシチュエーションなんでしょうね。そしてその中のどれだけの兵士が実際に生還して愛する人々と再会できたのでしょうか・・・。

 

 

私はこのブログでは、政治的、社会的な事にとどまらず、あまりハードな事は書かないことに決めています。能天気な、どうでもいいような、でも出来れば楽しい事ばかり書くことにしているんです。

 

でも、最近(最近に始まった事ではないけれど・・・)ちょっとひどい事が多いなぁ・・・。虐待としつけの違いが分からない人とか・・・、戦争をして領土を取り戻すしかないとか放言する、あまりにもアホな議員とか・・・(´;ω;`)。

 

そしてまたあまりにも悲しい事が起こりました・・・。祈る事しか出来ません・・・。いい加減にしてほしいものだ!

 カテゴリ:未分類, 音楽の話

七ジャズ会番外編・5/18/2019・代々木ナル

前回の「音楽を肴に飲もう会」のあとで、Hr夫人から連絡がありました。その時に持って行ったお店のパンフレットを見ていたら、スケジュールによく知っている名前があったそうで、調べてみたら、彼女の厚木での小学校の教師時代の教え子だと言う事が分かったとの事でした。

 

音楽の道に進んだとは聞いていたけれど、このお店に出ていたとは思ってもいなかったのでビックリするとともに・・・。嬉しくなって、また20年ぶりに会いたくなってたまらなくなったようです。それでは・・・、七ジャズ会の番外編、と言う事で是非行きましょう!そんなわけでお付き合いさせて頂くことになりました。

 

当日は月例の船カンゴルフでしたが、19番はパスさせてもらい、早々に帰宅、ちょっと休んで御茶ノ水へ向かいます。駅前の日高屋ちょい飲み(笑)。それから代々木へ・・・。

 

 

着いて入り口を見れば( ^ω^)・・・。Hr夫人が一服中(笑)。さすがに早いお運びでした・・・(笑)。

 

 

下に降りればご主人が迎えてくれました。

 

 

はいはい、仲のいい事で御座います( ^ω^)・・・。

 

 

Ksさんも到着です。七ジャズ会の方々には一応お誘のご連絡したものの、皆さん忙しく、そんな中お付き合い頂き感謝です!

 

 

そして感動の再開!近寄って行ったHr夫人を見て、「キャーッ!先生~~~!」と叫ぶ廣瀬みちるさんとまずはツーショット!

 

 

興奮気味にお話をしていた二人ですが、もうすぐステージが始まります。またあとで、ゆっくりお話ししましょう・・・、と準備に行く、美しく成長した廣瀬さんでした。

 

 

そして廣瀬さんの共演者はお馴染みの田辺充邦くんでした。さぁ、1セット目が始まります。

 

 

「あの子は昔からタッチが強いのよ、頭もすっごくいいの・・・」と、教え子自慢のHr夫人(笑)。笑顔が絶えません。強い、そして美しい音色の廣瀬さんと田辺くんで白熱の演奏でまずは一曲。

 

 

そのあと、ボーカルが入りました。この日はツインボーカルです。

 

 

二人とも初めて聴かせて頂きましたが、なかなかどうして、いい歌を歌ってくれます。そしてとても楽しいステージングにお客さんが盛り上がりました。音楽仲間とのお客さんもいらしていたのかな?いい空気になりました。

 

 

そして休憩時間には廣瀬さんが来てくれました。当時の同級生の話やらで話は尽きない様子( ´∀` )。

 

 

私たちは写真を撮ったり、二人を見守りながら写真のチェックしたり( ^ω^)・・・。

 

 

いやぁ・・・、良かったねぇ・・・( ´∀` )。こうして再会を楽しんでいる二人を見ると幸せを分けて貰っているようですね。ありがとうございました。(* ̄▽ ̄)フフフッ

 

 

そして2セット目が始まります。いつの間にかほぼ満席状態でした。

 

 

セカンドも楽しいステージが続きます。デュオの後ろでバッキングながらいろんなやり取りをして笑顔の田辺くんと廣瀬さん。二人のボーカルもいいデュエットで盛り上がったいいステージになりました。

 

 

そしてこの影絵も心に沁みますねぇ・・・。いい夜に感謝です。惜しむらくは、平日と違って、休憩時間が短い土曜の代ナルです。もう少し師弟にお話をさせてあげたかったけれど、もう行かなくてはいけませんね。

 

 

あっと言う間に3セット目が始まる時間になってしまいました。廣瀬さんと田辺くんが準備を始まます。演奏中にぞろぞろと席を立つわけには行きません。ここでお開きにしました。次回の七ジャズ会は7月の廣瀬さんの時にすることになりました。また師弟の嬉しそうな姿を見る事が出来るでしょう。またよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

塩田哲嗣セッション・5/10/2019・御茶ノ水ナル

金曜日の塩田さんのセッションを久しぶりに聴きに行きました。彼のリーダーセッションはいつも最高のメンバーで盛り上がります。

 

 

この夜は2ステージ、いつもよりスタートが15分程遅れます。その少し前に店に入りました。

 

 

メンバーが控え席で準備に余念がありません。テナーサックスの大御所、峰厚介さんの両側で太田くんと吉岡さんが楽譜をのぞき込んでいます。右にはそれを見守る塩田さん。

 

 

マティーニ到着!ここのグラスはやや大きめ・・・、量も多めです。結果としてはとってもお得な、経済効果抜群な(笑)一杯です( ´∀` )。

 

 

成田社長がスタートのお願いをするとまずは塩田さんがステージへ上がりました。

 

 

そしてドラムの大坂さん、ピアノの吉岡さんも・・・、そして太田君・・・。

 

 

最後に峰さんが入って全員揃いました。さぁスタート!

 

 

ミックスナッツも準備万端(笑)!臨戦態勢です!

 

 

 

7~8割方埋まって程よい賑わいの店内です。流れるような演奏に皆聴き入ります。

 

 

いつも通りのアツイ太田君のサックスで店内が盛り上がって行きます。他のメンバーも負けじといいソロ、バッキングです。太田君、素晴らしいソロの後の大きな拍手に、いつもそうなんですが本当に子供のように(と言っては失礼だけど)照れくさそうな可愛い笑顔で後ろに下がります。なんかイイなぁ( ^ω^)・・・。

 

 

峰さんって私の中では大柄なイメージがあるんですが、実際はそれほどでもないんですね。やっぱり彼の存在観がそういうイメージを持たせるのかなぁ・・・。若手に負けないアツさを見せてくれた素晴らしい今夜の(今夜も)峰厚介さんです。

 

 

吉岡さんはいつものように本当に楽しそうに、そしてカッコいいファンキーなフレーズでお客さん、そして周りのミュージシャンたちをも湧かせてくれました。ドラムの大坂さんもしかり!控えるところは控え、時折ビシッとカッコよく決めてくれます。

 

塩田さんや吉岡さんがおぉ~!と大坂さんの方を向いて囃したりします。太田君と塩田さんは大声で、そして笑顔で他のプレーヤーの好演を称えます。空気が暖まり、客席からも歓声が上がり、いいライブになりました。

 

 

何かで読んだんだけど、大坂さんによると塩田さんなんかはここ、お茶ナルのジャムセッションに参加して出て来たベーシストなんだそうですね。長くニューヨークで活動し、最後はバークレーでプロデュースの勉強をして帰国して、今はプロデューサーとしても活躍しています。

 

この日はスタンダードのほかに彼のオリジナル曲も2曲やりました。なかなかメロディアスないい曲だったなぁ・・・。こうして素晴らしいセッションを演出してくれる彼、そして日本を代表するジャズミュージシャンたちの活躍をこれからも見て聴いていきたいものですね。

 

この日も多くの若い男女のファンが聴きに来ていました。少しづつでもこの国の音楽を愛する人たちの間にこの音楽が多く聴かれるようになっていくといいなぁ・・・。などと思いながら、1セット目が終わって家路についた私です。またよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 カテゴリ:音楽の話

里見紀子&平岡雄一郎ライブatコクリコット・4/28/2019

これが平成最後のライブ鑑賞となりました。平成最後の(なんでも平成最後(笑))日曜日の夜、船橋のコクリコットへ行って来ました。

 

 

船橋駅から此処までの道も賑わっていましたが、お店の中も賑わっていました。ウゥ~ン、良かった良かった・・・。

 

 

ドアの写真を撮っていたら・・・、

 

 

オーナーのルーリーが笑顔で出迎えてくれました(笑)。窓の外を歩く私が見えたのでしょう。一つだけ空いていたカウンターの席に座ると、隣のお客さんが「今一曲目が始まったとこだよ。」と、教えてくれました。グッドタイミング!

 

 

カウンターの中には・・・おぉ~~!エミさんが( ^ω^)・・・。

 

 

笑顔で楽しそうに演奏する二人、あれ?このギターは初めて見るなぁ・・・。いつもはオベーションのガットギターを弾いている平岡さん、一度だけエレキギターを弾いたのを聴いた事がありましたが・・・。でもなかなか柔らかいいい音です。

 

オベーションはキレの良い、でもやや固い感じのサウンドですが、スピーカーだとボーズ(BOSE)みたいな感じ。これはスピーカーならJBL・・・。どちらもいい音です。

 

 

ウゥ~~ゥ!どうしても里見さんにフォーカスが合いません・・・(´;ω;`)。美しい里見さんの姿をうまく捉えられず残念至極であります。情熱的な素晴らしいフレーズを、ここかしこに聴かせてくれました。

 

 

私の大好きなギタリストの一人である平岡さん、ジャンゴが好きな彼ですが、だからと言ってジャンゴのコピーのようなフレーズを弾くわけでもありません。平岡さんの個性たっぷりな超速弾きに歓声が上がりました。私も声が出っぱなし( ^ω^)・・・。1ステージ目が終わってくつろぐ平岡さんの横でお客さんが満足そうな笑顔を浮かべていました。いい仕事をした証ですね。

 

 

1セット目の終わりにお店を出る私を、ルーリー、エミさん、そして常連(?)のお客様までドアの外に出てお見送りしてくれました・・・(笑)。「お店の方ですか(笑)?」と聞くと、「そう!みんなお店の方なのよ(笑)。」とルーリーが笑顔で答えてくれました。多分地元のミュージシャン仲間なのかも・・・?交代で店番してるみたいだから・・・。

 

いい空間になって来たコクリコットです。ルーリー頑張れ!(笑)またよろしくお願いいたします。

 

 

 カテゴリ:音楽の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ