新原歯科医院

院長ブログ

カテゴリ: 音楽の話

銀座スイング初ライブ・1/7/2019

有楽町のスイングに行って来ました。今年のスイングの初ライブです。こんなメンバーでした。田辺商店や遠藤征志さんは何度も聴いていますが、井上真紀さんと言う方は初めて知りました。さてどんな歌うたいなんだろう?

 

 

入り口の写真撮ってたら、中から見えたみたいで、田辺充邦くんご夫妻が新年のご挨拶に出て来てくれました。相変わらず美しい奥様の織絵さん、今夜は愛娘のハロちゃんは連れて来ていないのかな?今年もよろしくお願いいたします。

 

 

スタッフの斎藤さんに「何処にしましょうか?」と聞かれましたが、やはり出口に近いここにしてもらいました。飲むとトイレが近くなる質なもんで(笑)、お客さんの前を通らずに、(ここは店の外にトイレがあるのです)小用に行けますのでね( ^ω^)・・・。

 

 

カウンタ席は満席でした。正面になんだか見た事があるような女性が・・・、あっ!阿川泰子さんではありませんか・・・!丁度この写真ではピアノの遠藤君の陰に隠れて見えませんが、両脇の男性としきりにお話し中でした。そしてその隣には有名なジャズファンの「ご隠居」がいらっしゃいました。

 

田辺くんは若い頃から阿川さんのバックでギターを弾いていますから、それで聴きに来てくれたんでしょうか?

 

 

ここではこういうオーダーです。マティーニがないのでビールを頂きそしてボトルキープしてあるのはハーパーです。以前はジャックダニエルだったんですが、この店ではジャックが何故かものすごくいい値段なもんで、貧乏な私は一番安いこのウイスキーに代えました(泣)。

 

 

昔は一番奥か真ん中のボックスによく入ったんですけど、先ほど書いたような訳で、最近はよくこのあたりに座ります。ゆったりしてるし、こうしてモニターで奥のミュージシャンも見えるようになってます。

 

 

相変わらずよくしゃべる田辺君がマイクをとり、いろいろ話し始めます。演奏が始まるまで少々かかります(笑)。まずはインストで・・・今年のスイングの初ライブの始まりです。

 

 

この席にはこんな可愛い友達が相席してくれているのです。久しぶりに聴く遠藤さんのピアノが冴えわたります。昨年は能楽堂で「源氏物語」をオリジナル曲で表現するというコンサートを開き、大成功だった・・・、と言う事など田辺君が紹介してくれました。

 

 

美しい音色に加え、強弱のメリハリを上手く使ったサウンド、そして彼の個性あふれる優雅なフレーズに田辺君のギターが応えます。織絵さんの綺麗なチェロのソロ、そしてバックでも彼女のベースラインがしっかりとリズムを刻みます。

 

途中で田辺君が初めて阿川さんの仕事を貰った時のエピソードなども面白く語られて、阿川さんもそれに応え、客席が笑いに包まれ、リラックスモードで楽しいライブが続きます。30分程のインストの演奏で箱が熱くなったところにヴォーカルの井上さんが登場しました。

 

 

どうもアップにするとうまくピントが合わないなぁ(笑)。とてもチャーミングな女性でしたが、カメラマンが下手くそで残念!後ろにちょこっと阿川さんが見えますが、全くピンボケでした。

 

 

聴いた事のないボーカルには,どんな歌を歌うんだろう?といつも興味津々です。裏切られる事の方が多いんですが(泣)、今回は当たりでした!へぇ~、こんな歌手がいたんだなぁ・・・。

 

 

英語の発音は抜群ですね。バイリンガルの方以外ではこれだけ英語の上手な歌手はそう多くはありません。安心して聴いていられました。歌も上手です。あまり張り上げるタイプではなく、しっとりと歌いあげてくれます。心地よく聴かせてもらいました。

 

 

いつの間に私の前のボックスにもお客さんが入っています。結構ファンの方々が多いようですね。私は初めて聞いた名前でしたが、私も素人同然ですから知らない上手な方がいっぱいいます。この人も結構知られている方なんでしょうね。

 

 

 

なじみ深いスタンダード曲中心に、井上真紀さんの落ち着いた歌いぶりに、、バックの3人も素晴らしいソロ、バッキングを絡め、素晴らしい音の世界が奏でられました。

 

大拍手に包まれた1セット目の後レジに向かうと、田辺君と遠藤君が挨拶に来てくれました。今年も宜しくお願い致します。そして初めて聴いた井上さんですが、また機会あればぜひ聴いて見たいと思いました。今年のファーストスイングでした。

 カテゴリ:音楽の話

御茶ノ水ナル新年初ライブ・1/5/2019

御茶ノ水ナルの初ライブでした。こういう豪華メンバーです。

 

 

ミュージシャン達が準備を始めました。

 

 

まずはドラムの大坂さん、ベースの塩田さんのリズム隊、そしてトランペットの曽根くんです。

 

 

それに続いてベテランピアニストの吉岡さん、大御所の土岐さんがステージに上がりまして勢ぞろい、音合わせなどしてから今年のお茶ナルのスタートです!

 

 

流石にお客さんが多く、私のドリンクセットがやっとテーブルに乗りました。相変わらずのワンパターンな風景です(笑)。

 

 

このメンバーでは素晴らしいライブになる事は間違いありません!最高にノリのいい、世界一楽しそうにピアノを弾く吉岡さん、絶好調!

 

曽根くんは、確か去年(一昨年だったかなぁ?)アメリカから帰国したばかりで、あっという間にメジャーデビュー!もう既に引っ張りだこのミュージシャンです。何度か聴きましたが、こんなにノリノリの曽根くんは初めて見たなぁ・・・。

 

もう身体をゆすりっぱなしでそれは楽しそうに,自分の番でも、他の人の番でも本当に嬉しそうにしていました。市原ひかりさんもよくこんな感じでノリノリで演奏しますが、楽しそうな彼らの演奏を見ていると私も嬉しくなって、ハナから私も声を出し始めていました。(笑)

 

 

土岐さんも、若いものには負けておられん!とでも言っているような熱いサックスを聴かせてくれます。

 

 

吉岡さんも負けじと相変わらずのカッコイイフレーズを連発!土岐さんも曽根くんも笑顔で嬉しそうに視線を向けます。塩田さんも素晴らしい!大坂さんはいつも通りのキレのあるドラミングで応えます。

 

みんな他の人のソロの時にも時折軽くアクセントを付けたりします。横から「ちょっと俺にも一言言わせて・・・」みたいな感じです。みんなが楽しそうに会話しているかのようです。皆笑顔で応えます。音楽は「音」を「楽しむ」と書きますが、本当に楽しく音で会話しているかのように見え、聴こえます。

 

その素晴らしい演奏にお客さんの歓声、拍手も大きくなって、あっという間に白熱の1セット目の終了です。塩田さんが「みんな素晴らし過ぎて、どこ見ていいのか分からなくなりました。」と挨拶。土岐さんが「譜面見てなさい!」と笑顔で答えて笑いを誘いました。

 

素晴らしいセッションで始まった今年の御茶ノ水ナルでした。2セット目はきっと大盛り上がりだった事でしょう。身体の弱い(笑)私はいつものように家路につきました。今年もいい演奏を沢山聴けそうです。宜しくお願い致します。

 

 

 カテゴリ:音楽の話

2019初ライブ・代ナル・1/4

今年のライブ初めは代々木ナルでした。

 

 

この日が仕事始めの方も多かったでしょうね。私はこの日までお休みでしたが、野暮用も多く、午後2時過ぎくらいから診療所であれやこれややっていました。6時過ぎに切り上げて、麹町の日高屋でちょい飲みして代々木へ・・。

 

 

そこそこ席は埋まっています。奥のカウンターに山本剛さんの後ろ姿が見えました。その右に(壁に隠れていますが)香川さんと情家さんがいます。私は正面の特等席(笑)!

 

 

いつものセットも到着したころ剛さんと香川さんがステージに上がります。

 

 

山本剛さんが香川さん「ベースは香川裕史!」と紹介して、いつものフレーズ「そして、ピアノはボストンです。」そう、ここのピアノはスタインウエイが出している普及版の「ボストン」と言うシリーズのピアノなんです。自分の名前を言わないいつものパターンでした。ボストン、いい音が出ます。

 

 

まずはインストで2曲・・・、2曲目はメドレーでしたから、2.5曲?相変わらずの山本剛節と香川さんのベースで盛り上がりました。豪華な歌伴のデュオです。そして情家みえさん登場!

 

 

よくスイングするバックに溶け込むような歌いぶりにも徐々に余裕が出て来ている様な気がします。

 

 

そしてMCも余裕が出て来ましたかな?「ジョビンの曲でお正月の歌を見つけました。皆さんご存知?」・・・?「メディテーションです!(目でてーっしょ!?)(笑)」なんか生真面目な感じの情家さんでしたが、丸くなったなぁ・・・(笑)。

 

 久しぶりのフーカちゃん、矯正終わったそうです。笑顔がスッキリ。

 

ステキな歌と演奏、そして情家さんの素敵な笑顔もタップリ見る事が出来た素晴らしいステージでした。

 

 

心地よい空間を後に、1セット目の後お店を出ました。さて私も来週から仕事に戻ります。少しエネルギーを貰えたようです。今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 カテゴリ:音楽の話

加納奈美リーダーライブ・御茶ノ水ナル・12/13/2018

隔月くらいでしょうか?加納奈美さんリーダーのライブをおお茶ナルでやります。そのまた2~3回に一度くらい?かな、松島啓之さんが出演します。私はこのメンツのライブが好きで、何度かお邪魔しました。そのライブにまた行って来ました。

 

 

スタート予定時間の7:30頃店に入りました。おぉ~!ほぼ満員です。毎週のようにどこかでライブを聴いていると客席が淋しい時もあります。こうやってお客さんがいっぱい入っているとなんか嬉しくなります。別に店の関係者でもないのにね(笑)。

 

 

右のボックス席に案内されました。右のミュージシャンたちのテーブルでは打ち合わせの真っ最中のようです。客席が空いてれば座れるんだけど、こう混んでいると(多分一番若いから?)須川くんのように立たされて(笑)いるミュージシャンも出てくるわけです。

 

 

お客さんが多い時には料理が出て来るのにもどうしても時間がかかります。順番ですから・・・、まずはドリンクが到着。

 

 

さてミュージシャンたちが準備にかかりました。松島さんが音を確かめています。

 

 

そして私のミックスナッツも登場です(笑)!準備万端です(笑)!

 

 

リーダーの加納さんが挨拶をしてスタートです。拍手に包まれます。

 

 

相変わらず音色も容姿も美しい田中さんです。自分のトリオでも、そしていろんなユニットで大活躍。ジャズにかかわらずポップ・ロックのミュージシャンのバックでも活躍しています。音楽性のみならず、皆さんに可愛がられる人間性が伺えます。

 

 

そしてこちらも負けず劣らずに美しい、また素晴らしいサックスを吹く加納さん。こうして松島さんのようなベテランとの共演からかなり得るものは多い筈です。カッコいいフレーズを連発してくれました。

 

 

松島さんは小岩コチには毎月出ているのでいつでも聴きに行けるような気がしていましたが、ここの所なかなかタイミングが合わず、久しぶりに聴かせて頂きました。やっぱり違うなぁ・・・。でもこの日のファーストセットはまだ少し控えめだったかもしれません。

 

 

ベースの須川君もカッコいいソロを聴かせてくれたりバッキングもいい感じでした。小松君も安定したバッキング、時折いい掛け声をかけるようなドラミングもあり、楽しませてくれました。そういうバックの演奏、また田中さんのピアノを聴きながら微笑む加納さんと松島さん。

 

 

いい演奏の時はミュージシャン達もホントに楽しそうです。それを見る事も私の楽しみの一つなのです。きっとセカンドセットは大盛り上がりだった事でしょう。いつものように1セット目の終わりに席を立ちました。おそらくは今年最後の御茶ノ水ナルです。お店のスタッフに「良いお年を」と声をかけます。スタッフの石川君がドアの外で「良いお年を・・・」と声をかけてくれました。

 

また来年もよろしくお願いいたします。・・・年内にまた来ちゃったりして(笑)・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ:音楽の話

音楽を肴に飲もう会・12/11/2018・代ナル

今年最後の七G会有志のジャズ会でした。急に冬が来たような寒さの中、代々木へ向かいました。7時過ぎに到着。今日のメンバーは・・・、

 

 

 

 

クリスマスらしい飾りつけを見ながら・・・、

 

 

 

 

下に降りて、私たちのいつもの席を除きますと・・・、

 

 

 

 

賑やかに歓談中の仲間たち。まだKsさんが来ていないようですが、お先に乾杯させて頂きました。

 

 

 

 

間もなくファーストセットが開始しました。まずはインストで2曲程、中堅どころの塩田さんのベースと売り出し中の友田ジュンのピアノで空気を温めてくれました。そしてボーカルの紗理さん登場です。

 

 

 

 

四谷三丁目の今はないジャズバーVoiceで初めて聴いてから何年になるでしょう?初めはブロッサム・ディアリーみたいな可愛い歌い方だなぁ・・・、なんて思って聴いていましたが、年々熟していくような充実した成長ぶりを見せているように感じます。

 

 

途中でトランペット型のカズーを使ってのバックの二人との掛け合いや、ソロで盛り上がります。そのカズーの説明をしてくれました。Ywくんが、「今はいろんなカズーがあるんだなぁ」と驚いていました。そう、昔私たちの高校生の頃はフォークソングブームでしたから、カズーなども使ったりしていましたが、当時は決まった形のものしかなかったんですね。

 

 

 

 

Ksさん到着!どうやら7時15分スタートなのに、時間を勘違いしていたようです。Hr夫人が心配していましたが、安心しました。Hr夫人とKsさんは中学高校と同期の間柄です。

 

 

 

 

白熱のファーストセットも終わり、私たちのいる奥のボックス席は相変わらずの居酒屋状態へと変わります(笑)。ジャックダニエルのボトルがあっという間に空いてしまいます(笑)。ワイワイやっているうちにいつの間に45分が過ぎ、ミュージシャンたちがセカンドの準備にステージに上がりました。

 

 

 

 

季節柄もあり、クリスマスソングも歌ってくれまして、紗理さんが「では一曲皆さんと歌える歌を歌いましょう!」と歌い始めたのは・・・、

 

 

 

 

本当に偶々なんですが、私が勝手に決めたこの日程が丁度Nw君の65歳の誕生日だったんです。お店から彼にスペシャルドリンクも渡されまして、みんなでバースデーソングの合唱です。予約した時に美紗子さんに「プレート用意する?」と聞かれたのですが、もういい齢ですしネ・・・、Nwくんも恥ずかしいかな?と思い「いやそこまで・・・」とお話しました。バースデーソングだけでもNwくんにはサプライズでしたが喜んでくれたかな?

 

 

 

 

そんなこともあり、気持ちよくなった私たちに素晴らしい音楽を届けてくれたミュージシャン達に感謝ですね。Ywくんは塩田さんのウッドベースがかなり気に入ったようで、感動しきりでした。

 

 

 Nw君のドリンク

 

 

塩田さんと友田君の組み合わせは初めて聴きましたが、友田君のユニークなフレーズに塩田さんもノッテ、笑顔でいいバッキングで盛り上げてくれました。みんな満足したセカンドが終わり、Ykくんが恒例の写真撮影をねだります(笑)。紗理さんゴメンねえ・・・、腕なんか組んでくれなくっても良かったんだけど(笑)・・・。

 

 

 

 

フトドキ物のYkくん、美紗子さんにまでツーショットをお願いしています。美紗子さん・・・、お付き合い頂き感謝です・・・(謝)🙇。

 

 

などとYkくんのお世話をしているうちにみんな帰ってしまいました(笑)。Hr夫妻は新宿10時発のロマンスカーに乗って厚木まで帰らなければいけないんです。今日も遠路お付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

みんな帰っちゃったから、じゃぁ二人でもう一杯だけ飲んでいくか?と瞳ちゃんのヴァッソニールに寄って見ました。ビール一杯頂きまして帰ろうとしましたら、またもYkくんの病気が出ました(笑)。ひとみちゃんともツーショットです(笑)。

 

 

 

 

まぁ、ストレスのたまる仕事をしています。これで少しは発散出来たでしょうか(笑)?ひとみちゃん!(´▽`)ありがとネ!年末忙しくて今年最後の七G会コンペには出れないYkくんとはこれで「良いお年を・・・」でした。次からは自分でやって頂戴!もう面倒見ません(笑)!

 

 

Hr夫妻、Ksさん、Ywくんとはまたコンペでお会い出来ますね。Kiさんも年末忙しくコンペ不参加、Nwくんは会社の忘年コンペとかちあってかな?不参加です。お二人とはこれで「良いお年を・・・」です。皆さん今年も何度もお付き合い頂き感謝です。是非また宜しくお願い致します。

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

Lush Life・・・「Living out loud」から・・・。

先日銀座スイングで大坂昌彦さんのセッションを聴いたんですが、その中でTOKUさんが「Lush Life」と言う歌を歌いました。おぉ~!懐かしい・・・、ある映画を思い起こしました。

 

 1998(だと思う)の映画です。

 

「Living out loud」、邦題は「マンハッタンで抱きしめて」。日本では公開されませんでした。ツタヤでビデオを借りて見た映画です。ストーリーもまぁまぁ面白かったけど、私にはバックで流れる歌たちが凄く良くって、サントラを探しましたが、何しろ日本未公開です。

 

結局見つからず、アメリカに住んでいる弟に頼んで買ってきて貰いました。まだあの頃はネット通販とかやった事もなく、そうやって求めるしかないのかな?と思っていたんですね。

 

ジャズの名曲がテンコ盛りのこのサウンドトラックをMD(あの頃はMDだったと思うんですが)に入れて通勤途中や車の中で聴いていました。ジャズを聴き始めた頃だったんで、知らない曲ばかりでしたが、こうやって「いい歌だなぁ・・・、」なんて思いながら少しづつ、いろんな曲を知って行った私です。今も相変わらずですが(笑)。

 

この「Lush Life」を映画の中ではクイーン・ラティファが歌っていました。売れないジャズシンガーがクラブで歌っている感じのシーン。セリフも少ないチョイ役だった彼女の事は、当時全く知りませんで、ホントに売れないジャズシンガーか?と思っていました(笑)。

 

なんとグラミー賞も取っている有名なラッパーで、少しづつ映画にも出始めていた、と言う事は少し後で知りました。道理で歌上手い筈だわい・・・(笑)。「Goin` Out of My  Head」や「Be Anythig」も歌いましたが、この曲もこの映画で知りました。いい歌ですねぇ。

 

いい歌ばっかりでしょう?

 

「Lush Life」に関しては、「・・・Get the feel of life ・・・From Jazz and Cocktails」と言うラインが妙に気に入ったほかは、やけに長いヴァースで、単なる飲んだくれの荒れた生活・・・みたいな感じでの意味合いで特に好きな歌詞ではないんだけど・・・、クイーン・ラティファの歌いぶりになんか惹きつけられました。

 

「Be Anything」はとっても好きな歌になりました。数年前に四谷三丁目にあったジャズバーで出口優日さんが歌ったのを聴きました。この映画でこの歌を知ってから(その頃からライブハウス通いが始まりましたが)20年近くなって、初めてライブで聴いた事になりますね。

 

 

映画のラストで流れる「Give me something real」が鳥肌もので、この映画にピッタリの歌だったんでしょうね。クラーク・アンダーソンと言う無名のシンガーが歌を持って来て、それを本人に映画の中で歌わせたそうです。確かゲイのジャズシンガーの役だったと思います。

 

いい歌だったけど、この映画の他では多分あまり取り上げられなかったんじゃぁないかな?ナンシー・ウイルソンがあるアルバムでこの歌を歌っていたのを買ったことがあります。彼女もこの映画見たのかな?なんて思ったりしていました。

 

久しぶりに引っ張り出したこのCD、ケースは傷だらけ(笑)。ホリー・ハンターが可愛かったなぁ。ダニー・デヴィトやホリーはもう有名でしたが、クイーン・ラティファもこの後いろんな映画で主役級を務めるようになりました。歌もラップからR&Bっぽいものに変わってきているそうですね。

 

当時40代だった私もこのCDケース同様かなりヨレヨレになりました(笑)。でも歌、音楽はいつまでたってもとても新鮮で美しいなぁ・・・。

 

 

 カテゴリ:音楽の話

大坂昌彦セッション・銀座スイング・11/19/2018

また銀座スイングへ行って来ました。遅ればせながらのライブレポートです。

 

 

大好きな荻原亮くんのギターもここの所聴いていませんでした。この豪華メンバーですから、この日は外せないな、と思っていたセッションです。

 

丁度ライブが始まったころに着いたようです。入ってみるとかなり満席に近い状態です。いいメンバーですからね、みんな聴きに来てくれなきゃぁね。

 

 

入ってすぐのボックス席に座りました。正面ではないんだけど、トイレに行きやすいから(笑)、一人の時にはこの入り口から近い席に入れて貰います。上にモニターがあるのでそれを見ると向こうの大坂さんのドラムも見ることが出来ます。

 

 

始めトランペットを吹いていたTOKUさんがフリューゲルホーンに持ち替えました。うん、こっちの方がTOKUさんらしい感じです。柔らかいいい音です。

 

曲が進むごとに盛り上がって行くミュージシャンたちです。荻原君はやっぱりいいフレーズを弾くなぁ。世界一楽しそうにピアノを弾く(笑)吉岡さん、どんどんノッテ来ました。カッコいいファンキーなフレーズがどんどん出て来ます。

 

 

塩田さんがこっちを向いて目が合ったのでカメラを向けたらサムアップしてくれました(笑)。彼も後ろでいいバッキングです。時折お洒落なフレーズをさりげなく入れるところがカッコイイ!それを聴いて満面笑顔でアイコンタクトの吉岡さんです。

 

今一ノリが悪いなぁ・・、みたいなときに、大坂さんは気合を入れるようにビシッと叩いたりすることがあるんだけど、この日はステディーにリズムを刻んでいました。口出しする必要もなく、みんな笑顔で楽しい音の会話をしていたからでしょうか?

 

私はこういうベテラントリオに交じってプレーするTOKUさんが結構好きです。TOKUさん自身、もうベテランの域に来ていますが、先輩に囲まれて頑張っているような彼がフレッシュ(笑)に感じてしまいます。

 

「ラッシュライフ」を歌ってくれました。ライブでは初めて聴いたかな?やはり歌うTOKUさんは存在感がありますねぇ。それを引き立てつつ素晴らしいバッキングで盛り上げるベテランたちとかみ合って素晴らしいライブになりました。

 

 

 

 

 

 カテゴリ:音楽の話

長女と、銀座スイング・11/12/2018

長女と銀座スイングへ行って来ました

 

 

豊田チカさんが鉄板の山本剛トリオのバックで歌います。少し早めに行きましたが、もう殆ど満席に近い客席です。豊田さん、山本剛トリオ、それぞれの人気がうかがえました。

 

 

7時のスタート時間ピッタリにミュージシャンが入って来ました。まずはトリオでのインストで始まります。娘は仕事が忙しいので大分遅れそうです。「ま、夕飯食べにくるつもりで、遅れてもいいからおいで」と伝えてありますが、ホントにそんな感じになるかも知れんなぁ・・・(笑)。

 

 

剛さんがメンバーを紹介します。超ベテランの大隅俊男さん、そしてこの二人の間に入ると若く見える香川さん、そして山本剛さんのいつものメンバーです。根強い人気がありますが、素晴らしい演奏で3曲(4曲だったかな?(笑))程続けまして、喝采を浴びました。

 

相変わらずの剛さんの個性的な演奏でシビレました。安定の香川さんのベース、そしてベテランならではのドラミングの大隅さんとのトリオは阿吽の呼吸で息もピッタリ合って安心して聴ける素晴らしいトリオです。もう何年一緒にやっているんだろう?

 

 

そしていよいよ豊田チカさんが登場しました。椎名豊トリオをバックにした豊田さんも素晴らしいけれど、このベテラントリオの前のチカさんはまた違った素晴らしさがありますね。

 

 

軽いフェイクを入れながらも崩し過ぎず、ジャジーな歌いぶり、それに加えて素晴らしいスキャット、バックとの掛け合い、楽しいMC・・・、ジャズをあまり聴かない方でも楽しめるエンターテインメントでもありますから、多くのファンを集めるわけですね。

 

私なんかはカッコいいフレーズ、掛け合いについつい声が出てしまいます。そういうファンも多く、あちこちから歓声が上がり、盛り上がります。それも含めて演奏を静かに聴きながら楽しんでいらっしゃるファンも多々いらっしゃいました。

 

ジャズ大好きなファンも、普段それほどジャズを聴かない方も共に楽しめる素晴らしいステージです。あまり硬派(と言いますか?)な、バリバリのアドリブで原曲のメロディーは何処に行ってしまったのか・・・、と言うようなジャズは、普段聴きなれてない方にはちょっと辛いものがありますが、これもジャズ、それもジャズ・・・でしょうか?

 

スタッフの斎藤さんに撮って貰いました。

 

やっと長女到着!最後の一曲には間に合いました(笑)。ホントに夕飯食べに来ただけになっちゃいました(笑)。休憩時間に近況報告など、しばし話しまして2セット目が始まる前には席を立ちました。2回目聴いちゃうと、川崎に住む娘には帰りが遅くなりすぎでキツイですし、老人の私も同様です。次の日に起きなくってもいいんなら別ですが(笑)、まだ月曜日。

 

また娘たちとゆっくり聴けるときもあるでしょう。またよろしくお願いいたします。

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

浅草にて・・・

ある日、仕事を終えて真っ直ぐ帰る筈でしたが、なんとなく軽く一杯やりたくなりまして、フラフラと浅草ハブへ行ってしまいました。

 

この日はブルームーンカルテットと言うユニットが出演予定でした。この店の出演者の中では実力派なんじゃぁないかなぁ・・・?ま、あまりよく分からないんですけど・・・。普段はみんな別々の仕事をしているようですが、2ヶ月に一度、このお店だこのメンバーでやるようですが、いい音楽を楽しく聴かせてくれます。

 

 

結構混んでまして、カウンターの隅の席が空いていて、通してくれました。ハブエールの大ジョッキに枝豆を貰い心地よい音楽と暖かい空間に気持ちよくなって来ました。

 

私はこのお店の敷居の低さが大好きなんです(笑)。気張らずに、カッコつけずに、ただ飲みに来たよ・・・、いい音聴かせて頂戴な・・・、下手だったら拍手しないぞぉ・・・(笑)・・・、みたいな感じです。

 

賑やかに楽しく飲んでいるグループもあり、静かにライブを楽しんでいる人もいて、違和感なく同じ空間にいるのがいいです。静かに聴いていないと嫌な顔をされることもなく・・・、他のお客さんに迷惑をかけるような失礼なことをしては困るけど、そういう失礼が無ければOKです。

 

いろんなライブハウスがありますが、ちょっと盛り上がっちゃうと「なんだこいつ・・・!」みたいな顔されることもあります。このお店ではそんな心配はありません。みんな楽しんでいますから・・・。

 

だから時折この柔らかい雰囲気に触れたくなって、この店に足を運んでしまう私です。怖~い表情で聴いている人たちにはなんの他意もないのですが・・・、苦手ではあります。

 

浅草のおかみさん会が昔ニューオリンズに視察旅行に行って、あの賑わいを浅草に持ってきたい、と作ったこのお店です。あるミュージシャンは「日本で一番ニューオリンズに近い場所です。」と言っています。

 

その音楽と空間は私を癒してくれますが、多くのファンを生み、音楽と酒を楽しみたい人達で賑わっています。そういう幸せな人びとの表情を見ることも私を幸せにしてくれるんでしょうね。

 

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

次女と、代ナル・11/2/2018

次女と代々木ナルへ行きました。

 

 

情家さんは久しぶりに聴きます。入り口のドアを開けて階段を下ります。

 

 

仕事が早く終わり、少し早めに着いた私、まだお客さんは少なく、奥のカウンターにはミュージシャンたちが待機していました。

 

 

今日は娘と一緒なので、ナッツだけでなく料理も頼んでみましょう。

 

 

次女も到着したころ、井上さんと曽根君がインスト演奏を始めます。お客さんもどんどん入って来ました。

 

 

インストで2曲やって、盛り上がって来たところに情家みえさんが出て来ました。

 

 

相変わらず情感のこもった素晴らしい歌を聴かせてくれますね。

 

 

そして最近は時折メロディーやリズムに軽い変化を付けたりもするようになりました。歌いこんで来て、以前より少し余裕も出てきたような感じもします。時々思いのままに、歌いたい方角にピッチ、リズムが泳いでいくのでしょうか?でもとてもそれが心地よく聴こえます。

 

 

1セット終わってスタッフのフウカちゃんに親娘の写真を撮って貰いました。せっかくの父娘会ですし、明日は土曜日で仕事はありません。たまには2セット目も聴いて行きましょう。

 

 

2セット目はさらに盛り上がりを見せました。歌の合間での後ろの二人のソロも素晴らしく、歌のバックでもいいタイミングでカッコいいフレーズを入れて盛り上げてくれました。私もお客さんたちも声が上がりました。

 

 

情家さん、気持ちを込めようと歌う・・・、からなのか?悲痛な表情で歌うイメージがありました。少し表情が柔らかくなりましたかね・・・?素敵な笑顔も見る事が出来ました。

 

「I`m gonna laugh you right out of my life」と言う歌がありますが、「悲しい失恋も笑い飛ばしちゃおう・・・、いろんなことを笑ってしまおう・・・、君のことなんか笑い飛ばして忘れちゃおう・・・、一杯笑って・・・、そして泣くんだ・・・。」みたいな歌詞です。

 

私は実は悲しい歌はあまり好きではありません。辛くて悲しい事なんて長い人生の中にいっぱいあります。そして、それだけで十分!歌や映画の中でまでも、なんで、辛い悲しい話や切ない歌を聴いたり観たりしないといけないの?(笑)映画や歌はハッピーエンドにして欲しい!

 

でもそういう悲しい歌にもいい歌がいっぱいあるんでしょうね。せめて渋い笑顔で歌える程度の悲しさ、切なさだったら許せるかな(笑)?笑い飛ばせる程度の悲しさの歌ならいいかな?なんて思います。情家さんにもそういう渋い大人の笑顔でちょっぴり切ない歌を歌ってほしいんだよなぁ・・・、などと考える、思いっきり自分勝手な音楽ファンの私です(笑)。

 

娘と楽しい時間を過ごさせて頂きました。またよろしくお願いいたします。

 

 カテゴリ:日々のこと, 音楽の話

新原歯科医院TOP > 院長ブログ