新原歯科医院

根本先生のブログ

一本の歯を残す・・

一本の歯を残す

帰国して病院勤務を始めて間もない頃、ある外国の方が歯の痛みを訴えて来院した。
主訴を聞き、詳しい検査を行った。
結果は下顎の奥の大臼歯の根元に虫歯があり、そのために歯茎もひどく炎症を起こしていた。
歯学部で学んだ教科書に従うなら、抜歯が治療の第一選択肢となるような状況だった。
まだ経験が浅かった私は教科書に沿って数通りの治療計画をその方に提示した。
しかし当然その方は歯を抜くことに躊躇を示し、「何とかならないか?」と繰り返した。
根負けした私は何とかすることを約束したが、「この歯の寿命は1年もないことを覚悟してほしい!」と念を押した。
そこでまず徹底した口全体のクリニーニングから始めた。
その方は問題の歯の治療に直ぐに取り掛かるものと思っていたらしく、しばらくは不満気な表情を浮かべていたが、”どんなに立派な家でも土台が弱ければその結果は目に見えている”と説得しながらクリニーニングを続けた。
さらに”どんな高級車でも手入れしなければ壊れる!”と説明しながら歯磨き指導を徹底して繰り返した。
それらが終わると”いよいよ本丸へ!”とその方は思っただろう。
しかし、まず虫歯部分を取り除いてそこを補強してしばらく様子を見る・・次に補強部分に仮歯を作りしばらく様子を見る・・というふうに、各ステップごとにそれが大丈夫かどうかを確認しながら治療を進めた。
結果として本来なら1ヶ月もあれば済む治療に、半年近くを費やした。 さらに定期検診を必ず続けるように指示した。
それでも私としてはその歯が1年もたないだろうと推測していた・・教科書通りなら最初から抜歯のはずだから・・
さてその方は定期検診に欠かさず来られたが、やがて本国に戻ることになった。
もうこれでこのケースを目にすることはないと思っていたが、1年後にその方から電話で定期検診の申し込みがあった。 それから毎年日本に戻って歯の定期検診を続けた・・実は日本恋しさのめに歯の定期検診を言い訳にして来日していた気配があるが・・
さて15年目に来日した時に例の歯が無くなっていた。 その方は流暢な日本語で「遂にその日が来ました!」「1年のはずが15年も歯が頑張ってくれ、その間は快適に食べることができたました。」と満足げに笑っておられた。
人の身体は”教科書通りではない!”と強く実感したのを覚えている。
それ以来、ダメと思われる歯で教科書に反してまずは残すことを第一選択肢とするようにしている。 勿論、期待通りにいかないこともあるが少なくとも残すことに最善を尽くす価値はあると思っている。
それからも99%ダメだと思いながら治療した歯が何年も頑張ってくれるケースを多く経験している。
それにしても身体は不思議なものだ・・・・

 カテゴリ:未分類

「もう一度、リンゴを食べたい!」

米国での開業を切り上げて日本のとある病院歯科に勤務して間もない頃のこと、病棟から一本の電話が入った。

看護師からの電話で、入院中の患者さんが『もう一度、リンゴを食べたい!』と希望しているというものだった。

予約状況を調べると返事すると、電話の向こうで「実はこの患者さんは余命が長くて二週間と診断されている。 なるべく早くしてほしい。」ということだった。

私は何ができるかを調べるために直ぐに病棟に向かうと、病室には四十代の女性患者が微笑んで待っておられ、その横にはまだ十代の娘さんが不安げに付き添っていた。

その光景を目にして即座になんとかしようと決め、娘さんにお母さんを車椅子に乗せて歯科に連れてくるように頼んだ。

歯科に戻ると直ぐに技工所に電話をし、事情を説明して金属の被せ物を早急に作製してもらうように依頼した。 通常、このような被せ物の作製に一週間ほどかかるのだが、技工所からは一晩で仕上げます、との返事をもらった。

しばらくすると娘さんが押す車椅子に乗ってご本人が来られた。

早速、歯を削って歯型を取り、仮歯をつけてから、明日には被せ物が入るのでお出でください、と案内すると嬉しそうに頷いていた。

翌日、やはり娘さんに連れられてご本人が来られ、無事に被せ物を装着した。

治療が終わり支払いをしようとされたので無料ですと伝えると驚いた表情を浮かべていたが、微笑まれながら歯科を後にしていった。

実は、技工所からの請求書が「0円」となっていたのだ。

その後、どうしているのか気になったが病室に訪ねるのは遠慮した。

それから数週間経った頃だろう...

あの患者さんのご家族だという方が会いに来られた。

「実は、被せ物を作ってもらってから一週間ほどで眠りについた。 でも最後にリンゴを本当に美味しそうに食べていた。 人生最後の小さな希望を叶えてくれて感謝している。」と涙された。

この出来事から私の歯科治療への考え方が変わったように思う。

それまではある意味、機械的な治療だった。

虫歯があればそれを取り除いて補修する・・・今でも治療方法はそれほど変わらないだろう。しかしあれ以降、治療の向こうに患者さんの人生、日々の生活があることを強く意識するようになった。

同じ虫歯治療でもA案、B案 C案と複数の治療計画をたて、それぞれの治療が与える影響を可能な限り想定してみる。

患者さんにもそれを提示し、一番合っていると思う治療計画を選んでもらうようにしている。

被せ物の高さが1/10ミリ狂うだけで食事がうまくできなくなり、多大なストレスを与えることだってある。

たかが虫歯の治療かもしれないが、それが喜びにも苦痛にもなることを肝に銘じながら歯科医療を究めつづけたい。

 カテゴリ:歯の諸々

根本先生のブログを公開しました

新原歯科医院非常勤医師、根本愛一先生のブログを公開しました。どうぞ宜しくお願いいたします。

 カテゴリ:未分類

新原歯科医院TOP > 根本先生のブログ